フェニックス賞(2008/08/09) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1200M
第02回 小倉 07日目
11 R
芝・右1200M
晴  
オープン特別
サ2才(混)(特) / 別定
フェニックス賞
9 頭
16:10発走
本賞金) 1,600 - 640 - 400 - 240 - 160 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
ペース平均:
14
内枠好走:
-1
勝タイム:
1.09.1
前半5F:
57.2
後半3F:
35.4
ペース:平均
5 (57-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 浜中俊 54.0 1.09.1 35.0 -------4--3 2 3.2 フジキセキ / デフィニット 栗) 宮本博  452 +2 9 8
02 1/2 芹沢純一 54.0 1.09.2 35.5 -------1--1 3 4.1 プリサイスエンド / ソーラーヴィジョン 栗) 大橋勇樹 504 0 5 5
03 11/4 飯田祐史 54.0 1.09.4 35.4 -------4--3 1 2.4 アグネスタキオン / ホッコーソレイユ 栗) 飯田明弘 498 +2 4 4
04 21/2 太宰啓介 54.0 1.09.8 36.0 -------2--2 4 7.2 タイキシャトル / エンベゼル 栗) 小島貞博 438 -10 7 7
05 吉田隼人 54.0 1.10.1 35.7 -------6--7 5 21.4 ボストンハーバー / ベラミロード 栗) 飯田雄三 426 +4 1 1
06 3/4 鮫島克也 54.0 1.10.2 35.9 -------6--7 6 33.8 エイシンサンディ / プラチナレディー 美) 岩戸孝樹 444 -2 8 8
07 1/2 村島俊策 54.0 1.10.3 35.9 -------6--5 7 38.7 ツルマルボーイ / エレガントアリス 栗) 鶴留明雄 424 -26 3 3
08 21/2 和田竜二 54.0 1.10.7 36.1 -------9--9 8 59.1 ムーンバラッド / マルケッタ 栗) 川村禎彦 456 -14 2 2
09 大差 山口勲 54.0 1.12.8 39.0 -------2--5 9 76.1 ジョリーズヘイロー / ゴスペルジェンヌ 地) 平山良一 448 -5 6 6
単勝 9番 (2人) 3.2 枠連 5-8 (3人) 6.8 複勝 9番(2人)
5番(3人)
4番(1人)
1.1
1.1
1.1
ワイド 5-9(3人)
4-9(1人)
4-5(2人)
1.9
1.5
1.5
3連複 4-5-9 (1人) 2.6 馬連 5-9 (3人) 6.4
3連単 9-5-4 (6人) 20.5 馬単 9-5 (5人) 10.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


小倉11Rのフェニックス賞(2歳オープン・芝1200m)は2番人気デグラーティア(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1。半馬身差の2着に3番人気イセノスバルが、1馬身1/4差の3着に1番人気ホッコータキオンがそれぞれ入線。
デグラーティアは栗東・宮本博厩舎の2歳牝馬で、父フジキセキ、母デフィニット(母の父Dehere)。通算成績は2戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 デグラーティア 浜中俊騎手
「スタートはそれほど上手くはありませんでしたが、出た後は自分からハミをとって行ってくれました。競馬そのものは上手で、直線は追えば追うほど伸びてくれました。並んで差し返す勝負根性もあります。初戦よりもパワーアップして、道中の行きっぷりが良くなっていました」
宮本博調教師
「この後は小倉2歳Sの可能性が高いのですが、じっくりやって欲しいというオーナーサイドの要請もあるので、栗東に戻してから方向を決めたいと思います」
2着 イセノスバル 芹沢純一騎手
「切れる馬相手ではつらいですね。この馬はパワータイプなので、もう少し馬場が荒れてくればこの馬の味が出てくると思います。これでまた変わってくるでしょう」br />10着 ジェットスパークル 後藤浩輝騎手
「まだ走りが硬いですね。ゴトゴトしているんです。福島より硬い馬場の新潟で余計その傾向が強かったようですね。札幌のようなクッションの利いているコースが合いそうです」チたいないことをした」。
~レース後のコメント~
1着 サイレントビート(橋本騎手)
「このメンバーではスピードが上位です。今日はスタートもうまく出てくれたのであとは馬なり。いいところを通ることを考えていました。最後は内にモタれてラチに寄って手こずりました。イレ込みが今後の課題です」
2着 カシノレオン(上野騎手)
「使いつつ成長しています。最後は何とか交わせるかと思ったのですが、余力が違いましたね。あとは揉まれるレースがどうかです」
3着 キリシマノホシ(上村騎手)
「道中の捌きに手間取りましたね。終いが来ているだけに残念です」
5着 マルシゲドトウ(渡辺騎手)
「下を気にしていますね。直線は内にモタれるところを見せました。出来ればパンパンの良で走らせてあげたいです

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する