ドバイデューティーフリー(2014/03/29) に関する記事

ノルマンディーオーナーズクラブ募集予定馬全頭斬り2019 1-14

Thoroughbred World

駒の成績が安定してきているのも好感が持てます。 11.ハルシュタットの18(トーセンラー)★★★ バランスの良い馬体とスムーズな歩様に好感が持てます。この先の調教を考えるともうちょっと大きくなってくれると良いですが、4月生まれでもありますので、成長にも期待できるでしょう。もうちょっと返しがあって力強さがあるとさらにいいんですけどね。 12.ブリュメールの18(ジャスタウェイ)★★★★ 馬体のバランスが良く、背中の伸びもあって、芝の長めの距離が良さそうです。横から見たときの造りは非常に良いですが、前から見るとちょっと薄っぺらい感じもします。母系には活力もありますし、ジャスタウェイとの組み合わせも良さそうですね。 13.ミワノロマンスの18(ストロングリターン)★★★ がっちりとして背中短め、キビキビとした歩きができており良さそうです。前の繋ぎが硬めで、かなり短いところは心配で、母系も意外性

10/23 00:53

ジャスタウェイ発見!?

age-eikichiさんのブログ No pain No gain

ジャスタウェイ発見!?】2013年の天皇賞・秋から「ジャスタウェイは?」と書きましたが、そのまんまなのがいますね(^-^;まだどの馬かは書きませんが、不自然な騎手の乗り替わり。新しい天皇陛下の下で行われる初めての天皇賞。ベタだけど、やっぱりあの騎手なのか?皇太子時代に台覧されたのが、・07東京優駿(日本ダービー)・14東京優駿(日本ダービー)度を過ぎた予定調和がありましたね(笑)Android携帯からの投稿

10/22 22:55

天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか?

稼ぐ!サイン競馬!

【天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか?】天皇賞秋でアエロリットが作るハイペースで勝つのはアーモンドアイか?サートゥルナーリアか? 今回は天皇賞秋のペースから予想してみるぞ! 【天皇賞秋の過去の1000m通過タイム】 2018年 1000m通過59.4秒キセキの逃げ。平均からやや速めのペース。 2017年 不良馬場のため参考外。泥んこ馬場。 2016年 1000m通過60.9秒エイシンヒカリの逃げ。平均ペース。 2015年 1000m通過60.4秒クラレント、エイシンヒカリの逃げ。平均ペース。 2014年 1000m通過60.7秒カレンブラックヒルの逃げ。平均ペース。 2013年 1000m通過58.4秒トウケイヘイローの逃げ。ハイペース。 ということで、過去レースから分かることは、天皇賞秋のペース

10/22 22:37

【SSLife】前走マイルの馬を切る決意【天皇賞・秋】

UMATOME

キタサンブラック 宝塚記念9着 モーリス 札幌記念2着 ラブリーデイ 京都大賞典1着 スピルバーグ 毎日王冠3着 ジャスタウェイ 毎日王冠2着 エイシンフラッシュ 毎日王冠9着 トーセンジョーダン 札幌記念1着 ブエナビスタ 宝塚記念2着 カンパニー 毎日王冠1着 ウオッカ 毎日王冠2着 メイショウサムソン 宝塚記念2着 ダイワメジャー 毎日王冠1着 ヘヴンリーロマンス 札幌記念1着 ゼンノロブロイ 京都大賞典

10/22 22:18

天皇即位の週に行われる天皇賞。こんな時は1枠に有力馬入るんだよね。【天皇賞(秋)】【スワンS】【アルテミスS】[有力馬診断]

ナノミリ進化論??

