羅生門ステークス(2010/01/23) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
第01回 京都 07日目
11 R
ダート・右1400M
晴  
3勝クラス特別
サ4上(混)[指] / ハンデ
羅生門ステークス
16 頭
15:45発走
本賞金) 1,780 - 710 - 450 - 270 - 178 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
ペース平均:
2
内枠好走:
0
勝タイム:
1.24.4
前半5F:
1.00.1
後半3F:
36.1
ペース:スロー
-72 (-4-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 熊沢重文 56.0 1.24.4 35.7 -------6--4 1 1.8 サウスヴィグラス / ネクストタイム 栗) 大橋勇樹 516 +2 14 7
02 11/4 福永祐一 53.0 1.24.6 36.2 -------2--1 4 9.5 Distorted Humor / Catalina 栗) 大久保龍 484 -4 13 7
03 クビ 武豊 57.0 1.24.6 35.4 ------12-12 2 5.6 ゴールドアリュール / スリーアモーラ 栗) 高橋康之 498 +8 5 3
04 クビ 四位洋文 55.0 1.24.7 35.1 ------14-13 6 14.8 キングカメハメハ / プレイリースカイ 美) 粕谷昌央 482 -6 9 5
05 11/4 池添謙一 52.0 1.24.9 36.0 -------9--9 8 39.6 ブライアンズタイム / キャタラクト 栗) 大久保龍 482 +6 12 6
06 11/4 川田将雅 55.0 1.25.1 35.7 ------13-13 9 50.0 フジキセキ / マハーブ 栗) 安田隆行 476 +12 7 4
07 アタマ 和田竜二 56.0 1.25.1 36.8 -------1--2 3 8.8 サウスヴィグラス / リープリッヒ 栗) 柴田光陽 484 +8 2 1
08 クビ 幸英明 55.0 1.25.1 36.2 -------9--9 7 21.6 リキアイワカタカ / オステリア 栗) 小原伊佐 498 -4 11 6
09 クビ 浜中俊 54.0 1.25.2 36.8 -------2--3 12 98.7 タバスコキャット / ベラミスキー 栗) 柴田政見 512 +2 15 8
10 クビ 秋山真一 54.0 1.25.2 36.6 -------6--4 5 10.6 フレンチデピュティ / ダイヤモンドジェム 栗) 平田修  462 +8 10 5
11 11/4 小林久晃 51.0 1.25.4 36.5 -------9--9 15 315.2 トウカイテイオー / ダイイチアレキ 美) 菊川正達 492 -8 3 2
12 ハナ 大下智 53.0 1.25.4 36.8 -------2--4 10 87.5 スクワートルスクワート / シーセレーネ 栗) 梅内忍  508 -6 4 2
13 3/4 石橋守 54.0 1.25.5 35.9 ------14-15 13 149.1 フジキセキ / メヤディーニ 栗) 宮徹   520 +8 8 4
14 1/2 佐藤哲三 54.0 1.25.6 37.0 -------5--7 11 96.8 タバスコキャット / ロマンスフリージア 栗) 佐々木晶 476 0 1 1
15 31/2 川島信二 51.0 1.26.2 36.7 ------14-15 16 439.4 フレンチデピュティ / ルックアットミー 栗) 鮫島一歩 498 +28 6 3
16 小林徹弥 53.0 1.27.7 39.0 -------6--7 14 269.4 キングヘイロー / フミノセレッソ 栗) 沖芳夫  490 +6 16 8
単勝 14番 (1人) 1.8 枠連 7-7 (4人) 8.7 複勝 14番(1人)
13番(4人)
5番(2人)
1.1
2.1
1.7
ワイド 13-14(4人)
5-14(1人)
5-13(12人)
3.8
2.8
9.2
3連複 5-13-14 (3人) 18.4 馬連 13-14 (3人) 8.7
3連単 14-13-5 (6人) 60.4 馬単 14-13 (3人) 11.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ナムラタイタン 熊沢重文騎手
「ゲート内で行儀が悪くて出遅れてしまいましたが、いいスピードを持っている馬なので、すぐに取り戻してくれました。レースぶりにまだ余裕があるほどで、強かったですね。先々が本当に楽しみになる馬ですから、この後はとにかく無事に行って欲しいですね」

2着 エーシンクールディ 福永祐一騎手
「53キロとハンデが軽い分、早めに行ったのですが、勝った馬は馬なりでついて来ましたからね。相手が悪かったです。でも、この馬も最後まで止まっていませんよ。準オープンで安定して走ってくれています。京都では落ち着きがありますね」

3着 スリーアリスト 武豊騎手
「4コーナーでバテた馬を捌くのに手間取ってしまったのが痛かったですね。それでも、よく伸びているのですが。昇級戦で57キロは、少し見込まれましたね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する