岩城博俊 調教師 に関する記事

2位との差を広げるために、秋華賞を勝ちたい筈です

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

ていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、1996年の若葉Sを勝って、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスを管理していて、この馬を担当していたのが小島君です。その後、彼は、1999年の11月から2002年の2月まで岩城博俊厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン・オックス厩舎で色々なことを勉強していました。そして、2003年に自分の厩舎を開業した小島君

10/13 09:52

2位との差を広げるために、秋華賞を勝ちたい筈です

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

ていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、1996年の若葉Sを勝って、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスを管理していて、この馬を担当していたのが小島君です。その後、彼は、1999年の11月から2002年の2月まで岩城博俊厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン・オックス厩舎で色々なことを勉強していました。そして、2003年に自分の厩舎を開業した小島君

10/13 09:49

京成杯AHと紫苑Sに感じる、「魚市場で働いていたK君」の勝負気配

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

の厩舎で調教助手をやっていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、私がすぐに思い付くのは、1996年の若葉Sで強い勝ち方をして、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスで、この馬を担当していたのが小島君でしたね。浅野厩舎を出た後の小島君は、1999年の暮れから2002年の2月まで、岩城博俊君の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン

09/04 11:43

京成杯AHと紫苑Sに感じる、「魚市場で働いていたK君」の勝負気配

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

の厩舎で調教助手をやっていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、私がすぐに思い付くのは、1996年の若葉Sで強い勝ち方をして、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスで、この馬を担当していたのが小島君でしたね。浅野厩舎を出た後の小島君は、1999年の暮れから2002年の2月まで、岩城博俊君の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン

09/04 11:43

京成杯AHと紫苑Sでは、「アイルランドの名門厩舎で馬のことを勉強しとった先生」に注目しとります

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

から2002年の2月まで、岩城博俊君の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン・オックス厩舎で色々なことを勉強していました。ジョン・オックス厩舎と言えば、皆さんもよく知っている通りで、小島君が行く前には、シンダーで2000年のイギリスダービーや凱旋門賞などを勝っていましたし、彼が日本に戻ってからも、アラムシャーで2003年のキングジョージ

09/03 12:30

京成杯AHは、「魚市場で働いていた先生の勝負気配」に注目しています

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

ていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、私がすぐに思い付くのは、1996年の若葉Sで強い勝ち方をして、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスで、この馬を担当していたのが小島君でしたね。浅野厩舎を出た後の小島君は、1999年の暮れから2002年の2月まで、岩城博俊君の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン・オックス厩舎で色々なことを勉強

09/02 12:46

「新潟記念を勝って、もっとペースを上げたい」と考えているのでしょう

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

年の11月から2002年の2月まで、岩城博俊先生の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師としてアイルランドに行って、ジョン・オックス厩舎で色々なことを勉強していました。そして、2003年に自分の厩舎を開業した小島先生は、2008年に、ブラックエンブレムを使ったフラワーCで初めての重賞勝ちを飾っていましたし、秋にはこの馬で秋華賞を勝つなど、全部で25勝を上げて、今

08/28 12:41

札幌日刊スポーツ杯は、横浜から漂う、競走馬セール絡みの…

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

」で働き始めました。そこで馬乗りを覚えて、1992年の神戸新聞杯と中日スポーツ賞4歳Sを勝ったキョウエイボーガンなどの調教を付けていたんですよ。1993年に競馬学校の厩務員課程に入った彼は、その年の7月から嶋田功厩舎で厩務員をやって、1994年からの5年間は浅野洋一郎厩舎で、1999年の11月から調教師の試験に受かった2002年の2月までは岩城博俊厩舎で、それぞれ調教助手をやっていて、試験に受かった後

08/17 09:12

札幌日刊スポーツ杯は、横浜から漂う、競走馬セール絡みの…

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

」で働き始めました。そこで馬乗りを覚えて、1992年の神戸新聞杯と中日スポーツ賞4歳Sを勝ったキョウエイボーガンなどの調教を付けていたんですよ。1993年に競馬学校の厩務員課程に入った彼は、その年の7月から嶋田功厩舎で厩務員をやって、1994年からの5年間は浅野洋一郎厩舎で、1999年の11月から調教師の試験に受かった2002年の2月までは岩城博俊厩舎で、それぞれ調教助手をやっていて、試験に受かった後

08/17 09:10

小倉記念は、「アイルランドの名門厩舎で学んどった先生」が…

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

からの5年間は、浅野洋一郎君の厩舎で調教助手をやっていました。ちなみに、その頃の浅野厩舎と言えば、私がすぐに思い付くのは、1996年の若葉Sで強い勝ち方をして、皐月賞でも4着だったミナモトマリノスで、この馬を担当していたのが小島君でしたね。浅野厩舎を出た後の小島君は、1999年の暮れから2002年の2月まで、岩城博俊君の厩舎で調教助手をやって、2002年に調教師の試験に受かると、技術調教師

07/31 16:17