ジャパンカップ(JC)(2023/11/26) のレース情報

基本情報
東京芝・左2400M
芝・左2400M
曇  
GⅠ   サ3上(国)(指) / 定量
第43 回 ジャパンカップ    
18 頭
15:40発走
本賞金) 50,000 - 20,000 - 13,000 - 7,500 - 5,000 (万
呼称: JC  →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
ハイペース
黒線は上から最高・平均・最低ラップ
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.21.8
前半5F:
57.6
後半3F:
36.5
ペース:ハイ
107 (47+60)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 58.0 2.21.8 33.5 -3--3--3--3 1 1.3 キタサンブラック / シャトーブランシュ 美) 木村哲也 498 +4 2 1
02 川田将雅 54.0 2.22.5 33.9 -4--4--4--4 2 3.7 ドゥラメンテ / ヤンキーローズ 栗) 中内田充 470 -6 1 1
03 ビュイッ 56.0 2.22.6 34.0 -4--4--4--4 5 26.6 ドゥラメンテ / サザンスターズ 美) 高柳瑞樹 496 +12 17 8
04 3/4 戸崎圭太 58.0 2.22.7 33.7 -6--6--6--6 3 13.2 ハーツクライ / ダストアンドダイヤモンズ 栗) 友道康夫 504 -8 5 3
05 横山和生 58.0 2.23.1 35.0 -2--2--2--2 4 19.2 ドゥラメンテ / メーヴェ 美) 栗田徹  476 +4 3 2
06 モレイラ 58.0 2.23.2 33.8 11-11-11-11 6 32.5 ハーツクライ / コーステッド 美) 堀宣行  498 -2 10 5
07 クビ ドイル 58.0 2.23.3 33.8 13-13-13-11 9 99.7 エイシンフラッシュ / ヴェラブランカ 栗) 渡辺薫彦 514 -12 9 5
08 クビ マーカン 58.0 2.23.3 34.2 -8--8--8--9 13 547.0 ハービンジャー / ウインフロレゾン 栗) 奥村豊  518 +6 4 2
09 11/2 ヴェロン 58.0 2.23.5 34.2 -8--8-10-10 10 111.2 Manduro / Inanga 外) ゴーヴァ 462 7 4
10 1/2 和田竜二 58.0 2.23.6 34.7 -6--6--6--6 8 83.8 キズナ / ゼフィランサス 栗) 大久保龍 494 -14 14 7
11 M.デム 56.0 2.23.8 34.8 -8--8--8--6 12 513.1 シルバーステート / ギエム 栗) 須貝尚介 494 +2 15 7
12 11/4 吉田豊 58.0 2.24.0 38.7 -1--1--1--1 7 46.4 ロードカナロア / ミスペンバリー 栗) 矢作芳人 480 8 4
13 三浦皇成 58.0 2.25.2 35.0 17-17-16-15 14 666.1 キズナ / ベアトリス2 栗) 佐々木晶 530 -6 16 8
14 3/4 黛弘人 58.0 2.25.3 35.3 14-14-14-14 16 866.4 ローズキングダム / エーシンシャイナー 美) 中野栄治 438 +12 6 3
15 藤田菜七 58.0 2.26.2 35.1 18-18-18-18 11 430.8 ゴールドシップ / サクセスストレイン 美) 根本康広 474 +4 18 8
16 荻野極 58.0 2.26.6 36.4 15-15-15-15 17 871.9 ハーツクライ / アフェランドラ 美) 高橋文雅 462 -10 11 6
17 21/2 田辺裕信 58.0 2.27.0 36.4 15-15-16-17 15 827.0 ハーツクライ / ホワイトヴェール 地) 田中一巧 466 +4 12 6
18 吉村智洋 56.0 2.27.9 38.2 11-11-11-13 18 878.1 エスポワールシチー / クリノバンダイサン 地) 石橋満  478 -6 13 7
単勝 2番 (1人) 1.3 枠連 1-1 (1人) 1.8 複勝 2番(1人)
1番(2人)
17番(5人)
1.1
1.1
2.1
ワイド 1-2(1人)
2-17(3人)
1-17(7人)
1.3
3.1
4.4
3連複 1-2-17 (2人) 6.0 馬連 1-2 (1人) 1.8
3連単 2-1-17 (2人) 11.3 馬単 2-1 (1人) 2.6
名前                1着 2着 3着 種別 全予想 回収率 収支 グラフ
3複3単 全予想 117% 1300
3複 全予想 115% 340
× 3複3単×2 全予想 102% 320
3複3単 全予想 104% 200
レース後のコメント
1着 イクイノックス(C.ルメール騎手) 「この馬の走りは信じられませんね。ペースは速かったですが、直線に入ってすぐに反応してくれました。びっくりしました。アクセラレーション(加速)がすごかったです。言葉がありません。(作戦としては)1枠にはリバティアイランドがいて、2枠にはタイトルホルダーも隣にいて、パンサラッサとタイトルホルダーの後ろに行きたかったです。(レースでは)良いスタートを切って、すぐに(2頭の)後ろが取れましたし、勝つ自信がありました。彼はスーパーホースですね。彼の上では自信を持てます。賢い馬ですから、すごく乗りやすいですし、大人しいですし、ポニーみたいですね。誰でも乗れるように思います。今日のイクイノックスは、改めてすごかったです。すごく良い競馬を見せてくれましたし、本当にうれしく思います。ファンの応援がすごかったです。イクイノックスの関係者に感謝したいです。ずっとこの馬で良い仕事をしてくれて、世界一になりました。皆さん、応援ありがとうございました」