ではなんとかなる可能性が高いと踏んだが、結果としては川田Jがレース談話で「3000という距離が長かったと思わざるを得ない」との事でジャスタウェイ産駒は、スタミナ血統であるグレイソヴリンの系統でも3000は長いという事は知識になりました。 ひとつ気になったのは「思わざるを得ない」という文言。スタミナ以外は完璧なレース内容だったとしたら「距離が長すぎた」で良いとも思うが…。 ちょっとソコが気

10/22 20:00

天皇賞秋のレース展望、ラップ分析からワグネリアンのマイナス点を公開

調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い

)2013年 レースの合算70.3秒71.2秒(+0.9) 71.3秒(+1.0) 71.6秒(+1.3)良馬場の近5年で自身の合算時計が最も遅いのは16年の3着だったステファノスの71.8秒で最速は15年の1着のラブリーデイの70.6秒で3着内の15頭の合算時計の平均は71.18秒でレースとの差の平均は+0.608秒です。2013年はトウケイヘイローが前半3F35.0秒のハイラップで逃げたので3着内の3

10/22 19:24

社台SS繁養種牡馬からキングカメハメハ直系のこの世の春を思う

【一口馬主ブログ】一口馬主の雑記帳

【社台SS繁養種牡馬からキングカメハメハ直系のこの世の春を思う】 今日の話題は社台SSの2019年度種付け数 キングカメハメハ直系すげえな 盛り返しているジャスタウェイら オルフェーヴルはピンチかも… 2019年新種牡馬の本命はサトノクラウンか? 今日の話題は社台SSの2019年度種付け数 祝日である本日。家でのんびりとしていたら、とある競馬雑誌で社台

盛りなので、キングカメハメハ直系は隆盛を極めそうです。 盛り返しているジャスタウェイら キングカメハメ直系の裏で存在感を発揮している種牡馬もいますね。サンデー孫世代、もしくはサンデー以外の種牡馬です。 2019年度で言えば、 キンシャサノキセキ 156頭(2017年比+38頭、2018年比+28頭) ジャスタウェイ 214頭(2017年比+93頭、2018年比+66頭) ハービンジャー 217頭

10/22 19:00

天皇賞秋 過去の優勝馬 #1

雪のかけらの競馬ブログ

【天皇賞秋 過去の優勝馬 #1】今日は即位の礼で、世間さまはお休みだったのですね…知らなかった と…いう事で今日明日は天皇賞秋 過去の優勝馬です。 2018レイデオロ2017キタサンブラック2016モーリス2015ラブリーデイ2014スピルバーグ2013ジャスタウェイ2012エイシンフラッシュ2011トーセンジョーダン2010ブエナビスタ

10/22 18:51

菊花賞を振り返ります

競馬の核心!血統ペース理論!

ました。 ヴェロックスについて、父ジャスタウェイ、母父 Monsunということで、一見すると前出の傾向に合致するように見えますが、若葉Sの振り返りで考察しておりましたように、本馬の形相遺伝対象は Grand Lodgeという米国の芝馬であり、父と母父は本馬が世に生まれてくる際の調理方法・加工処理方法となりますので、私に言わせれば、やはり今回の舞台には本質的には向いていない存在だったことになります。この世代の牡馬では3

10/22 18:00

天皇賞秋攻略。アーモンドアイはウオッカ、ジェンティル、ブエナに匹敵するのか?

攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

【天皇賞秋攻略。アーモンドアイはウオッカ、ジェンティル、ブエナに匹敵するのか?】アーモンドアイ   まずは歴史的な牝馬なのでこの馬を今までのデータに当て嵌めるのはダメだと思うんですが一応考える必要があるかなと思いしてます。   まずは3番人気以内牝馬の成績 1−2−1−2 3番人気7着ルージュバック 2番人気2着ジェンティルドンナ 1番人気2着ジェンティルドンナ 1番人気4着ブエナビスタ 1番人気1着ブエナビスタ 1番人気3着ウオッカ   すごいメンバーですね。 スーパーホースばかり、ですが1勝しかしていないのはやり難しいのかな?     ルージュバックは少し格落ち感があるので1−2番人気に押された馬を考えてみると 4歳 1-1-0-0 5歳 0-1-1-1   ジェンティルドンナ 4歳はジャスタウェイが覚醒して0.7秒差をつけられたが強い競馬だった。次のJCで勝っているように充実期

10/22 17:57