花背特別(2008/11/08) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
第05回 京都 01日目
9 R
ダート・右1800M
曇  
2勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 定量
花背特別
16 頭
14:30発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
ペース平均:
-7
内枠好走:
4
勝タイム:
1.49.8
前半5F:
1.01.5
後半3F:
36.1
ペース:平均
-43 (-25-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 浜中俊 57.0 1.49.8 35.7 -7--8--5--3 3 5.7 スペシャルウィーク / シルヴァーキャップ 栗) 増本豊  496 +2 12 6
02 1/2 幸英明 55.0 1.49.9 35.7 -7--6--7--5 5 12.8 マヤノトップガン / フューチャハッピー 美) 萱野浩二 482 -6 9 5
03 1/2 ルメール 55.0 1.50.0 35.8 -6--6--5--7 6 13.8 Kingmambo / Little Firefly 栗) 森秀行  494 +4 14 7
04 11/4 川田将雅 57.0 1.50.2 36.2 -3--3--4--3 2 4.3 ブライアンズタイム / スターアドマイヤ 栗) 松田博資 476 +8 1 1
05 ハナ 和田竜二 55.0 1.50.2 36.4 -2--2--2--2 12 38.4 デザートストーリー / フューチャトマト 栗) 大橋勇樹 478 +2 15 8
06 3/4 福永祐一 57.0 1.50.3 36.6 -1--1--1--1 1 3.0 フサイチコンコルド / メイジノジョケツ 栗) 白井寿昭 514 +12 11 6
07 ハナ 酒井学 57.0 1.50.3 35.5 11-11-12-12 10 30.0 アフリート / シクレノンジュエル 栗) 西園正都 488 -2 2 1
08 アタマ 岩田康誠 57.0 1.50.3 35.7 11-11--9--8 8 20.5 ジェニュイン / ミラクルウィッチ 美) 松永康利 492 +8 4 2
09 21/2 渡辺薫彦 57.0 1.50.7 36.2 -9-10--9-10 4 10.0 コマンダーインチーフ / タニノオトメ 栗) 梅内忍  498 +10 7 4
10 小牧太 57.0 1.51.5 37.0 -9--8--9-10 15 173.8 フレンチデピュティ / ルックアットミー 栗) 鮫島一歩 496 +14 3 2
11 11/2 小林徹弥 57.0 1.51.7 37.3 -3--5--7--8 9 28.4 フレンチデピュティ / ホワイトトルネード 栗) 木原一良 498 +12 5 3
12 21/2 長谷川浩 57.0 1.52.1 38.2 -3--3--3--5 13 53.5 シャンハイ / スナークバンダム 栗) 梅内忍  564 +4 16 8
13 1/2 武幸四郎 57.0 1.52.2 37.0 14-14-15-14 11 32.2 アグネスタキオン / ブライアンマリア 美) 中川公成 544 0 13 7
14 3/4 上村洋行 57.0 1.52.3 37.4 11-11-12-13 7 18.2 ティンバーカントリー / エイシンバンビーナ 栗) 坂口正則 476 +4 10 5
15 3/4 佐久間寛 53.0 1.52.4 37.3 15-15-14-14 14 60.7 ナリタトップロード / ウォーターリボーン 栗) 鹿戸明  414 -4 8 4
田中健 57.0 - - ----------- - - テイエムオペラオー / テイエムスコール 栗) 木原一良 000 6 3
単勝 12番 (3人) 5.7 枠連 5-6 (2人) 6.1 複勝 12番(3人)
9番(6人)
14番(7人)
2.7
3.6
4.1
ワイド 9-12(12人)
12-14(25人)
9-14(27人)
12.4
22.0
23.2
3連複 9-12-14 (74人) 215.6 馬連 9-12 (15人) 38.0
3連単 12-9-14 (327人) 1,042.0 馬単 12-9 (28人) 79.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都9Rの花背特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は、3番人気メイショウエンジン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8。半馬身差の2着に5番人気ピエナポパイが、半馬身差の3着に6番人気ゴールデンルーヴェがそれぞれ入線。
メイショウエンジンは栗東・安田伊佐厩舎の4歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母シルヴァーキャップ(母の父Zilzal)。通算成績は14戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 メイショウエンジン 浜中俊騎手
「馬の具合もいいし、ここに来て馬が大きくなって、全体的にしっかりしてきた。スタートからスムーズなレースができたし、早め早めの競馬を心がけました。最後は先頭に立って、ソラを使うくらい余裕がありました。この後も楽しみになります」
2着 ピエナポパイ 幸英明騎手
「位置取りも勝ち馬と同じ。最後はいい脚を使ってくれたし、この馬も相手なりに力は出し切ってくれた。速い時計にも十分に対応しているよ」
6着 メイショウゲンスイ 福永祐一騎手
「ズブい馬で、早め早めに行ったけど上がりの時計が速すぎた。基本、この馬はワンペースの馬なので、最後は苦しくなってしまった。自力で何とか6着に頑張ってはいるけどね」r />4着 マイネルクラリティ 浜中俊騎手
「前半突っ張って走っていました。でも、終いを生かすレースをしたら、伸びています。中距離が合っているように思います」
5着 ピサノティファニー C.ルメール騎手
「スタートもよく、スピードもありますが、もっと長い方がよさそうです」カヅチ 大江原哲調教師
「向正面で接触したときに馬が怒ったようでしたね。それでも、そこから来ているんですが、直線でじわっと寄られて、追いにくくなりました。最後はまた伸びているんですがね。ダートでも十分に通用しますよ。この後は使えるところがないんですよね。浦和記念に登録だけはしておきましょうか?」ね。武豊騎手は完璧に乗ってましたね」
3着 ディープスカイ(昆師)
「ま、予想通りスピードの決着になってしまいましたね。それでも2400mならスピードだけではありませんから、次のJCでもう一度決着をつけたいと思います。3歳世代のレベル云々を言われていましたが、この馬は別次元だと思っていましたし、多少はそれを見せられましたかね。このメンバー相手ですからね。今日はジョッキーが少し出して

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する