尾形充弘 調教師 に関する記事

オールカマーのレース傾向

データマイニング予測中心 だいたい競馬日和

博之河野通文2012年二ノ宮敬上原博之松田博資2013年相沢郁武田博池江泰寿2015年高野友和斎藤誠萩原清2016年中川公成池江泰寿尾形充弘2017年大竹正博藤原英昭国枝栄2018年藤沢和雄池江泰寿音無秀孝 池江調教師はまずまずの相性ですが今年は管理馬の登録がないようです。調教師で絞り込むのは難しそうです。 前走レース別の成績年 1着 2着 3着 2009年札幌記念宝塚記念エプソムカッ2010年

09/19 08:00

令和元年9月1日(日)【新潟記念】を検証しました。

競馬の達人からのお知らせ?

【令和元年9月1日(日)【新潟記念】を検証しました。】令和元年9月1日(日)新潟競馬の検証です。【お詫び】私事で申し訳ありません。名古屋の叔母が倒れて毎週名古屋へ見舞い、引っ越しの処分、マンションの売却などに追われて精神的疲労も増しレース検討にも集中力に欠ける日々なので解読出来た部分だけをお伝えします。ご理解頂ければ幸いです。9R「岩室温泉」⇒室⇒デ(ムーロ)騎手に注意⚠️エブリ(バディ⇒スタイル⇒素肌⇒岩室温泉)❎尾形厩舎に注意⚠️ル(ミナリ⇒カミナリ⇒雷光)ー(スピン⇒素っぴん姿⇒入浴⇒岩室温泉)❎奥平厩舎に注意⚠️サンタナ(ブルー⇒青光り⇒閃光⇒雷光)Mデ(ムーロ⇒室⇒岩室温泉)騎手(スーパー⇒銭湯⇒岩室温泉)アキラ田辺騎手注意枠は57枠10R「弥 彦」(アルミ⇒金属⇒放電⇒雷光)レーナ❎国枝厩舎メルヴィンカズマ❎(高柳⇒落雷⇒雷光)厩舎(コーカ⇒降下⇒落雷⇒雷光)ス戸崎騎手注意枠

08/31 17:09

令和元年9月1日(日)【新潟記念】の解読です。

競馬の達人からのお知らせ?

【令和元年9月1日(日)【新潟記念】の解読です。】令和元年9月1日(日)新潟競馬【お詫び】私事で申し訳ありません。名古屋の叔母が倒れて毎週名古屋へ見舞い、引っ越しの処分、マンションの売却などに追われて精神的疲労も増しレース検討にも集中力に欠ける日々なので解読出来た部分だけをお伝えします。ご理解頂ければ幸いです。9R「岩室温泉」エブリバディ❎尾形厩舎ルミナリースピン❎奥平厩舎注意枠は57枠10R「弥 彦」アルミレーナ❎国枝厩舎メルヴィンカズマ❎高柳厩舎注意枠は56枠枠連は57、58、67、68の四点にも注意⚠️11R「新潟記念」(G3)プレゼンターは「土屋太鳳」です。(土)屋太鳳⇒(木)幡騎手クラウンディバイダ天間厩舎土屋(太)鳳⇒戸崎圭(太)フランツ音無厩舎フレーズは「注目のサマー2000シリーズ最終戦」フレーズの「最終戦」の(最終)⤵️(ゴール)ドサーベラス清水厩舎アクート❎宗像厩舎

08/30 07:49

追憶の名馬たち12 1973年

元厩務員の追憶

【追憶の名馬たち12 1973年】 夏復帰、失われた1年9カ月を取り戻すかのように、最下級条件から一気に頂点に上り詰めたタニノチカラ。名門尾形厩舎が送り出した世界の良血、ハクホオショウ。強すぎる世代に揉まれ、その良血をようやく開花。力でつかんだ天皇賞1番人気も、スタート直後、骨折・競走中止。夢は終わった。明と暗。ハクホオショウは天皇賞を最後に引退。故障癒えて種牡馬となった。障害で活躍したハクホオダンディを出した程度で活躍馬には恵まれず、1988年11月、種付け後に突然暴れ出し、頭を強打、心臓破裂を起こして死亡した。19歳だった。天皇賞馬となったタニノチカラは有馬記念に挑戦することとなった。ファン投票による出走馬選出を基本に行われる有馬記念。この年、ファン投票第1位となったのは、超アイドルホース・ハイセイコー。ダービーで負け、トライアルで負け、菊花賞でもハナ差負けたハイセイコー。負けても負け

08/30 07:00

プレゼンス近況(8/21)

あきちゃんの一口馬主伝説

【プレゼンス近況(8/21)】プレゼンスの近況が報告された。~以下、公式サイトより~その後、先週の木曜日に右前肢に軽度の挫石の症状があり、数日は軽めの運動にとどめました。幸い大きな問題はなく、治療をおこなって回復傾向にありますので、あす22日(木)から乗り出す予定です。今後の動きを見ながら、中山開催での出走を目指していきます。そろそろ尾形厩舎時代のつけが回ってきたのか、ケガが多くなってきたのかな?それでも、軽度のようで中山開催を目指せるみたいなので安心した。なんとか、格好のつく競馬が見たいので田中博康調教師にお願いしたい。新馬は調子が良いみたいなのて、プレゼンスも頼みますよ!!!

