条件戦 (サ4上) 7R 2018/03/30 に関する記事

オーシャンSの有力馬の調教診断、危険馬、人気馬のマイナス点

調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い

で加速できなかったが4Fは自己ベストで脚さばきに力強さがあったので攻めの内容は普通です。アルピニズムのマイナス点は昨日のレース展望に記載したが近走の自身の前半3Fがすべて34秒台で時計が遅く先行力はあるが先行しても速い上りが使えないことがマイナスなのです。アルピニズムには他にもマイナス点があり前走が条件で過去にOP以上のレースで3着内がないことです。近5年で前走が条件で3着内は18年の3着ダイメイフジだけでダイメイフジは3歳の時にOP特別で2着があったがアルピニズムはOP戦の出走が初めてになるのです。近5年で過去にOP以上で3着内がなく前走が条件は少なくカイザーメランジェ、ウインムート、スカイキューティー、トータルヒートの4頭でカイザーメランジェ以外は人気薄だがカイザーメランジェは5人気で11着に大敗しているのです。今年は出走馬のレベルが低く状態は良さそうだが近走のラップが勝ち負け

03/03 20:24

2021兵庫ユースカップ(重賞)予想

人生競馬中心

△7ドリームキャット本命はエイシンイナズマ。自己条件を2連勝し、近2走はJRAとの交流競走で連続2着。2戦続けての2着はコース取りの差はあったが、特に前走の良馬場1分30秒8の走破時計から能力は兵庫現3歳世代では上位の馬と考えられる。脚質に特に注文は付かない馬だし、レースを見る限り折り合いもそこまで気にならない。今回のメンバーなら2、3番手の好位をすんなり取れると思うし、鞍上的にも今度こそ決め

03/03 17:00

オーシャンSの考察

たどりついたら、 いつも雨降り?

【オーシャンSの考察】本日はオーシャンSの考察です。 中山競馬場・芝1200mで行われる古馬スプリント重賞です。 出走予定馬から次の項目で抜き出していきます。 ○前走オープン5着以内(6着以下は過去芝1200m~芝1400mの重賞勝ち実績ありは除く) ○前走条件は勝っていること ○前走ダートの場合は直近の芝1200m~芝1400mで勝っていること ○重賞出走経験 ○前走負けていた場合斤量据え置きか減(勝った馬から1秒未満) ○前走11月以降出走 ○6歳以上は芝1200m重賞勝ち実績必要 ○7歳以上は近3走以内で重賞勝ち必要 残るのは、アイラブテーラー、エイティーンガール、カレンモエ、グルーヴィット、の4頭です。 このなかで注目は、カレンモエです。 スプリントGⅠ2勝のカレンチャンの娘です。 ここまでキャリア9戦すべて芝1200mを使う陣営の徹底ぶりです。 父ロードカナロアは言わずと知れ

03/03 02:00

2021年オーシャンS 全頭評価。その2。

みやや競馬

替りは好材料ですね。悪材料はクラス負けの危険で、前走3勝クラスを快勝して条件をクリア、重賞は初めてだし、持ち時計が1:09.1なので、良馬場なら1分7秒台の決着に対応できるかどうか、大きな不安材料。内枠を引いてしまうとスタートが早い方ではないので、馬群の中に入り揉まれる危険もある。 適性:竹(枠次第では梅) <アンヴァル>・心肺機能は高い、パワーはまぁまぁ、瞬発力は低い。 ・トップスピードの質

03/02 18:55

チューリップ賞2021消去法データ(過去10年)|テンハッピーローズに【0.0.1.31】の危険データ!?

わがまま♪新馬券生活!!

れてきます。 地方競馬をやるならここの情報は必須です! 消去法データ ★減点A 敗退ボーダー 前走G2以下組は【2.7.4.96】でこのうち、 a 前走6着以下or1秒以上以上敗退馬は【0.0.0.30】 エイシンピクセル エリザベスタワー シャーレイポピー b 前走0.6秒以上敗退馬は【0.0.1.31】 テンハッピーローズ ★減点B 条件組 前走条件組は【1.1.1.31】 a 前走6番人気

03/02 00:18

幸先良いスタートへ!!

みかんぼーやの一人旅

【幸先良いスタートへ!!】寒さも少し和らいできて花粉も飛び春らしさを感じるこの頃ですがこの時期になると競馬は春のクラシックが近づいてきて意識が高まり出しますが土曜日はレッドヴェロシティが水仙賞をアッサリと勝ってくれてクラシックのトライアル戦に向けて調整が始まります😉同じくキムテツ厩舎馬のヴァイスメテオールも京成杯4着後は重賞に向かいたい所ですが来週自己条件に回るようでもうクラシックには間に合わないかな使うクラブじゃないし😅ヴァジュネルは白梅賞勝利で2頭と違いマイル路線での挑戦になりますからクラシック前に2頭とぶつかる事はないでしょうけど決め手不足の現状でどこまでやれるのか楽しみです😘春のクラシックに向けて多少ではありますが可能性は秘めた愛馬が3頭いるのは一口馬主を始めてからは初めてです😅しかしながらみかん厩舎は未だにタイトルないですから重賞の壁の高さは痛い程感じてますし過度

03/01 12:32

中央競馬総合リーディングサイアー(2月28日現在)

ブログ

)、ニーナドレス(未)、ヒシイグアス(G2・中山記念)、ララサンスフル(未)で5勝賞金4億・5億円突破先週はG2中山記念、未勝利3勝、障害未勝利の5勝。G2中山記念では1番人気に応えてヒシイグアスが勝利、休養を挟み条件から4連勝、重賞連勝となったが前走のG3中山金杯と同じく2着とは同タイムでクビ差の勝利と勝負強さも見せハイペースで馬場が非常に良い開幕週ということもありコースレコードタイの1分44秒9

03/01 12:07

コースバイアスに翻弄されるフェブラリーステークス

競馬王オフィシャルブログ

では世代戦古馬戦問わず2F目が10秒台の加速になっています。ちなみに、世代戦と決定的に違うのは後半のペース。世代戦や条件は必ずペースは落ち着く傾向にあります。12秒台中盤から後半のペースで走っていることが上記のタイムからも見て取れます。特に古馬OPではラスト3Fと2Fで11秒台を計測するなど、最後までペースが緩みません。結果として、前で残れる馬はタフな欧州血統を持っている馬だけで、大半は差し優勢

03/01 11:47

ライレローズ、引退。

極上のひとくち馬主ライフ

できっちりと勝利を挙げることができ、翌年が楽しみになりました。しかし、3戦目、4戦目と重賞レースへ果敢にチャレンジするもののともに好成績を残すことはできず、その後は自己条件で勝利を目指していきましたが、残念ながら最後まで勝ち切ることはできませんでした。もしかすると内面に鼻出血等の不安が出ていたのかもしれないと思うような負け方をしたこともありましたが、見どころのある走りを披露してくれる

03/01 01:50

2021年阪急杯 回顧。なんでマイルCSでこれが出来ないかな~。

みやや競馬

ですから、この事に北村友騎手が気付いてくれれば、今後は凡走しなくなるでしょうね。 もう一枚のグラフでミッキーブリランテを見てみましょう。青は今回、赤は2020年錦Sのグラフです。ミッキーブリランテが2着に激走しました、この馬は条件の錦S1600mで2F目が10.9、これをやや離れた追走集団の前からでした。前に行った3頭は2F目の10秒台で脚を使ってしまった感じで、自身は中緩みで楽に取り付きL1標識で先頭列

02/28 20:39
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する