村山明 調教師 に関する記事

私の頼もしい仲間から届いた、「デイリー杯2歳Sなどの注目馬情報」

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

【私の頼もしい仲間から届いた、「デイリー杯2歳Sなどの注目馬情報」】必見!「馬主や厩舎OBがブ厚く勝負するガチンコ買い目」は、下記のリンク先で確認できます(完全無料)。↓ ↓ ↓ ↓★ ここをクリック ★・・・・・・・・・・おはようございます。元JRA調教師で、今は、「パーフェクトホースマンズ」の「調教師情報部」に所属している山田要一です。乗り役の江田照男君は、節目のJRA通算900勝まで「あと2つ」に迫っています。彼は、1990年に田子冬樹厩舎からデビューしていて、その年に、サファリオリーブに乗った新潟記念で初めての重賞勝ちを飾るなど、全部で27勝を上げて、関東の新人騎手賞にあたる、「民放競馬記者クラブ賞」をもらっていました。ちなみに、まだ現役で頑張っている北沢信也君と浜野谷憲尚君や、今は調教師をやっている牧田和弥君と村山君などは競馬学校の同期です。そして江田君は、プレクラスニー

11/09 09:15

私の頼もしい仲間から届いた、「デイリー杯2歳Sなどの注目馬情報」

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

【私の頼もしい仲間から届いた、「デイリー杯2歳Sなどの注目馬情報」】必見!「馬主や厩舎OBがブ厚く勝負するガチンコ買い目」は、下記のリンク先で確認できます(完全無料)。↓ ↓ ↓ ↓★ ここをクリック ★・・・・・・・・・・おはようございます。元JRA調教師で、今は、「パーフェクトホースマンズ」の「調教師情報部」に所属している山田要一です。乗り役の江田照男君は、節目のJRA通算900勝まで「あと2つ」に迫っています。彼は、1990年に田子冬樹厩舎からデビューしていて、その年に、サファリオリーブに乗った新潟記念で初めての重賞勝ちを飾るなど、全部で27勝を上げて、関東の新人騎手賞にあたる、「民放競馬記者クラブ賞」をもらっていました。ちなみに、まだ現役で頑張っている北沢信也君と浜野谷憲尚君や、今は調教師をやっている牧田和弥君と村山君などは競馬学校の同期です。そして江田君は、プレクラスニー

11/09 09:11

2024 「農林水産大臣賞典第19回JBCシリーズ」が行われました。

つれづれなる、会計事務員の雑記帳。

:24:9 37.4 602 7 ⑩ コパノキッキング(JRA) 騙4 57.0 藤田菜七子(JRA) 村山 485 -3 1:25:0 クビ 38.4 203 6 ⑦ トロヴァオ(大井) 牡6 57.0 矢野貴之(大井) 荒山勝徳 469 +1 1:25:7 3 37.9 1104 8 ⑫ ノボバカラ(JRA) 牡7 57.0 藤本現暉(大井) 森 秀行 507 +2 1:25:7 ハナ 37

11/08 07:27

イーベンホルツ、今度は千八!

kumiyama-shcのブログ

で、その動きをみながら来週か再来週の京都・ダート1800m戦への出走を検討しま~す。村山調教は「距離を延ばして、ジワァ~~と流れに乗っていくような競馬をさせたいと考えていま~す」と話していま~す。・・・との事、てっきり1400D戦だと思っておりましたが、ここで千八! 前に行ったら、お終いバタバタになるのが見え見えですから後方待機からの直線爆発を期待したいですね!!16日の1800D戦か17日の1800D戦

11/07 00:23

JBCスプリント2019の回顧【浦和競馬1400m JpnⅠ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

!2着:△コパノキッキング [JRA] セ4 黒鹿毛父Spring At Last母Celadon(Gold Halo) 小林祥晃藤田菜(JRA) 57.0K村山(JRA)先行勢では最先着。直線は完全に抜け出したのだが、本当に残念。ただ、最後に差されたのは結果論。良い騎乗だった。3着:トロヴァオ [大井] 牡6 栗毛父カネヒキリ母サワズソング(Cox’s Ridge) (有)キャロットファーム

