シリウスステークス(2018/09/29) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右2000M
開催
第04回 阪神08日目
コース
阪神ダート・右2000M
クラス
オープンGⅢ(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
曇 不
条件
サ3上(国)(指)
頭数
16
発走時刻
15:35
回次
第 22 回
本賞金(万
3,600 - 1,400 - 900 - 540 - 360
レース名
シリウスステークス     
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
勝ちタイム:2.01.5
平均ペース
8 (2+6)
前半5F:
1.00.4
後半3F:
36.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 53.0 2.01.5 35.9 11-10-10--6 2 4.8 スウェプトオーヴァーボード / オメガフレグランス 栗) 安田翔伍 450 -3 3 2
02 クビ 北村友一 55.0 2.01.5 35.1 16-16-16-15 7 16.1 ネオユニヴァース / ユーアンミー 栗) 佐々木晶 484 +2 16 8
03 13/4 ルメール 57.5 2.01.8 36.8 -2--2--2--1 3 5.4 シンボリクリスエス / アメーリア 栗) 河内洋  508 +2 14 7
04 池添謙一 53.0 2.02.6 37.5 -3--3--3--2 8 19.1 キンシャサノキセキ / ヒラボクウィン 栗) 大久保龍 526 0 5 3
05 クビ 丹内祐次 55.0 2.02.7 37.1 -7--7--8--7 12 154.9 ロージズインメイ / カナディアンアプルーバル 美) 金成貴史 486 +2 13 7
06 クビ 藤岡康太 57.0 2.02.7 36.5 15-15-15-13 9 52.7 エンパイアメーカー / ナムラシゲコ 栗) 牧田和弥 520 -16 7 4
07 クビ 松田大作 54.0 2.02.8 37.5 -4--4--4--4 14 197.4 アドマイヤムーン / ビューティーコンテスト 栗) 本田優  470 +2 4 2
08 11/4 武豊 54.0 2.03.0 37.1 -8--7-10-11 4 7.4 トランセンド / インフィニータ 栗) 大橋勇樹 526 0 1 1
09 藤岡佑介 56.0 2.03.3 37.3 14-14-14-15 6 11.1 パイロ / ケイアイベローナ 栗) 野中賢二 478 +2 6 3
10 ハナ 松若風馬 54.0 2.03.3 37.7 -8--7--8--9 16 232.0 キンシャサノキセキ / ミスエアクラフト 栗) 杉山晴紀 506 +10 11 6
11 11/2 川田将雅 57.5 2.03.5 38.1 11-12--6--4 1 2.9 キングカメハメハ / フォーチュンワード 栗) 中内田充 534 -20 8 4
12 クビ 浜中俊 56.0 2.03.6 38.6 -1--1--1--2 10 59.2 アグネスデジタル / コパノニキータ 栗) 村山明  520 0 9 5
13 アタマ 鮫島克駿 53.0 2.03.6 37.7 13-12-13-10 13 181.2 カジノドライヴ / スズノメガミ 栗) 川村禎彦 484 -4 10 5
14 1/2 森一馬 56.0 2.03.7 37.8 10-10-10-11 5 8.9 フレンチデピュティ / サルトリーガール 栗) 松永昌博 518 +8 15 8
15 四位洋文 55.0 2.04.2 38.7 -4--4--4--7 11 65.0 ヨハネスブルグ / フローラルホーム 栗) 森秀行  478 0 2 1
16 松山弘平 56.0 2.05.4 39.6 -4--4--6-13 15 217.9 ダイワメジャー / レディインディ 栗) 矢作芳人 518 -2 12 6
~払い戻し~
単勝 3番 (2人) 4.8 枠連 2-8 (8人) 14.3 複勝 3番(2人)
16番(7人)
14番(3人)
1.9
3.7
1.9
ワイド 3-16(16人)
3-14(5人)
14-16(18人)
11.6
6.3
15.5
3連複 3-14-16 (23人) 72.0 馬連 3-16 (16人) 34.9
3連単 3-16-14 (131人) 400.8 馬単 3-16 (22人) 50.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

1着 オメガパフューム(和田竜二騎手) 「初めて騎乗しましたが、乗りやすく、展開もうまくいきました。53キロだったので、早めに良い所に出したいと思っていました。力のある馬に乗せていただいて感謝しています。相手の出方を見るくらい余裕がありました。3歳でまだまだ伸びる素質はあるので、ダート界で頑張ってほしいです」

1着 オメガパフューム(安田翔伍調教師) 「装鞍所からパドックにかけて落ち着いていました。前回の経験が今日に生きていました。走りの中身として、応用力が高まっていますが、さらに上のメンバーになるともっと上を求めてもいいと思います。このメンバーも楽ではないので、3歳馬として結果を出したのは評価できます。今後は、今までしていない経験をしながら対戦していくと思うので、そこを課題として取り組んでいきたいです。次走は、当初ブラジルCを予定していましたが、それはなくなったので、相談しながら考えたいです」

2着 ウェスタールンド(北村友一騎手) 「距離が持つのか半信半疑でしたが、結果として良い脚を使ってくれました。ポテンシャルの高さを再認識しました。スタートしてからは全然進まなくて、ついていけませんでしたが、直線では自分から狭い所に入り、スイッチが入ってからの脚がすごかったです。綺麗に抜けて来られればさらに良かったですし、そこが反省点でもあります」

3着 サンライズソア(C・ルメール騎手) 「距離は長いかもしれません。1800mくらいがベストです。楽に走っていましたが、ラストは少し疲れてしまいました」

8着 ミキノトランペット(武豊騎手) 「内枠で窮屈になってしまいました。状態が良さそうだったので、もっとスムーズだったら上位に来れたかもしれません」

14着 ラインルーフ(森一馬騎手) 「調教では気の悪さを出していませんでしたが、返し馬でキャンターに入らなかったところがありました。休み明けを一回叩いて良くなってくれると思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき