毎日王冠(2010/10/10) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
開催
第04回 東京02日目
コース
東京芝・左1800M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ3上(国)(指)
頭数
10
発走時刻
15:45
回次
第 61 回
本賞金(万
6,500 - 2,600 - 1,600 - 980 - 650
レース名
毎日王冠 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.46.4
平均ペース
32 (2+30)
前半5F:
58.9
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 56.0 1.46.4 34.5 ----6--6--6 6 15.8 シンボリクリスエス / スクエアアウェイ 美) 堀宣行  520 +8 4 4
02 ハナ 蛯名正義 55.0 1.46.4 34.8 ----3--4--3 8 18.1 Giant's Causeway / Silk And Scarlet 栗) 松永昌博 502 +8 3 3
03 11/2 田中勝春 58.0 1.46.6 34.4 ----9--8--8 9 18.7 マーベラスサンデー / パールネツクレース 美) 伊藤正徳 486 +4 1 1
04 11/4 三浦皇成 57.0 1.46.8 35.3 ----3--3--3 3 6.3 タニノギムレット / シーセモア 美) 小桧山悟 488 0 9 8
05 1/2 安藤勝己 56.0 1.46.9 34.3 ---10-10-10 1 2.4 ゼンノロブロイ / アルゼンチンスター 美) 藤沢和雄 506 +6 2 2
06 3/4 松岡正海 57.0 1.47.0 35.1 ----6--7--6 7 16.3 スターオブコジーン / スイートウインク 美) 田中剛  468 -8 6 6
07 1/2 酒井学 57.0 1.47.1 36.2 ----1--1--1 4 8.1 ホワイトマズル / スペランツァ 栗) 西園正都 486 -4 7 7
08 ハナ 吉田隼人 57.0 1.47.1 35.8 ----2--2--2 5 9.1 アグネスタキオン / ティエッチマンボ 栗) 友道康夫 450 -2 10 8
09 クビ 後藤浩輝 59.0 1.47.2 35.5 ----5--5--5 2 4.9 エアジハード / ユメシバイ 美) 杉浦宏昭 516 0 5 5
10 クビ 吉田豊 57.0 1.47.2 35.0 ----6--8--8 10 63.4 ステイゴールド / スパークトウショウ 栗) 今野貞一 470 0 8 7
~払い戻し~
単勝 4番 (6人) 15.8 枠連 3-4 (24人) 83.7 複勝 4番(6人)
3番(9人)
1番(8人)
4.8
5.1
4.9
ワイド 3-4(28人)
1-4(40人)
1-3(36人)
21.7
35.1
29.0
3連複 1-3-4 (102人) 409.9 馬連 3-4 (29人) 76.8
3連単 4-3-1 (594人) 3,152.0 馬単 4-3 (59人) 159.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 アリゼオ(福永騎手)
「1週前、追い切りを美浦で乗って、思ったより抑えが利くと思ったのです。体の状態は比較出来ませんが、とにかく折り合いに気をつけて乗りました。返し馬がうまくいって、ゲートを出てから思ったよりも行き脚がつかず前に行けなかったので、無理せず我慢させました。3コーナー過ぎから馬が納得したようにいいリズムで行けて、直線はバラけるかと思っていましたが、まさかあんなに内が空いているとは思いませんでした。最後の一完歩でギリギリ交わせたと思いました。まだ若い馬で、控えて勝ったことは大きいと思います」

2着 エイシンアポロン(蛯名騎手)
「形としては完璧でした。うまく流れに乗ってイメージ通りでしたが、負けたのは仕方ない。先のある馬だし、距離も2000mまでならOK」

(岡田調教師)
「前々のレースがいいことが分かりました。このハナ差は悔しいですね。この後は馬の状態をじっくり見て、オーナーと相談して次のレースを決めたいと思います。選択肢は2つだけじゃなく色々考えています」

3着 ネヴァブション(田中勝騎手)
「パドックで乗った感じは、とても具合が良さそうでした。もう少し前の位置へつけたかったんですが、この馬としてはいつもの位置取りかもしれません。最後は力のあるところを見せられました。長い距離を中心に走っている馬ですが、東京コースなら1800mでも力を出せます。休み明けとしては上々のレースだったと思います」

4着 スマイルジャック(三浦騎手)
「久々でしたが落ち着いていました。これまで落ち着いていると却って良くない結果になっていたのですが、今日はそうではありませんでした。3、4コーナーで一瞬ハミを取った時以外は我慢してくれました。いい位置でレースが出来ましたが、マイルを使っている馬だけに、残り200mで脚を使い切った感じです」

5着 ペルーサ(安藤勝騎手)
「今日は返し馬からテンションが高かった。ゲートも出ないだけでなく、飛び上がるように出るのでダッシュもつかないし、後ろから行くしかない。この馬場では自分から行っても伸び切れない。ゲートが安定しないことにはね」

7着 シルポート(酒井騎手)
「残り2ハロンまではいい感じで行っていたが、追い出していつもなら辛抱出来るのが今日は出来なかった」

9着 ショウワモダン(後藤騎手)
「杉浦先生の感じていたものが当たった。4コーナーまで競馬自体は悪くないのに、直線タレたのが納得いかない。目に見えない何かがあったのか、春に比べて違っていた」

(杉浦調教師)
「調教の時の印象と同じで、まだ目覚めてないですね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき