中尾謙太郎 調教師 に関する記事

令和元年9月22日(日)阪神【神戸新聞】を解読しました。

競馬の達人からのお知らせ?

⇒ボーダーシャツ⇒ラグビー) ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️ ⏫⏫⏫⏫シフル(マン⇒ラガーマン)中尾厩舎に注意⚠️今週のNHKのど自慢のゲストは「大丈夫」氷川きよし「秋田音頭-AKITA・ONDO-」藤あや子の二人です。氷川きよし⇒(氷)⇒ロック酒⤵️レッドジェニアル(酒)井騎手に注意⚠️(氷)⇒グラス

09/19 21:56

神戸新聞杯 2019 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

怪奇!単複男

ない。 【主戦のルメール騎手】 「先週乗りましたが、すごくいい動きでした。コンディションは良さそうです。ダービーはスタートで出遅れたので、2400メートルが長いかどうかは分からない。改めてスタミナのテストですね」 【辻野助手】 「前走後は放牧で成長を促しました。ダービー前の立ち上げに比べると、体に余裕があって、精神的にも大人になっています」 ◆シルフマン 【牡3・中尾厩舎】 《19日(木)最終追い切り

09/19 21:50

今週の重賞【神戸新聞杯】3着馬を探すレースか?

血統中心に競馬予想。目指せ回収率100%超え

でしょう。近5年、ダービー組で1.2.3着独占はなく、必ず1頭は別路線の馬が来ます。今年も1頭探すなら、前にいける強みのあるこの馬か⁉️シフルマン父ハービンジャー(4.3.6.34)母父サンデーサイレンス(9.9.10.78)松山騎手中尾厩舎(0.0.0.1)前走、京橋特別は内を先行し、直線で外に捌いて快勝。立ち回りの器用さを示しました。若葉Sではヴェロックスに0.6秒差つけられて敗退しましたが、一夏越

09/18 22:49

セントライト記念・3連複1万190円の万馬券的中!

競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

くださいね!最後とはなりますが、ここで神戸新聞杯における人気薄でも買うべき馬の公開です!栗東・中尾厩舎のシフルマン!春のクラシック路線には縁がなかったのですが、5月に500万、6月に2勝クラスを連勝。地道に力をつけていました。2400mは初距離となりますが、ハービンジャー産駒だけに融通は利きそうです。人気のサートゥルナーリアは距離適性に関してまだ不透明な部分を残しており、夏の成長を加味すれば付け入る隙

09/17 08:14

セントライト記念では、「お祖父さんが馬主だった先生」の管理馬に注目しとります

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

などを育てた中尾謙太郎さん(2004年に引退)と、1997年の皐月賞とダービーを勝ったサニーブライアンなどを育てた中尾銑治(せんじ)さん(2006年に引退・故人)は、伯父さんにあたるんですわ。そんな競馬一家に生まれた秀正先生は、当たり前やけど、「自分も競馬に関わる仕事をしたい」と考えるようになって、1985年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の7月から親父さんの厩舎で厩務員をやって、11月

09/12 14:54

紫苑Sは、「JRA全10場重賞制覇しとる先生」に注目や

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

にある「グランド牧場」で働き始めて、1986年に競馬学校の厩務員課程を出た後、その年の10月から、ナリタハヤブサや、キョウトシチーや、ファイトガリバーとかを育てた中尾謙太郎さんの厩舎で厩務員と調教助手をやって、1997年の1月からは、クロフネや、フサイチエアデールや、ブロードアピールとかを育てた松田国英君の厩舎で調教助手をやって、2000年に調教師の試験に受かっとりますな。そんで、2001年に自分に厩舎を開業

09/06 16:10

出資して良かった厩舎

Edison Times Square

も経験。勝ち上がりをしてからも、半年近く成長放牧に出して、gdgd荻野騎手を何回も使ったり川田騎手に辿り着いて覚醒するまでかなりの時間を要したので個人的には好き嫌い別れる厩舎だと思います。メールドグラース、キタサンブラックと強い馬がいるだけにネームバリューは良いと思うけど個人的は普通よりもあまり好きじゃない厩舎中尾厩舎ラブラドリカお世辞にも強い馬ではなかったけど、最後まで使い続けてくれたかなと思い

08/18 21:38

過労死した皐月賞馬・ハードバージ

馬のたより

騎手はハードバージの背中にいなかった。福永騎手はダービーではホリタエンジェルという馬の背中にいた。ホリタエンジェルの中尾調教は新馬の時から福永騎手に騎乗を依頼して「ダービーに出れたら福永騎手に乗ってもらいたい」と福永騎手に言っていた。福永騎手は皐月賞馬の背中よりもその約束を守ったのである。後日、福永騎手が落馬事故で再起不能になり、ダービー未勝利のまま引退した時、中尾調教は「こんなことならば、洋一

08/13 10:25

レパードSと小倉記念は、「海外G1トレーナー」の管理馬に注目や

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

とかを育てた中尾謙太郎さんの厩舎で厩務員と調教助手をやって、1997年の1月からは、クロフネや、フサイチエアデールや、ブロードアピールとかを育てた松田国英君の厩舎で調教助手をやって、2000年に調教師の試験に受かっとりますな。そんで、2001年に自分に厩舎を開業するまでの1年間は、森秀行君の厩舎や、藤沢和雄君の厩舎で技術調教師をやって、馬のことだけやなくて、厩舎についての色んなことを学んどったんや。最初

08/01 15:47

レパードSと小倉記念を勝って、ペースを上げたいのでしょう

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

について、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のHさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。‥‥‥‥‥‥‥‥‥石川県出身の角居勝彦君は、金沢桜丘高校を出てから、静内にある「グランド牧場」で働き始めて、1986年に競馬学校の厩務員課程を出た後、その年の10月から、ナリタハヤブサや、キョウトシチーや、ファイトガリバーとかを育てた中尾謙太郎さんの厩舎で厩務員と調教助手をやって、1997年の1月からは、クロフネ

07/30 14:20