08/21 23:04

ストラテジー

もちおの、一口馬主でもっちもち。

厩舎 3.5万円/1400万円1勝C現役→掲示板を外した事の無い孝行娘。1勝Cもメド。キャロット無抽選ブロードハースト 父:スクリーンヒーロー牝馬 栗東・高柳大厩舎 3.5万円/1400万円1勝C引退→勝ち上がってくれたが、その後骨折引退。ノルマンディー無抽選レイヴンキング 父:エイシンフラッシュ牡馬 美浦・尾形厩舎 3.4万円/1360万円未勝利現役→未勝利も、障害馬として現役続行

08/19 12:25

追憶の名馬たち1 1971年

元厩務員の追憶

番人気はヤシマライデン。勢いの差はありあり。東の名門・尾形厩舎というのも、人気に拍車をかけた。勝ったのは、3番人気メジロゲッコウ。2着ヤシマライデン、3着ベルワイド。ロングワン8着。生まれてすぐに母を亡くし『菩薩』と名付けられた母メジロボサツは7連勝で朝日杯を制し、桜花賞3着、オークス2着した名牝。ちなみに、メジロボサツの仔メジロナガサキからメジロビューティーが生まれ、その仔が桜花賞2着、オークス

08/18 10:00

追憶の名馬たち10 1970年

元厩務員の追憶

、名門・尾形厩舎の良血フイニイ。天皇賞を10度制した尾形厩舎の主戦・保田隆芳が主に手綱を取っていたが、前年引退。双璧といわれた名手・野平祐二を擁して無冠返上を大命題に7歳馬の執念を見せる。『ダテ一族』の夢は菊花賞でダテテンリュウが成し遂げたが、己が身でも頂点を狙うダテハクタカ。鳴尾記念、ハリウッドターフクラブ賞を勝った関西の気鋭ニューキミノナハ。フイニイの主戦だった保田隆芳が引退し、厩舎開業するに当たってであり尾形厩舎から譲り受けたメジロアサマ。尾形厩舎の同期四天王(ミノル、ワイルドモア、ハクエイホウ、メジロアサマ)の1頭ではあったが、クラシック戦績はダービーの16着のみであり四天王のみそっかすと蔑まれた。古馬となり保田厩舎に転厩してから、安田記念、函館記念を制覇。頭角を表わしてきた。11月29日、天皇賞秋。1.キンセンオー2.タケブエ3.フイニイ4.マジョルカ5.ダテハクタカ6.コマカブト7

08/17 14:00

追憶の名馬たち7 1970年

元厩務員の追憶

にとって・・・どれほどにNHK杯を勝ったことが誇らしかったのかを物語っていた。東西対決、いま以上にファンの中にあった確執。2頭だけのダービーじゃない。打倒AT、燃える馬たち。名門・尾形厩舎の逸材アイアンモア。この年、『メジロ』の総大将メジロムサシ。皐月賞では逃げれなかった快速トレンタム。皐月賞4着、カントリー牧場の僚友・タニノモスボロー。そして、ダテホーライ、ダテハクタカに続いて伊達牧場が送り込んだウイルディール

08/17 11:00

追憶の名馬たち4 1970年

元厩務員の追憶

【追憶の名馬たち4 1970年】  桜の女王はタマミが制した。『美少女』は速さを、強さを、まざまざと見せつけた。4馬身差、圧勝。4歳牡馬ははたして、AT対決、アローエクスプレスvsタニノムーティエで終わるのか?1970年、4月12日。皐月賞。空は晴れ渡ったが、前日の雨で馬場は重馬場。当時、水はけの悪さでは有名だった中山競馬場。ドロンコ馬場に泣かされた馬は多い。AT対決に恐れをなしたか、12頭立てだった。1.ハイプリンス2.グランドプロス3.アローエクスプレス4.アイアンモア5.タニノモスボロー6.ウメノダイヤ7.プランジャー8.メジロムサシ9.クリシバ10.アカネライサン11.タニノムーティエ12.トレンタム出て来る以上、狙いは1着。AT何するものぞ。関東の名門・尾形厩舎が送り出すアイアンモア。北海道3歳S、シンザン記念を勝ったハイプリンス。未勝利脱出に7戦も要したが、2勝目を上げる

08/16 21:00