(木村哲也調教師) 「今日は健康状態を保って、競馬場に来られたと思います。スタートからアグレッシブな気持ちで出て行ってくれました。(道中は)イクイノックス自身のフットワークが安定していると思いました。(ゴールの時は)いろいろな感情が入り混じっていましたが、解放されたな、というのが正直な気持ちかなと思います。(GI連勝が続いて)重圧、プレッシャーは一戦ごとに強くなっていましたが、今回はここまでくるか、というくらい、個人的にはプレッシャーを感じていました。(インタビューで)ルメールさんが仰った乗りやすさ、という部分で言うならば、非常にフットワークのバランスが良いのだと思います。イクイノックス自身が生まれ持っている体格、爪の形、骨格、すべてがパーフェクトバランスの馬だと思っています。それと生まれ持っている筋肉の奇跡的な組み合わせが、彼の優れたバランスを生んでいて、厩舎としてはそのバランスを整えることを重視しています。そういう意味では、厩舎で取り組んでいること、イクイノックスが生まれ持っているものが、手前味噌もありますが、それらが組み合わされてルメールさんにとっての乗りやすさを生んでいると思います。今日もファンの皆さんに応援していただいて、こうやって勝利することができました。月並みな言い方になるかもしれませんが、ファンの皆さんの声援がイクイノックスの背中を押し、私やスタッフを前向きな気持ちにさせてくれる、勇気を与えてくれていると思います。本当にありがとうございました」

2着 リバティアイランド(川田将雅騎手) 「全力で挑ませていただいた中で、素晴らしい走りをしてくれました。勝った馬はさすが世界一、凄く強かったです。リバティアイランドにとって、素晴らしい経験になりましたし、必ず生きてくると思います」

(中内田充正調教師) 「理想的な流れではありませんでしたが、予想していた展開ではありました。上手に競馬していました。戻ってきて見たら走り切ったという顔をしていました。ほめてあげたいです。イクイノックスはやはり世界一の馬でした。こちらはまだ3歳でこれからです。応援してくださった皆さんに感謝したいと思います」

3着 スターズオンアース(高柳瑞樹調教師) 「さすがビュイック騎手です。作戦通り、スタートを出て、ほぼ理想的なレースでした。2着馬とはあの差ですから、かけ違いなどで逆転もあったかもしれませんが、2頭は尋常じゃない強さでした」

4着 ドウデュース(戸崎圭太騎手) 「前走より気負いも無く、馬が良くなっていました。道中も良い所につけられました。改めて、力のあることを感じました」

5着 タイトルホルダー(横山和生騎手) 「道中、良いリズムで運べました。最後の直線は瞬発力のある馬にやられましたが、良い時の雰囲気に近づいています。順調にいってくれればと思います」

6着 ダノンベルーガ(J.モレイラ騎手) 「思っていた位置でリズム良く運びました。速いペースで、有力馬は前にいました。スペースを作るために早めに外へ出しましたが、しっかりと走っています。ここまでよく頑張っています」

7着 ヴェラアズール(H.ドイル騎手) 「スタートが遅く、後ろからになりました。残り800mからは自分から進んでいって、しっかりと良い脚を使っています」

10着 ディープボンド(和田竜二騎手) 「レースがよどみなく流れてこの馬なりに反応していましたが・・・。それでも精一杯いつもどおりに走ってくれました」

12着 パンサラッサ(吉田豊騎手) 「返し馬は良かったです。休み明けでしたが、やる気満々で、スッとハナに立ってくれました。しかし、後ろから他の馬が来ているわけでもないのにハミをとって2400mとしてはペースが速くなりました。最後手前を替えて伸びてくれましたが、残り1ハロンで止まりました。それでもすごい馬です」

(矢作芳人調教師) 「悔いはありません。自分の競馬をしたのですから。道中ハミが抜けてくれたら良かったのですが、力んで走っていました。今日の状態で2000mを走らせたかったです。しかし、2400mと分かって走らせたのですから悔いはありません」

関連記事
関連つぶやき
ギャラリー
Youtubeデータの取得でエラーが発生しました
予想動画
過去のレース一覧
お知らせ・つぶやき
操作メモ
当ページを共有する