Futurity Trophy Stakes(2018/10/27) に関する記事

エプソムダービー2019出走馬ガイド

Nathanielの競馬ブログ

2)1着昨秋のマイル戦、チャンピオンズジュヴェナイルSで、ブルームに2馬身半差完勝。2000ギニーは、マグナグレシアから4馬身半差の2着だった。父ドーンアプローチは13年エプソムダービーで圧倒的人気に推されるも、ひっかかって12着に大敗した。いとこのオータードは、16年愛2000ギニー勝ち馬。【馬名】サーカスマキシマス Circus Maximus 3牡【厩舎】Aidan P O'brien(愛国

05/31 20:32

ペルシアンキング・仏国スタミナ血統と父のスピード

Nathanielの競馬ブログ

は愛国・オブライエン厩舎の3頭を2~4着に従える形で、クビ差で1着。フランス調教馬にとって9年ぶりの、同レース優勝だった。オータムSでペルシアンキングが下した相手を見てみると、そのレベルの高さが浮き彫りになる。2着マグナグレシアは、オータムSの次走に、GI・フューチュリティトロフィー(旧名称レーシングポストトロフィー)を勝ち、今年初戦の英2000ギニーも快勝。マグナグレシアは現在4戦3勝、内GI2勝。今のところ先着を許した馬は、ペルシアンキングしかいない。オータムS3着のサーカスマキシマムズは、次走にフューチュリティトロフィーを走り、マグナグレシアから1馬身差の4着。今年初戦のエプソムダービー前哨戦、チェスターヴァーズを、1・1/4馬身差で優勝。ダービー上位人気の一角を占めている。英国、仏国の2000ギニー優勝馬対決は、3歳6月のセントジェームズパレスSでよく見られるが、その対決が、2歳時

05/14 21:02

「I WAS JUST BEGUN」マグナグレシア Magna Grecia(2000ギニー1着)2000 Guineas

TURF☆DUST

【「I WAS JUST BEGUN」マグナグレシア Magna Grecia(2000ギニー1着)2000 Guineas】 今年も2000ギニー、ニューマーケットへ。寒い9度、風が凄い、時折雨、嵐の中の1日。超本命のトゥーダーンホットがやめてみんな出てきた感で19頭立て。そのためか何年か続いた途中でコースが広がるオープンストレッチはなし、これが今年の見どころ。2つになりにくかった馬群が今年

ほどの馬場の良いところにも行けないし、良いところを狙ってくる周辺の馬で馬群はできるだろうし、追い風の恩恵を受けにくい。パドックで驚いたのはマグナグレシアの蹄の大きさ、鉄は丸く大きいし、爪自体も大きい、これは印象的。返し馬も、当然直線コースなんで強い向かい風の中でスタートまで向かうけれど、他の馬の後ろにつけてゆっくりと行えて、最低限の疲労で抑えられて、勝つなって思わせられた。 レースは、真ん中より内側

05/10 07:16

【英2000ギニー2019】結果・動画/マグナグレシアが優勝

競馬の魅力

【【英2000ギニー2019】結果・動画/マグナグレシアが優勝】英2000ギニー2019の結果・動画です。イギリスで行われた英2000ギニーの着順は1着:Magna Grecia(マグナグレシア)、2着:King Of Change、3着:Skarduとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

05/04 23:54

英2000ギニー・2019有力馬ガイド

Nathanielの競馬ブログ

【英2000ギニー・2019有力馬ガイド】【馬名】テンソヴリンズ Ten Sovereigns 3牡【厩舎】Aidan P O'brien(愛国)【血統】父ノーネイネヴァー 母父エクシードアンドエクセル【オッズ】4,5倍【主な実績】(18年)ミドルパークS1着、タワーS(G3)1着2歳時は、1200M戦を集中的に使い、3戦3勝。昨年9月のミドルパークSは、2着に半馬身、3着に4馬身差をつけ優勝。今回は、それ以来の出走となる。父ノーネイネヴァーはスキャットダディ産駒で2012年モルニ賞を優勝し、現3歳が初年度産駒。スキャットダディ系は、欧州では短距離傾向にあるが、潜在能力の評価と、ムーア騎手が騎乗する点で、1番人気に。【馬名】マグナグレシア Magna Grecia 3牡【厩舎】Aidan P O'brien(愛国)【血統】父インヴィンシブルスピリット 母父ガリレオ【オッズ】5,5倍【主

05/03 20:33