ヨークシャーカップ(1990/05/17) に関する記事

天皇賞・秋に、3頭出しで臨む理由は…

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

している金子オーナーが、1976年に横浜市磯子区で設立した「株式会社図形処理研究所」が起源で、1985年に現在の社名となり、その後も着実に業績を伸ばし続け、1990年に現在の本社ビルと中央研究所ビルを完成させ、1994年には東証1部への上場を果たし、現在では、「プリント基板」と呼ばれる配線設計の支援システムに於いて、世界トップクラスのシェアを誇っており、世界各国で5000社ほどの企業に製品を提供しており

10/22 14:12

天皇賞・秋に、3頭出しで臨む理由は…

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

している金子オーナーが、1976年に横浜市磯子区で設立した「株式会社図形処理研究所」が起源で、1985年に現在の社名となり、その後も着実に業績を伸ばし続け、1990年に現在の本社ビルと中央研究所ビルを完成させ、1994年には東証1部への上場を果たし、現在では、「プリント基板」と呼ばれる配線設計の支援システムに於いて、世界トップクラスのシェアを誇っており、世界各国で5000社ほどの企業に製品を提供しており

10/22 14:10

秋天 出走馬分析

ウインガーのブログ

【秋天 出走馬分析】枠前にイメージというかそんなもの、アイウエオ順で。まだまだ予想とかではないけど、今のところ単勝を買うとしたら、ダノンプレミアムかサートゥルナーリアをイメージしている。府中芝は1600や1800だと枠関係なく強い馬が来るけど、2000や2400になると内枠の方が有利だから、枠見て臨機応変に構えたいところ。豪華メンバーという事は、現役トップレベルの集まりということなので、枠みたいなちょっとしたことで着順が変わる事はあり得るよ。アーモンドアイ牝馬でも牡馬含めて現役トップクラスの実力なのは疑いようがない。ただ、安田記念から2ハロン延長ローテは正直あまり良いとは言えないし、前走は不利がクローズアップされてるが海外明けでもあったし、不利無ければ突き抜けたというのは理解できる論調ではあるもののかなり乱暴だと思っている。1着馬と2着馬は毎日王冠で休み明けで斤量も背負わされながらも、臨戦過程抜群

10/22 11:32

【天皇賞(秋)2019】プレ予想と先週の結果

りょう店長の競馬予想ブログ

サートゥルナーリア。ダービーは出遅れが響き4着に敗れたものの、秋初戦の神戸新聞杯を上がり32秒3という究極の瞬発力で大楽勝。秘めたポテンシャルは間違いなく国内トップクラスであるだけに、古馬との初対戦も問題にはならないだろう。 その他、4歳世代の筆頭格で巻き返しを図るダノンプレミアムや、同世代のダービー馬ワグネリアン、更には宝塚記念3着からの参戦となる大阪杯勝ち馬のスワーヴリチャード、毎日王冠2着で左回りの安定感が光るアエロリットなど、現役トップクラスのメンバーが一堂に会する、超ハイレベルな一戦になることが予想されている。そんな混戦模様のレースでこそ輝くのが競馬情報サイト「競馬セブン」だ。 騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報

10/22 10:45

第160回天皇賞・秋有力馬考察

人生競馬中心

ば。スワーヴリチャード昨年は大阪杯でGⅠ制覇も、その後は堅実に走っているが、勝ち星から遠ざかっているスワーヴリチャード。それでもトップクラスで上位争いしている点は高い評価が出来るし、元々左回りでこそ真価を発揮する馬。府中は大の巧者で、脚質も融通が効くタイプなので、乗り替わりの横山典弘騎手がどんな戦法を考えているか。ワグネリアン昨年は栄光のダービー優勝、その後の神戸新聞杯も優勝したが、大阪杯、札幌記念は惜敗。大事

