御堂筋ステークス(2007/02/24) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外2400M
開催
第01回 阪神01日目
コース
阪神芝・右外2400M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
15:10
本賞金(万
1,830 - 730 - 460 - 270 - 183
レース名
御堂筋ステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:2.26.1
平均ペース
14 (-46+60)
前半5F:
1.01.4
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ペリエ 56.0 2.26.1 34.3 12-13-12-13 1 2.2 ダンスインザダーク / エヴリウィスパー 栗) 佐々木晶 474 -12 3 3
02 熊沢重文 57.0 2.26.6 35.4 -8--8--7--6 13 112.8 ブラックタイアフェアー / マーブルズタイム 栗) 田所清広 468 -8 4 3
03 クビ 武豊 57.0 2.26.6 34.9 -9-11-10-11 5 7.5 Halling / ファンジカ 美) 大久保洋 494 -16 6 4
04 クビ 武幸四郎 57.0 2.26.7 35.0 12-11-12-11 2 6.1 メジロブライト / シンミスアンサー 栗) 新川恵  500 0 13 8
05 3/4 幸英明 55.0 2.26.8 34.9 14-14-14-14 6 13.6 ダンスインザダーク / トウカイロータス 栗) 野中賢二 496 +2 7 5
06 11/4 勝浦正樹 57.0 2.27.0 35.5 -9--9--9--8 9 44.6 トニービン / エアシャロン 美) 小笠倫弘 484 -6 2 2
07 13/4 安藤勝己 57.0 2.27.3 36.7 -2--2--2--1 3 6.6 サンデーサイレンス / アイドリームドアドリーム 栗) 庄野靖志 526 +6 9 6
08 11/2 川田将雅 57.0 2.27.5 36.0 -6--6--7--8 10 53.5 エンドスウィープ / ベリーローズ 美) 小西一男 474 -8 12 7
09 アタマ 赤木高太 57.0 2.27.5 36.2 -6--6--6--7 14 122.0 キンググローリアス / ワンダーヘリテージ 栗) 羽月友彦 474 -2 5 4
10 クビ 岩田康誠 57.0 2.27.6 37.0 -1--1--1--2 4 7.4 フォーティナイナー / エイシンサンサン 栗) 坂口正則 490 +6 10 6
11 1/2 小牧太 57.0 2.27.7 36.1 -9--9-10--8 12 86.0 リアルシヤダイ / ハイフレンドバード 美) 根本康広 482 -4 14 8
12 スボリッ 56.0 2.28.4 37.6 -5--3--4--3 11 72.5 トウカイテイオー / ダイイチコパン 美) 松山将樹 496 +10 8 5
13 クビ 松岡正海 57.0 2.28.5 37.6 -2--3--4--3 7 27.2 タヤスツヨシ / ツキノマイヒメ 美) 伊藤大士 458 -8 1 1
14 太宰啓介 57.0 2.29.2 38.4 -2--3--3--3 8 31.2 ジェニュイン / ユニバース 栗) 本田優  530 +2 11 7
~払い戻し~
単勝 3番 (1人) 2.2 枠連 3-3 (26人) 130.2 複勝 3番(1人)
4番(11人)
6番(4人)
1.4
11.4
2.3
ワイド 3-4(29人)
3-6(2人)
4-6(50人)
28.2
3.9
53.1
3連複 3-4-6 (66人) 238.1 馬連 3-4 (31人) 127.4
3連単 3-4-6 (389人) 1,698.7 馬単 3-4 (50人) 172.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ダークメッセージ O.ペリエ騎手
「ゲートで立ち上がって遅れてしまいました。まくっていこうかと思っていたのですが、どこかで内が開くだろうと思い、我慢していました。しかし思う様にペースが上がらず困っていたのですが、4コーナーでいい具合にスペースが開いて、追ったら抜群の伸びを見せてくれました。もっと距離があっても大丈夫だし、相手が強くなっても楽しみです」
佐々木晶三調教師
「5年前のタップダンスシチーが勝ったレースですからね。縁起がいいですよ。これで賞金的に春の天皇賞にいけるでしょう」闥ヌ走から直線抜け出し、1番人気アドマイヤワールドに9馬身差をつけて圧勝。3戦目で初勝利。
ダノンヴィッターは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母タガノヴィヴィアン(母の父ティンバーカントリー)。
-レース後のコメント-
1着 ダノンヴィッター(横山典騎手)
「今日は勝たせるためのレース。本来はもっと実力を期待している馬。3戦目で1つ勝てたのでこれからのレースぶりに期待したい」
2着 アドマイヤワールド(田中勝騎手

予想動画
関連記事
関連つぶやき