11/07 00:00

菜七子のG1初制覇はお預け「勝てなかったのが悔しい」 JBCスプリント2着

爺KENの「競馬」が私の生きる道

【菜七子のG1初制覇はお預け「勝てなかったのが悔しい」 JBCスプリント2着】 藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=は11月4日、浦和競馬場で行われたJBCスプリント・交流G1(ダート1400メートル)で騎乗したコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山厩舎)が首差の2着に敗れ、念願のG1制覇はならなかった。 菜七子騎手は今回と同じコパノキッキングと挑んだ10月の東京盃・交流G2(大井)で初の重賞タイトルを手にしたばかり。今年2月のフェブラリーSでは、デビュー4年目で初めてG1騎乗。今回は3度目のG1挑戦だったが、ゴール寸前で地元ブルドッグボス(牡7歳、浦和・小久保智厩舎)の強襲に屈した。 藤田菜七子騎手(コパノキッキング=2着)「とても悔しいです。チャンスのある馬に引き続き乗せてもらい、勝てなかったのが悔しい。もう、そのひと言です。メンバーを見て番手につける競馬をしようと思っ

11/04 23:04
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

【JBCスプリント】御神本「菜七子ちゃんのG1を見届けたかったと思うんですけど…」浦和所属馬がV!

爺KENの「競馬」が私の生きる道

・JBCスプリント(Jpn1・3歳上オープン・ダ1400m)で6番人気、御神本訓史騎乗、ブルドッグボス(牡7・浦和・小久保智)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のコパノキッキング(せん4・栗東・村山)、3着にトロヴァオ(牡6・大井・荒山勝徳)が入った。勝ちタイムは1:24.9(重)。 1番人気で福永祐一騎乗、ミスターメロディ(牡4・栗東・藤原英昭)は、6着敗退。【JBCスプリント】御神本「菜七子ちゃん

11/04 22:47

【JBCスプリント】菜七子「悔しいに尽きる」初G1勝利は持ち越し

爺KENの「競馬」が私の生きる道

ですね」 レース結果、詳細は下記のとおり。 4日、浦和競馬場で行われた9R・JBCスプリント(Jpn1・3歳上オープン・ダ1400m)で6番人気、御神本訓史騎乗、ブルドッグボス(牡7・浦和・小久保智)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のコパノキッキング(せん4・栗東・村山)、3着にトロヴァオ(牡6・大井・荒山勝徳)が入った。勝ちタイムは1:24.9(重)。 1番人気で福永祐一騎乗、ミスターメロディ(牡4・栗東

11/04 22:36

Don't Stop 恋  超特急

馬三郎の替え歌

菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=は11月4日、浦和競馬場で行われたJBCスプリント・交流G1(ダート1400メートル)で騎乗したコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山厩舎)が首差の2着に敗れ、念願のG1制覇はならなかった。 菜七子騎手は今回と同じコパノキッキングと挑んだ10月の東京盃・交流G2(大井)で初の重賞タイトルを手にしたばかり。今年2月のフェブラリーSでは、デビュー4年目で初めて

11/04 21:49

2019 JBC3競走 結果 初の浦和開催。藤田菜七子騎手の快挙達成の歴史的瞬間は?

趣味のブログ

スプリント」。こちらはJRA馬5頭を含む12頭が参戦した。「コンパノキッキング」(2番人気、せん4歳、栗東・村山厩舎)は道中3番手に付け、勝負どころの3コーナーから進出を始め、最後の直線で先頭に抜け出し、後続を突き放した。しかし、道中中団から豪快な脚で猛追して来た「ブルドックボス」(6番人気)にゴール寸前で交わされ、クビ差の2着に敗れた。「藤田菜七子」騎手の地方・中央通じて日本人女性騎手史上初のG1制覇

11/04 17:35