2011ゴールデン ブライドル トロフィー(2011/12/03) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1800M
第06回 阪神 01日目
12 R
ダート・右1800M
曇  
3勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
2011ゴールデン ブライドル トロフィー
15 頭
16:20発走
本賞金) 1,770 - 710 - 440 - 270 - 177 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.52.8
前半5F:
1.01.4
後半3F:
38.3
ペース:平均
17 (35-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉原寛人 57.0 1.52.8 37.9 -5--5--4--3 1 2.5 ブライアンズタイム / コンプリカーター 美) 萩原清  476 +2 9 5
02 ヴェラス 58.0 1.53.5 38.4 -9--9--6--5 9 37.3 ネオユニヴァース / ジョーセクレタリー 地) 小久保智 512 +8 1 1
03 ハナ ムルタ 56.0 1.53.5 37.9 11-11-12-10 14 127.4 クロフネ / アドマイヤセラヴィ 栗) 平田修  496 -6 2 2
04 クビ ハナガン 56.0 1.53.6 38.0 11-11-12-12 8 28.9 アグネスフライト / アグネスシルキー 栗) 小崎憲  432 -6 12 7
05 11/4 岩田康誠 57.0 1.53.8 39.0 -4--4--4--3 2 3.9 ステイゴールド / ケイアイエリザベス 栗) 服部利之 486 -2 13 7
06 1/2 川田将雅 58.0 1.53.9 38.6 -7--7--7--7 5 12.7 キャプテンスティーヴ / リキアイワンダー 栗) 中尾秀正 514 -2 14 8
07 クビ ドミンゲ 58.0 1.53.9 38.1 13-14-14-14 13 122.8 メイショウオウドウ / ナガラフラッシュ 栗) 松永昌博 474 +4 10 6
08 クビ 蛯名正義 58.0 1.54.0 38.0 15-15-15-14 7 15.5 キングカメハメハ / プレシャスキール 栗) 増本豊  474 -2 8 5
09 ハナ ペドロサ 58.0 1.54.0 38.5 13-13--9-12 10 90.6 アグネスタキオン / ブリスクバイオ 栗) 梅田智之 472 +12 11 6
10 ハナ ノレン 58.0 1.54.0 38.5 -7--7--9-10 6 15.0 ゴールドアリュール / ユーモレスク 美) 加藤和宏 450 -4 3 2
11 ハナ プレブル 58.0 1.54.0 39.3 -2--2--2--2 4 11.2 アグネスデジタル / シンカンメグミ 美) 奥平雅士 496 -2 5 3
12 福永祐一 58.0 1.54.3 39.0 10-10--9--9 12 97.8 ブライアンズタイム / ラティール 栗) 加藤敬二 502 0 7 4
13 ハナ 横山典弘 58.0 1.54.3 39.0 -5--5--7--7 11 96.1 Cat Thief / Seductivelyelegant 栗) 森秀行  506 0 6 4
14 クビ メンディ 58.0 1.54.4 39.9 -2--1--1--1 15 232.6 オジジアン / グロウスキー 栗) 新川恵  502 -20 15 8
15 池添謙一 58.0 1.55.9 40.8 -1--2--3--6 3 5.6 ブライアンズタイム / シロガネーゼカフェ 栗) 羽月友彦 500 +10 4 3
単勝 9番 (1人) 2.5 枠連 1-5 (12人) 40.8 複勝 9番(1人)
1番(9人)
2番(13人)
1.6
7.1
16.7
ワイド 1-9(18人)
2-9(30人)
1-2(75人)
16.2
34.5
145.7
3連複 1-2-9 (140人) 732.2 馬連 1-9 (17人) 45.3
3連単 9-1-2 (593人) 2,946.6 馬単 9-1 (28人) 67.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 レーザーバレット(吉原騎手)
「いい馬ですし、力のある馬です。位置取りはイメージ通り。追い出しが少し早いかと思いましたが、手応えが良かったので攻めて行きました。これでシリーズ2勝目ですが、それまでにたくさん乗せてもらえたのが助かりました。そして8Rのエーシングレーソロで2着に入れて自信が持てました。レースに行けば緊張しませんし、明日も頑張ります」

2着 ジョーメテオ(ヴェラスケス騎手)
「調教師からは、折り合いの難しい馬なので、前半の折り合いに特に注意するよう指示を受けました。スタートは良かったものの、1コーナーを回ったところで行きたがり、若干スムースさを欠きましたが、その後は何とか折り合いをつけることが出来ましたし、いいレースが出来たと思います。ハミを強く取るところがあるので、その辺りが改善されれば、さらにいい走りが期待出来ると思います」

3着 ラルーチェ(ムルタ騎手)
「うるさい馬と聞いていましたが、今日は大人しかったですね。直線で前が空いたらよく伸びました。一瞬2着を確保出来たかと思いました」

4着 アグネスミヌエット(ハナガン騎手)
「調教師の指示通り後方からの競馬が出来ました。直線に向いて外に出してからはしっかりと伸びてくれました。距離はもう少し長くてもこなせると思います」

7着 メイショウイッキ(ドミンゲス騎手)
「他の馬のペースに惑わされることなく常に自分のペースでレースを運べましたし、直線ではいい脚を使ってくれました」

9着 エナージバイオ(ペドロサ騎手)
「砂を被るのを馬が嫌がったので外めでの競馬になりましたが、道中の手応えは良かったです。ただ、直線ではいま一つ伸び切れませんでした」

10着 サイモントルナーレ(ノレン騎手)
「スタートしてから内側のコースを進みましたが、終始砂を被ることを嫌がってしまったため、前半は気合をつけ続けました。残り600mから仕掛け、直線では根性を見せてよく伸びてくれました。今回は休み明けだったので、この先勝てるまでの力を持っていると思います」

11着 マイネルオベリスク(プレブル騎手)
「道中のポジションは良かったと思います。直線では目一杯に追いましたが、最後はバテてしまいました」

14着 パーフェクトラン(メンディザバル騎手)
「前に、との指示でしたので、前に行きました。前半はリラックスして走っていましたが、3、4コーナー辺りから手応えが怪しくなってきて、最後はバテてしまいました。3、4番手で競馬をする方がいいと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する