福島民報杯(2007/04/08) のレース情報

基本情報
福島芝・右1200M
開催
第01回 福島04日目
コース
福島芝・右1200M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(国)
頭数
16
発走時刻
15:20
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
福島民報杯 
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
勝ちタイム:1.07.9
平均ペース
38 (90-52)
前半5F:
55.3
後半3F:
35.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小野次郎 57.0 1.07.9 35.3 -------1--1 4 7.4 パラダイスクリーク / フィールソーナイス 栗) 佐々木晶 514 -2 3 2
02 クビ 吉田隼人 55.0 1.08.0 34.4 ------13-10 3 6.4 Cozzene / Mississippi Queen 美) 堀井雅広 450 -6 7 4
03 3/4 津村明秀 56.0 1.08.1 35.5 -------2--2 2 4.6 Foxhound / Krayyalei 地) 高橋三郎 498 -4 4 2
04 1/2 二本柳壮 55.0 1.08.2 35.1 -------5--3 11 24.2 エアダブリン / エアパッション 美) 伊藤正徳 480 +18 2 1
05 3/4 中村将之 56.0 1.08.3 34.7 ------13-13 14 43.6 サクラバクシンオー / オギブルービーナス 栗) 武宏平  456 +2 14 7
06 クビ 田中博康 50.0 1.08.4 35.1 -------8--7 7 17.5 サクラバクシンオー / フレンドレイ 美) 伊藤圭三 490 +8 15 8
07 3/4 田辺裕信 54.0 1.08.5 35.1 ------11--7 6 16.7 サクラバクシンオー / ブランドピート 美) 浅野洋一 522 -6 5 3
08 3/4 長谷川浩 56.0 1.08.6 35.4 -------6--6 8 18.0 ヘネシー / ウェディングベリー 栗) 宮徹   460 -6 13 7
09 クビ 北村友一 53.0 1.08.7 34.9 ------15-13 15 50.5 コマンダーインチーフ / グッドミセスマーフィー 栗) 安田隆行 474 +8 8 4
10 クビ 中舘英二 53.0 1.08.7 35.7 -------3--3 10 20.9 フォーティナイナー / サンルージュ 美) 増沢末夫 476 +6 1 1
11 梶晃啓 52.0 1.08.9 35.7 -------6--7 16 149.8 アスワン / アイネスターキン 美) 沢峰次  508 -16 10 5
12 クビ 赤木高太 54.0 1.08.9 35.6 -------8-10 1 4.0 ロドリゴデトリアーノ / ヴェネジア 栗) 北出成人 510 -2 6 3
13 クビ 木幡初広 56.0 1.09.0 35.2 ------15-16 13 43.5 フジキセキ / ダイワラブリー 美) 矢野英一 490 0 9 5
14 13/4 田嶋翔 52.0 1.09.3 36.3 -------3--5 12 24.4 タイキシャトル / フルフリングス 栗) 小島貞博 496 0 12 6
15 11/2 的場勇人 53.0 1.09.5 36.2 -------8-10 9 20.2 Spinning World / Misty Silver 美) 手塚貴久 504 +2 11 6
16 クビ 須貝尚介 55.0 1.09.6 36.1 ------11-13 5 12.9 ウォーニング / タニノメール 栗) 須貝彦三 508 +4 16 8
~払い戻し~
単勝 3番 (4人) 7.4 枠連 2-4 (3人) 9.7 複勝 3番(4人)
7番(3人)
4番(2人)
2.5
2.3
1.8
ワイド 3-7(10人)
3-4(5人)
4-7(3人)
12.3
8.3
6.2
3連複 3-4-7 (7人) 44.1 馬連 3-7 (6人) 27.9
3連単 3-7-4 (38人) 256.7 馬単 3-7 (12人) 51.3
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


福島11Rの福島民報杯(4歳上オープン・ハンデ・芝1200m)は4番人気アンバージャック(小野次郎騎手)が制した。スタートからシルヴァーゼットと併走するように先行したアンバージャック、直線これを競り落とすとゴール前急追した3番人気アポロノサトリをクビ差抑えて逃げ切った。勝ちタイムは1分7秒9(良)。3着に2番人気シルヴァーゼット。1番人気メジロシリングは12着に大敗。
アンバージャックは美浦・中野隆良厩舎の4歳牡馬で、父パラダイスクリーク、母フィールソーナイス(母の父アーミジャー)。通算18戦6勝。
-レース後のコメント-
1着 アンバージャック(小野騎手)
「自分から走る気持ちがあまりない馬で、返し馬でも少し気合をつけたんです。ハナに立つつもりはなかったけど、ある程度は“出して行く”レースを考えていて、ゲートをスッと出たのでハナに行きました。並んでからが強いし、力通りの結果でしたね」
3着 シルヴァーゼット(津村騎手)
「アンバージャックの先行策は予想外でした。並ぶと根性のある馬なのでこちらも押して行って、3コーナーで少し引っ掛かってしまいました」
12着 メジロシリング(赤木騎手)
「いつもと違い、今日はイレ込んでいた。こんなことはなかったんだが…。レースも後手後手に回ってしまった」たし、状態が本当ではないのかもしれません」/>「思ったとおりのレースが出来ました。ただ1200メートルならもう一伸びがあるんですが、1600メートルでは止まってしまいますね。」
11着ナイキアディライト
 戸崎騎手
「難しいところも見せていなかったし、調子は良かったですよ。でも、ちょっと折り合いを欠いたところがありましたね。今日は中途半端な競馬になってしまいました。それが敗因ですね。」
13着サンキューウィン
左海騎手
「自分のレースをしました。前回よりも状態は良くなっていますよ。さらに上積みはありそうです。」
(取材:舩山陽司、小塚歩)
「外枠だったので中途半端なレースをするよりはと思い終いに賭けました。よく伸びています」
7着 11番パッションレッド(藤岡佑介騎手)
「少し他馬にこすられたけど、折り合いはついたし、直線での手応えは『おっ!』と思わせるものでした。並ぶ形になればまた違うんですけどね」
8着 14番ザリーン(村田一誠騎手)
「2000mは少し長いかもしれません」
11着

予想動画
関連記事
関連つぶやき