山本正司 調教師 に関する記事

紫苑Sは、「JRA全10場重賞制覇しとる先生」に注目や

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

を管理しとる松永先生は、1983年に競馬学校の騎手課程に入って、1986年に山本正司先生の厩舎からデビューしとって、同期には、横山典弘君や、熊沢重文君とかがおるんや。調教師の試験に受かった2006年の2月に乗り役を引退するまで、松永先生は、重賞を54勝、JRA通算で1400勝を上げとったし、イソノルーブルで勝った1991年のオークスや、ファビラスラフインで勝った1996年の秋華賞や、キョウエイマーチ

09/06 16:10

新潟2歳Sは、「ダイナカールの厩舎で働いとった先生」の管理馬に注目やな

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

【新潟2歳Sは、「ダイナカールの厩舎で働いとった先生」の管理馬に注目やな】■□ 競馬ファンは必見! □■「元JRA騎手」のワシが掴んだ、「新潟2歳S」や「キーンランドC」などの「激アツお宝情報」を「完全無料」で公開するんや!詳細はこちら。↓↓↓↓↓★ ここをクリック ★・・・・・・・・・・こんちは。鎌田光也ですわ。7月21日(日)の中京記念を勝った、松永幹夫厩舎のグルーヴィット(牡3歳・父ロードカナロア)は、次走の予定が、9月8日(日)の京成杯AHになっとります。このブログを熱心に読んどる方なら知っとるやろうけど、この馬を管理しとる松永先生は、1983年に競馬学校の騎手課程に入って、1986年に山本正司さんの厩舎からデビューしとって、同期には、横山典弘君や、熊沢重文君とかがおるんや。調教師の試験に受かった2006年の2月に乗り役を引退するまで、松永先生は、重賞を54勝、JRA通算で1400勝

08/22 15:06

追憶の名馬たち14 1971年

元厩務員の追憶

に目の当たりにする辛さ。何もしてやれないわれわれは、ただ、涙するだけ。愚かな、狼狽(うろた)え人。馬たちは、何を思い走るのだろうか?答えなどない。ただ、キーストンは、己が哀しみの中で人間の大罪を許してくれた。新馬を10馬身差圧勝してから6連勝した快速馬。小さな体で前へ前へと走る馬だった。皐月賞を14着と惨敗したキーストン。オーナーから騎手・山本正司を替えろッ、と声が上がった。そんな山本が馬房へ行く

08/18 22:30

もっと勢いを付けるために、クイーンSを勝ちたいのでしょうね

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

君は、デビューしてから引退するまで、フリーにはならんで、ずっと、ヘヴンリーロマンスとかを育てた山本正司さんの厩舎におって、2007年の2月一杯で、山本さんが定年で引退することが決まっとったから、厩舎を引き継ぐために調教師を目指して、2006年に試験に受かって、38歳の若さで乗り役を引退しとるんですわ。それから、2007年の3月に自分の厩舎を開業して、その年は16勝で、次の年も16勝やったけど、3年

07/25 13:25

もっと勢いを付けるために、クイーンSを勝ちたいのでしょうね

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

君は、デビューしてから引退するまで、フリーにはならんで、ずっと、ヘヴンリーロマンスとかを育てた山本正司さんの厩舎におって、2007年の2月一杯で、山本さんが定年で引退することが決まっとったから、厩舎を引き継ぐために調教師を目指して、2006年に試験に受かって、38歳の若さで乗り役を引退しとるんですわ。それから、2007年の3月に自分の厩舎を開業して、その年は16勝で、次の年も16勝やったけど、3年

07/25 13:23