10/22 09:10

【川崎】第18回鎌倉記念

南関競馬観戦記

、なかなか興味深いメンバーが揃っています。 インペリアルシャブル デビューから3連勝の期待の新鋭。デビュー戦を9馬身差で勝利し、続くブランニューヒーロー賞は3馬身差、前走・若武者賞(鎌倉記念TR)も大差での勝利という桁違いの素質を見せつけて、既に南関2歳馬の中でもトップクラスの馬。まだまだ幼さが残るところで、まだまだ成長が見込め、ここは当然勝って、先に進みたい。 スティローザ 新馬戦で勝利した後、しばらく

)で再び勝利し3戦2勝2着1回。やはり幼いところがあり、スタートに難があるところではあるが、素質はメンバー中でもトップクラス。能力を発揮できればここでも勝ち負け。 以上、3頭で勝負。

10/22 02:23

アルテミスステークス《G3》の事前予想 ☆注目馬について☆

競馬のラクガキ

を疑う余地はないと思う。 サンクチュエール ルメール騎手 やっぱりルメールだよ。オータムレッドに乗らずにこの馬に乗るということは、必然的に力が上位なのだと予想できる。 新馬戦は先行して、ゴール前で少し気合いをつけると伸びが秀逸。あっという間に逃げ馬を交わした。スローで前残りのレースであったが、瞬発力勝負ならトップクラスとみていいと思う。ただ、新馬戦の相手馬がその後凡走しているので力量までは図れず、正直

10/22 00:28

【天皇賞 秋2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主ブログ

天栄仕上げで休み明けも問題なく、ココは復権を懸けて負けられないところ。 「アーモンドアイを負かすなら」と期待を懸けられているのが、今年の皐月賞馬サートゥルナーリア。ダービーは出遅れが響き4着に敗れたものの、秋初戦の神戸新聞杯を上がり32秒3という究極の瞬発力で大楽勝。秘めたポテンシャルは間違いなく国内トップクラスであるだけに、古馬との初対戦も問題にはならないだろう。 その他、4歳世代の筆頭格で巻き返しを図るダノンプレミアムや、同世代のダービー馬ワグネリアン、更には宝塚記念3着からの参戦となる大阪杯勝ち馬のスワーヴリチャード、毎日王冠2着で左回りの安定感が光るアエロリットなど、現役トップクラスのメンバーが一堂に会する、超ハイレベルな一戦になることが予想されている。そんな混戦模様のレースでこそ輝くのが競馬情報サイト「競馬セブン」だ。 騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公

10/22 00:01

ノルマンディー先行申し込み【最終】申し込み状況

期間限定一口馬主と競馬のおはなし

【ノルマンディー先行申し込み【最終】申し込み状況】10月21日発表(16時現在) 会員分 募集No.15 ルーシーショーの18 170%まあ、シークエル(新馬勝ち)クリスタルアワード(2勝)と上が走ってるのでわかります。新種牡馬のホッコータルマエってどうよ?現在の馬体重475キロということででかくなりそうですね! 募集No.17 シュヴァリエの18 125%募集中の景気付けに兄(スクリーンヒーロー)4戦目で鞍上菜七子騎手で挑むも惜しくも4着、セールストークには桜花賞なんて文字が踊ってます。父ゴールドシップで桜花賞というイメージ湧きますか? 募集No.26 ラーストチカの18(父ダイワメジャー) 118%募集No.7 サイレントソニックの18(父モーリス) 80%募集No.25 ミスサイベリアの18(父キズナ) 67%みんな大好き社台スタリオンステーションのトップクラスの父、ダイワ

10/21 23:12

【菊花賞・後記】武豊ワールドプレミアV 浮かび上がった「3冠最終戦改革」の必要性

爺KENの「競馬」が私の生きる道

の現3歳世代トップクラスの参戦も十分に考えられた。海外の主要G1競走は2000メートルから2400メートルがスタンダードになっているだけに、3冠最終戦の思い切った改革が必要な時期が迫っているのかもしれない。tシャツ メンズ 俺流 魂心Tシャツ【一番人気はいらない、一着が欲しい。】名言 漢字 文字 メッセージtシャツ おもしろ雑貨 | 文字tシャツ 面白 大きいサイズ 文字入り プレゼント バック

10/21 22:09