ロッキンジステークス(2004/05/15) に関する記事

2021年1月11日(月)3歳戦

natsuryoのダービーへの道

・クレオパトル賞仏GⅢ2着・レゼルヴォワール賞仏GⅢ2着・フィユドレール賞仏GⅢ3着。姉(本馬の伯母)Sanjidaはペネロープ賞仏GⅢ3着・クレオパトル賞仏GⅢ3着・コンデ賞仏GⅢ3着。弟(本馬の叔父)SandagiyrはファイアーブレイクSUAEGⅢを勝った。日本での初仔ジェニアル(牡2014年産)はJRA2勝・仏1勝。メシドール賞仏GⅢを勝った。引退後はスウェーデンにて種牡馬になった。第2仔は2勝。第3

01/11 20:53

【朝日杯フューチュリティステークス2020】血統全頭診断、今年の血統から狙う馬は?

【血統】火下遊の競馬予想ブログ【データ分析】

でしょう。 ・モントライゼ ダイワメジャー×Nayef お母さんの兄のメディシアンは エクリプスSとロッキンジSの2つの G1を制しており、マイル~2000m を得意としていました。 メディシアンと言えばアドマイヤマーズの 母父としても知られており、 アドマイヤマーズは朝日杯FSで グランアレグリアを倒した舞台。 お父さんもダイワメジャーでモントライゼ とは4分の3同血。 血統からは最もこの馬が朝日杯FS馬

12/18 04:16

2歳メモ(検索用)~5回阪神5日・5回東京5日(11月21日)未勝利戦~

ブログ

勝、その産駒に98年英G1ロッキンジSなど重賞4勝の種牡馬Cape Cross。同じく近親に95年G2京王杯スプリングCを17番人気で勝利、G1安田記念14着のドゥマーニ。本年の2歳戦では同じく4代母Park Appealのリアルドキュメントが勝利。 ・ポルタフォリオ(牡 角田)ハーツクライ×アンリミテッドバジェット(ストリートクライ)母アンリミテッドバジェットは12年米G2デムワゼルSなど重賞2

3シンザン記念のグァンチャーレ。 ・マリーナ(牝 矢作)キズナ×ザナ(ガリレオ)母ザナは未勝利。本馬は5番子。祖母Majinskayaの孫に14年デューハーストS、16年ロッキンジSで英G1レース2勝のBelardo。一族に99・00年英G2ハードウィックS連覇、99年G1ジャパンカップ9着(1着スペシャルウィーク)・00年12着(1着テイエムオペラオー)のフルーツオブラヴ。今週プロ野球・横浜

11/19 20:30

【京王杯2歳S(G2)】(2020総合分析予想篇)

~術はある~

連対)。【総合分析で重賞レースを極める!】⑥◎モントライゼモントライゼは、父ダイワメジャー×母ムーングロウ(母の父Nayef)。11年にロッキンジS-英G1、エクリプスS-英G1を制したMediceanの甥にあたる血統で、Caroやコンサートボーイが出たChambordに遡る牝系。父譲りのスピードは世代トップクラスだけに、200㍍の距離延長も不問!! ルメール騎手にも期待したい!!相手馬は、ブルー

11/07 07:00

2歳メモ(検索用)~5回阪神1日・5回東京1日・3回福島3日(11月7日)未勝利戦~

ブログ

モーリスドゲスト賞などG1レース2勝、00年G1安田記念2着(1着フェアリーキングプローン)のディクタット。4代母Park Appealは84年チヴァリーパークSなど英・愛G1レース2勝、その産駒に98年英G1ロッキンジSなど重賞4勝の種牡馬Cape Cross。近親に95年G2京王杯スプリングCを17番人気で勝利、G1安田記念14着のドゥマーニ。 ・バイオレットジンク(牝 川村)パイロ×ソロデビュー

11/07 00:06

中央競馬2歳リーディングサイアー(11月1日現在)

ブログ

に98年英G1ロッキンジSなど重賞4勝の種牡馬Cape Cross。近親に95年G2京王杯スプリングCを17番人気で勝利、G1安田記念14着のドゥマーニ。中山ダートで2戦し2着・4着、3戦目の今回は1番人気で出走し最内枠から少し外にヨレるようなところもあったが好スタート、ダートに入ってから更に行き脚が付いてハナ4コーナーでやや引き付けるような形から直線に入ると再び突き離し最後は2着に5馬身差で勝利

11/02 13:10

2歳メモ(検索用)~4回京都7日・4回東京7日・3回福島1日(10月31日)未勝利~

ブログ

Park Appealは84年チヴァリーパークSなど英・愛G1レース2勝、その産駒に98年英G1ロッキンジSなど重賞4勝の種牡馬Cape Cross。近親に95年G2京王杯スプリングCを17番人気で勝利、G1安田記念14着のドゥマーニ。 ●4回京都7日ダート1800m 未勝利・アスカノミライ(牡 川村)リオンディーズ×ロトクルーザー(クロフネ)母ロトクルーザーは地方3勝。本馬は初子で2019年北海道

クロフォードは2歳新馬戦勝利、500万勝利の2勝、09年G3新潟2歳S3着(1着シンメイフジ)。本馬は5番子で2018年セレクトセール4536万円取引馬(同セール・ルーラーシップ産駒購買額8位、当歳セッション3位)。祖母ストレイフロムテキサスは03年加G2ナッソーSなど8勝。一族に94年英G2ロッキンジSなど重賞2勝、95年G2京王杯スプリングC4着、G1安田記念7着のエンペラージョーンズなど。https

11/01 00:00

週中競馬記事(2020年10月21日)~今週の2歳戦~

ブログ

のみ)15年G1ファルマスS2着、16年G1ロッキンジS2着、16年G1ドバイターフ2着(1着リアルスティール)。本馬は初子。一族に95年愛オークス、ヨークシャーオークスでG1レース2勝のPure Grain。95・96年ロッキンジS連覇のSoviet Lineなど。https://www.shadaigo.jp/catalog/pdf/93265.pdf ・ヴィヴァン(牡 池江)ハーツクライ

10/25 01:52

90年代後半の欧州名馬編98年① ドバイWC~クイーンアンS

STR 精度世界一の競走馬レーティング

とは言えロイヤルアスコット開催で格が高く、これと開催が被るマイル路線の主要レースはありません。実際にメンバーは揃っており、アマングメンとアルムシュタラクはこの後のサセックスSで1、2着であり、ケープクロスとポティーンはこれの前のロッキンジSで1、2着です。ロイヤル開催で重要視されているなら緩い仕上で出てくることもないでしょうから、レベル的にはほぼGⅠと見なしてよいレースだと言えます。

10/23 15:39
当ページを共有する