高瀬川ステークス(2014/05/04) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
第03回 京都 04日目
12 R
ダート・右1400M
晴  
3勝クラス特別
サ4上(混)[指] / ハンデ
高瀬川ステークス  
16 頭
16:25発走
本賞金) 1,790 - 720 - 450 - 270 - 179 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
ペース平均:
2
内枠好走:
0
勝タイム:
1.24.9
前半5F:
59.9
後半3F:
37.7
ペース:平均
9 (77-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 太宰啓介 53.0 1.24.9 36.1 ------15-15 15 150.4 タイキシャトル / ゲッチュアドリーム 栗) 宮本博  480 -6 2 1
02 浜中俊 56.0 1.25.1 37.5 -------4--4 1 2.7 ダイワメジャー / ブロードアピール 栗) 松田国英 496 -4 7 4
03 クビ 和田竜二 54.0 1.25.1 37.3 -------8--8 12 113.0 ゴールドヘイロー / シャンハイファスト 美) 武市康男 474 -8 11 6
04 クビ 義英真 55.0 1.25.2 36.6 ------15-15 9 35.2 ワイルドラッシュ / ノースサファイア 栗) 崎山博樹 440 +2 4 2
05 クビ 横山和生 54.0 1.25.2 36.9 ------12-14 16 164.2 ブライアンズタイム / イルバチオ 栗) 森秀行  468 -4 15 8
06 3/4 秋山真一 56.0 1.25.3 37.0 ------12-12 3 4.9 ウォーエンブレム / アルーリングアクト 栗) 浜田多実 450 0 13 7
07 ハナ 福永祐一 55.0 1.25.3 37.2 -------9--9 5 10.2 ブライアンズタイム / キャタラクト 栗) 川村禎彦 494 +6 1 1
08 11/4 北村友一 55.0 1.25.5 37.4 -------9--9 10 36.1 タイキシャトル / アルフィーネ 栗) 湯窪幸雄 504 +8 8 4
09 ハナ 酒井学 56.0 1.25.5 37.9 -------4--6 8 34.2 クロフネ / エトレーヌ 美) 伊藤正徳 436 -4 6 3
10 ハナ 藤田伸二 52.0 1.25.5 37.1 ------12-12 4 9.6 スパイキュール / ナックオフィス 栗) 今野貞一 458 +4 12 6
11 11/4 北村宏司 55.0 1.25.7 38.2 -------6--4 7 24.4 ロックオブジブラルタル / アンフォイルド 栗) 橋田満  494 -2 9 5
12 アタマ 高田潤 55.0 1.25.7 37.6 -------9-11 13 113.7 クリストワイニング / ドア 栗) 木原一良 506 0 10 5
13 アタマ 吉田豊 52.0 1.25.7 38.3 -------3--3 6 12.0 ハーツクライ / エイシンミュー 栗) 浅見秀一 508 0 16 8
14 21/2 松山弘平 54.0 1.26.1 38.5 -------6--6 14 122.7 スキャン / キクノロマニー 栗) 北出成人 482 -4 5 3
15 1/2 武豊 55.0 1.26.2 39.0 -------2--1 2 4.8 マンハッタンカフェ / アイノサウスポー 美) 武藤善則 488 0 3 2
16 ウィリア 54.0 1.27.3 40.1 -------1--2 11 47.4 サクラバクシンオー / ケージーローズ 栗) 飯田雄三 458 -10 14 7
単勝 2番 (15人) 150.4 枠連 1-4 (4人) 10.3 複勝 2番(16人)
7番(1人)
11番(12人)
32.1
1.5
12.9
ワイド 2-7(59人)
2-11(115人)
7-11(28人)
74.0
380.0
30.8
3連複 2-7-11 (317人) 2,595.5 馬連 2-7 (44人) 188.6
3連単 2-7-11 (2188人) 26,033.4 馬単 2-7 (121人) 704.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 エンジョイタイム 太宰啓介騎手
「前半は砂を被って進んでいかず、後ろからになりました。しかし、4コーナーで外に出すとハミをとってすごい脚で伸びてくれました。いいときに乗せてもらいました」

2着 ブロードソード 浜中俊騎手
「前の馬のペースが速すぎる感じでしたが、その後ろにつけてレースを進めました。モエレジュンキンが並んできたときに何とか我慢して振り切りましたが、勝った馬に外から一気に来られてしまいました」

6着 アメージングタクト 秋山真一郎騎手
「直線で一旦狭くなるところがあって、ブレーキを踏む形に。スムーズに加速できていれば際どかったと思います。距離がどうかと半信半疑でしたが、今日の感じなら1400mも大丈夫ですね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する