アーリントンミリオン(1989/09/03) に関する記事

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月18日現在)

ブログ

母Perfect Pigeonの一族からは本年2歳戦でハヴァス、ルドヴィクスが勝ち上がり、その産駒に90年アーリントンミリオン、91年ジャパンカップで米日G1制覇のゴールデンフェザント。19年桜花賞、20年安田記念、先週のスプリンターズSでG1レース3勝目のグランアレグリアも5代母Perfect Pigeonの産駒。https://www.silkhorseclub.jp/hspdf/2019

10/19 11:53

社台スタリオンステーション「Bricks And Mortar(ブリックスアンドモルタル)」

ねこパンチの一口馬主

からホールオヴフェイムS(G2)まで無傷の4連勝で重賞初制覇。サラナクS(3着)、ヒルプリンスS(3着)と連敗した後、約1年間の休養を経て2018年12月の復帰戦(オプショナルクレーミング)を快勝。2019年初戦のペガサスワールドCターフ招待S(G1)でG1初制覇。続く3月のムニスメモリアルH(G2)、5月のタンパベイターフクラシックS(G1)、6月のマンハッタンS(G1)、8月のアーリントンミリオンS(G1)、11

10/19 09:00

2020秋華賞(GⅠ)予想

人生競馬中心

(旧表記)牝馬の身でありながら世界の強豪が集うGⅠジャパンカップに出走。この頃のGⅠジャパンカップの外国馬は毎年非常に豪華な顔ぶれで、1996年のGⅠジャパンカップにも凱旋門賞馬エリシオ、キングジョージを制したペンタイア、BCターフ2着のシングスピール、昨年のアーリントンミリオンの優勝馬アワッドなど、かなりハイレベルなメンバー。迎え撃つ日本勢はサクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデー

10/18 09:00

週中競馬記事(2020年10月15日)~今週の2歳新馬戦~

ブログ

カフナ、ワイルドラズベリー、ミッキーワイルド、マルロスなど重賞入着馬。本馬の5代母Perfect Pigeonの一族からは本年2歳戦でハヴァス、ルドヴィクスが勝ち上がり、その産駒に90年アーリントンミリオン、91年ジャパンカップで米日G1制覇のゴールデンフェザント。19年桜花賞、20年安田記念、先週のスプリンターズSでG1レース3勝目のグランアレグリアも5代母Perfect Pigeonの産駒

10/16 22:23

週中競馬記事(2020年10月9日)~今週の2歳戦~

ブログ

。おばに07年G2フローラS勝ち馬でG1オークス2着(1着ローブデコルテ)のベッラレイア。近親に13年OPメトロポリタンSなど6勝、14年G3小倉大賞典2着カフナ、ワイルドラズベリー、ミッキーワイルド、マルロスなど重賞入着馬。本馬の5代母Perfect Pigeonの一族からは本年2歳戦でハヴァス、ルドヴィクスが勝ち上がり、その産駒に90年アーリントンミリオン、91年ジャパンカップで米日G1制覇

10/09 04:14

血統入門【第23回】革命者を超えたサドラーズウェルズ(後編)

競馬の梁山泊

を4勝した「ドーンアプローチ」や日本で活躍中の「ダーリントンホール」の父。 ●ケープブランコ( 愛ダービー、愛チャンピオンS、アーリントンミリオン、マンノウォーS、ターフクラシック招待S) →日本で「ランスオブプラーナ」が活躍中。 ●リリーオブザヴァレー(オペラ賞) →「ヴァンキッシュラン」や「セントレオナード」、「リリーピュアハート」 とディープインパクト産駒の活躍馬を出した繁殖牝馬

10/04 02:09
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

【種牡馬論】ドレフォン

そうろうにて候@のるまんでぃーOC

【【種牡馬論】ドレフォン】ドレフォン(Gio Ponti×Eltimaas)鹿2013年生 体高/165.0cm 2020年種付料/300万円短距離戦が大半を占める北米競馬最速の座を3歳で奪う。9馬身半差の圧勝となった初勝利から、G1 2勝を含む5連勝で全米最速の座に。1600m~2200mまでの米芝G1を7勝した父と、米2歳チャンピオンや英2歳牝馬チャンピオンを生んだ母系には、日本競馬への適性が高い名種牡馬たちの血が散りばめられており、日本での条件問わずの活躍が容易に想像できる。 父ジオポンティはアーリントンミリオンを制する等芝中距離で活躍。テイルオブザキャット産駒だし母父アリダーもリンドシェーバーとか芝ダート両用な感じだから、ジオポンティもそんな感じがする。 母父ゴーストザッパーはBCクラシック勝ち。その父オーサムアゲンもBCクラシック勝ち。すげえな。 祖母Najecamは父

08/14 11:29
当ページを共有する