平安ステークス(2009/01/25) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
第01回 京都 08日目
11 R
ダート・右1800M
曇   稍重
GⅢ   サ4上(国)(指) / 別定
第16 回 平安ステークス
16 頭
15:45発走
本賞金) 3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.50.4
前半5F:
1.01.7
後半3F:
36.0
ペース:平均
-58 (-40-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 58.0 1.50.4 35.6 -3--3--3--2 3 8.3 キンググローリアス / ワンダーヘリテージ 栗) 羽月友彦 484 -2 2 1
02 クビ 佐藤哲三 55.0 1.50.4 36.0 -1--1--1--1 1 1.9 ゴールドアリュール / エミネントシチー 栗) 安達昭夫 488 +2 3 2
03 安藤勝己 56.0 1.50.9 36.3 -2--2--2--2 5 10.0 ブライアンズタイム / マコトシュンレイ 栗) 鮫島一歩 524 +10 6 3
04 21/2 デムーロ 56.0 1.51.3 36.2 -7--5--5--5 7 11.5 フレンチデピュティ / アランダ 栗) 中竹和也 476 -2 10 5
05 1/2 幸英明 56.0 1.51.4 35.9 13-13-11--8 13 116.8 フジキセキ / サマープロテクター 栗) 川村禎彦 512 +2 1 1
06 ルメール 57.0 1.51.6 36.3 -9--8--9-10 6 10.9 ブライアンズタイム / マイネプリテンダー 美) 上原博之 528 0 7 4
07 クビ 川田将雅 56.0 1.51.6 36.1 12-11-11-12 4 9.4 ダンスインザダーク / エヴリウィスパー 栗) 佐々木晶 486 +4 12 6
08 岩田康誠 58.0 1.51.8 35.9 15-15-15-13 2 7.5 ヘネシー / リアルサファイヤ 栗) 音無秀孝 500 +6 9 5
09 11/4 武幸四郎 56.0 1.52.0 36.3 -9-11-11-13 12 112.9 エアダブリン / エアジャスミン 美) 伊藤正徳 500 0 4 2
10 アタマ 小原義之 57.0 1.52.0 36.1 16-16-15-13 10 87.7 エアジハード / ナナヨーウイング 栗) 小原伊佐 514 +2 5 3
11 四位洋文 55.0 1.52.3 37.2 -9--8--5--5 8 56.7 トワイニング / ラブフォーエバー 美) 鹿戸雄一 454 -2 15 8
12 1/2 渡辺薫彦 56.0 1.52.4 36.6 14-14-14-16 16 377.4 アフリート / ケイエイローズ 栗) 南井克巳 474 -2 8 4
13 秋山真一 56.0 1.53.2 38.2 -5--5--5--7 15 252.1 キンググローリアス / オールウェイズグッドサンクス 栗) 野村彰彦 466 +4 13 7
14 21/2 福永祐一 56.0 1.53.6 38.8 -3--4--3--4 9 59.7 ヘクタープロテクター / ジェラート 美) 奥平雅士 524 +2 16 8
15 アタマ 藤岡佑介 57.0 1.53.6 38.3 -7--8--9-10 11 88.0 アフリート / スカーレットレディ 栗) 石坂正  482 +8 11 6
16 酒井学 56.0 1.54.3 39.3 -5--5--5--8 14 180.1 タマモクロス / ニホンピロポリーナ 栗) 服部利之 486 -4 14 7
単勝 2番 (3人) 8.3 枠連 1-2 (3人) 8.6 複勝 2番(5人)
3番(1人)
6番(6人)
2.4
1.2
2.5
ワイド 2-3(3人)
2-6(20人)
3-6(4人)
4.4
13.3
4.7
3連複 2-3-6 (9人) 27.9 馬連 2-3 (3人) 10.0
3連単 2-3-6 (48人) 160.0 馬単 2-3 (9人) 26.7
該当なし
レース後のコメント


京都11Rの平安ステークス(GIII・ダート1800m)は、3番人気ワンダースピード(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4。クビ差の2着に1番人気エスポワールシチーが、3馬身差の3着に5番人気マコトスパルビエロがそれぞれ入線。
ワンダースピードは栗東・羽月友彦厩舎の7歳牡馬で、父キンググローリアス、母ワンダーヘリテージ(母の父Pleasant Tap)。通算成績は36戦10勝となった。
レース後のコメント
1着 ワンダースピード 小牧太騎手
「ずっと乗ってきましたが本当に力をつけています。ある程度、前に行ける馬なのでスタートだけは注意しました。この馬の良さは前の馬を必ず交わそうとするところ。GIでは出遅れたりと力を出し切れませんでしたが、今年はこの馬と共に頑張って行きたいですね。最後はしびれました」
羽月友彦調教師
「選択肢から外したわけではありませんが、今のところフェブラリーSは積極的に考えていません」
2着 エスポワールシチー 佐藤哲三騎手
「一度レースを使っていればハミが抜けてレースが出来たのでしょうが、休み明けということでずっとハイテンションで一本調子の逃げになってしまいました。でも休み明けで正攻法のレースをして惜敗ですから仕方ないですね」
3着 マコトスパルビエロ 安藤勝己騎手
「切れる脚の馬ではありませんからね。この馬も止まってはいないし、それなりのレースはしていますが、もう少し早めに行けばよかったかもしれませんね」
4着 ネイキッド M.デムーロ騎手
「いいレースで自分の実力は出し切ったと思います」
5着 タガノエクリプス 幸英明騎手
「折り合いは少し前までと比べると問題なくなっているようです。本当はもう少し前々でレースをしたかったのですが、ゲートをポコンと出てあの位置になってしまいましたからね」
6着 マイネルアワグラス C.ルメール騎手
「動きたい時に前に馬がいて、動くタイミングが遅くなってしまいました」たんだよ。このメンバーを相手にこれだけ走って、今日は実力を証明できたからこの後が楽しみになったよ。」
(取材:小林雅巳)合がよく、良い反応を見せてくれました。3回勝ったなかで今回が最も楽でしたね。声援ありがとうございました。また応援してください」
●服部利之調教師のコメント
「休養明けで追い切りが1本足りないかと思いちょっと不安でしたが、パドックで見たときに不安は消し飛びました。これまで直線で抜け出し目標にされるレースが続いてましたが、直線で前を捕らえるレースができて、とても満足しています。あと3週間で上手く調整しJBCスプリントに向かいます。これでGIレースを7勝となりましたが、まだ誰も到達していない8勝目を挙げさせてやりたいですね」
(コメントは岩手競馬PRセンターのリリースによる)方ないね」
競走中止 プリュネル (山崎誠士騎手)
「申し訳なかったです。戻ってきたくなかったです(苦笑)」
(取材:木和田篤)・森)
エスポワールシチー(牡4歳 栗東・安達)
オフィサー(牡7歳 栗東・森)
カジノドライヴ(牡4歳 美浦・藤沢)
ガブリン(牡7歳 栗東・森)
キクノサリーレ(牡4歳 栗東・吉田直)
ゴールデンルーヴェ(牡4歳 栗東・森)
ステキシンスケクン(牡6歳 栗東・森)
タケミカヅチ(牡4歳 美浦・大江原)
ナンヨーヒルトップ(牡4歳 美浦・小笠)
ビクトリーテツニー(牡5歳 栗東・森)
ブラックエンブレム(牝4歳 美浦・小島茂)
ロールオブザダイス(牡4歳 栗東・角居)
ローレルゲレイロ(牡5歳 栗東・昆)
(JRA報道室発表)キ」
(JRA報道室発表)あ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する