諏訪富三 調教師 に関する記事

中山金杯では、「上場企業で働いていた調教師の管理馬」が気になります

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

た中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたんですよ。大学を出た後は、電気設備工事などをやっている「関電工」(東証1部)で、経理の仕事をしていたんですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎で厩務員をやって、二ノ宮敬宇(よし

01/04 15:11

中山金杯では、「上場企業で働いていた調教師の管理馬」が気になります

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

た中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたんですよ。大学を出た後は、電気設備工事などをやっている「関電工」(東証1部)で、経理の仕事をしていたんですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎で厩務員をやって、二ノ宮敬宇(よし

01/04 15:09

中山金杯で、「中山競馬場の誘導馬を世話していた先生」から目が離せない理由

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

」(東証1部)で、経理の仕事をしていたんですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎で厩務員をやって、二ノ宮敬宇(よしたか)厩舎で調教助手をやって、2003年に自分の厩舎を開業しました。初めの年は、「6勝・獲得賞金1億2370万円

12/28 14:17

ステイヤーズSでは、「新人調教師が使う馬」に注目です

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

に通っている時、アルバイトで夕刊紙の競馬記者をやったことがきっかけで、「この世界で働きたい」と思うようになって、結局、大学を中退して、しばらく牧場で働いた後、27歳だった1998年の1月に、競馬学校の厩務員課程に入りました。その年の7月に、諏訪富三厩舎の厩務員になった彼は、10月に浅野洋一郎厩舎に移って、ここで調教助手と調教厩務員をやって、2001年の1月に小桧山悟厩舎の調教厩務員になって、2011年

12/03 20:02

「海外のG1を6勝もしている調教師」が、チャンピオンズCとステイヤーズSで…

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

に通っている時に、実家から近かった中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたんですよ。大学を出た後は、電気設備工事などをやっている「関電工」(東証1部)で、経理の仕事をしていたんですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎

12/03 19:26

「海外のG1を6勝もしている調教師」が、チャンピオンズCとステイヤーズSで…

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

に通っている時に、実家から近かった中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたんですよ。大学を出た後は、電気設備工事などをやっている「関電工」(東証1部)で、経理の仕事をしていたんですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎

12/03 19:22

ステイヤーズSで、「一橋大学に通っていた調教師」に感じる勝負気配

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

で、「この世界で働きたい」と思うようになって、結局、大学を中退して、しばらく牧場で働いた後、27歳だった1998年の1月に、競馬学校の厩務員課程に入りました。その年の7月に、諏訪富三厩舎の厩務員になった彼は、10月に浅野洋一郎厩舎に移って、ここで調教助手と調教厩務員をやって、2001年の1月に小桧山悟厩舎の調教厩務員になって、2011年の3月からここの調教助手をやっていたんですよ。30代の間は持ち乗りの仕事

11/30 13:08

ステイヤーズSで、「一橋大学に通っていた調教師」に感じる勝負気配

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

で、「この世界で働きたい」と思うようになって、結局、大学を中退して、しばらく牧場で働いた後、27歳だった1998年の1月に、競馬学校の厩務員課程に入りました。その年の7月に、諏訪富三厩舎の厩務員になった彼は、10月に浅野洋一郎厩舎に移って、ここで調教助手と調教厩務員をやって、2001年の1月に小桧山悟厩舎の調教厩務員になって、2011年の3月からここの調教助手をやっていたんですよ。30代の間は持ち乗りの仕事

11/30 13:05

チャンピオンズCなどでは、「東証一部上場の会社を辞めて競馬学校に入った先生」が使う馬に注目です

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三厩舎で厩務員をやって、二ノ宮敬宇(よしたか)厩舎で調教助手をやって、2003年に自分の厩舎を開業しました。初めの年は、「6勝・獲得賞金1億2370万円」という成績でしたけど、次の年に、「16勝・獲得賞金2億2801万円」と大きく数字

11/30 12:17

今日のメインレースについて、「絶好調の一口馬主クラブが使う馬に注目」という報告が届きました

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

で、「競馬の世界で働きたい」と思うようになって、結局、大学を中退して、しばらく牧場で働いた後、27歳だった1998年の1月に、競馬学校の厩務員課程に入りました。その年の7月に、諏訪富三厩舎の厩務員になった先生は、10月に浅野洋一郎厩舎に移って、ここで調教助手と調教厩務員をやって、2001年の1月に小桧山悟厩舎の調教厩務員になって、2011年の3月からここの調教助手をやっていたんですよ。一昨年、5回目の挑戦

11/21 09:23
当ページを共有する