ホープフルステークス(1952/08/30) に関する記事

予想パーツメモ〈函館記念〉

マルコMの競馬と音楽な日々

【予想パーツメモ〈函館記念〉】こんばんは。マルコMです。ショウナンの馬主さんがディープインパクトの1歳を5億1千万円という、とんでもない金で落札!なんて、馬関連はバブリーだ。素晴らしい!また未来に楽しみができるのだ!★函館記念★〈人気〉この5年間で勝馬は3.3.5.5.1番人気基本的に1番人気は裏切る傾向だが、昨年はマイスタイルが逃げ切った。7番人気が3頭、2桁人気も4頭馬券になっていて、荒れる要素高い。人気面で言えば3〜5人が頭で、2桁、6〜9人なんて買い方がハマるかも。〈ハンデ〉54〜56kgが好成績。今年のトップハンデは、レイエンダ。セントライト記念2着、エプソムCの勝ち馬。次ハンデ56kgがトーラスジェミニ前走巴賞の勝ち馬。ニシノデイジー札幌2歳、東スポ杯2歳Sの勝ち馬ホープフルS G1を3着。ベストアプローチ青葉賞2着メトロポリタンS1着〈展開〉4角の位置に焦点1着、2着、3着

07/14 18:57

函館記念2020 注目馬考察!

ヒッキーの競馬予想ブログ【注目馬考察】

は、もしかしたらなんらかの光明も見えたのかもしれませんが、3歳のすみれステークスまでのレースっぷりを思うと、とても物足りなさを感じます。 元々は、G1ホープフルステークスで、サートゥルナーリアの2着だった馬でした。そのホープフルステークス組が、3歳以降めっきり活躍する馬がいないのは確かですが、だとしても、G1で2着という実績があるだけに、尻すぼみ感は否めません。 父はジャスタウェイですが、ジャスタウェイ産

に関しては、距離が敗因の一つにはなるかもしれませんが、それにしても負け過ぎな感は否めません。 この馬は、アドマイヤジャスタの時に述べた、ホープフルステークス組の一頭です。G2弥生賞を1番人気で敗れた際に、鞍上の乗り方に対して、非難があがったこともありましたが、今現在の実績を考えれば、鞍上の乗り方もあったかもしれませんが、この馬自体の成長力もあったのかもしれません。 5着近辺が最近の定位置となってしまっている馬

07/14 03:25

中央競馬総合リーディングサイアー(7月12日現在)

ブログ

マリーンSでは2番人気タイムフライヤーが勝利。17年12月の2歳G1ホープフルS以来の勝利で通算4勝目。19年G3武蔵野S2着などはあったがダート戦では初勝利。この勝利でルメール騎手が年間100勝達成。重賞出走馬もない未勝利週に終わりそうだったが日曜函館メインレースで勝ち馬を出してそれなりに賞金加算のあった週間。獲得賞金16億円には僅かに届かず2位ロードカナロアとの差もまた開いたが、悪いなりになんとか

07/13 14:38

今週の推奨馬+先週の◎成績

たぶお統括本部長・狙い撃ち

【今週の推奨馬+先週の◎成績】《今週の推奨馬》 ★土曜日・阪神10R・能勢特別(3歳以上2勝クラス芝2000m) ・ヒルノダカール 前走は阪神芝1800mの三木特別を僅か0.2秒差3着に惜敗だったが、1800mには実績が無い馬だったから仕方ない。 今回の芝2000mは[2.1.0.2]と全2勝を挙げていて、右回り芝2000mに限ると[2.1.0.1]となる。 唯一の着外はGⅠホープフルの7着で、着差も0.7秒差なら上々の内容だ。 自己条件の右回り芝2000mなら[2.1.0.0]の連対率100%と全く底を見せてないので勝ち負け必至。 ★日曜日・函館10R・駒場特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m) ・ソルトイブキ 前走は叩き2戦目で先週に今回と同じ函館ダート1700m渡島特別を僅か0.4秒差4着に惜敗。 これで函館ダート1700mは[1.0.1.1]で、現級では2回の2着

07/13 13:17

ワーケア全妹は1億4500万円/セレクトセール|極ウマ・プレミアム

池江泰寿調教師がJRA通算700勝、史上54人目|極ウマ・プレミアム競馬 - nikkansports.com

【ワーケア全妹は1億4500万円/セレクトセール|極ウマ・プレミアム】 <セレクトセール2020>◇初日◇13日◇北海道・苫小牧市 チェリーコレクトの19(牝、父ハーツクライ)は1億4500万円(税抜き)で麻布商事が落札した。 全兄ワーケアは昨年デビュー2連勝でアイビーSを制覇。ホープフルS3着、弥生賞2着の…

07/13 13:14

函館記念GIII(日曜函館メイン)

人生此常⊿坂路を後方一気

の復活という見方で其れを立てることにすればこの馬が浮上した。前走は2ヶ月半ぶりだった目黒記念GII をシンガリ負けだが、距離が長かったのが敗因という。その前が金鯱賞GII でサートゥルナーリアからコンマ7秒差の⑥着だからあながち間違いではなかろう。札幌2歳ステークスGIII、東京スポーツ杯2歳ステークスGIII を連勝、ホープフルステークスGI はサートゥルナーリアの③着、東京優駿GI ⑤着

07/13 06:46
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

ルメール騎手が6年連続、自身最速でJRA年間100勝達成一番乗り!

趣味のブログ

【ルメール騎手が6年連続、自身最速でJRA年間100勝達成一番乗り!】「クリストフ・ルメール」騎手(41歳、栗東·フリー)が12日(日)の函館11R「マリーンS」(3歳以上オープン、ダート1700m、15頭立て)で「タイムフライヤー」(2番人気、牡5歳、栗東・松田国英厩舎)に騎乗して1着となり、JRA年間100勝達成一番乗りとなった。JRA年間100勝達成は2015年から6年連続6回目で2018年7月29日を更新する自身最速となった。騎乗した「タイムフライヤー」は2017年12月の「ホープフルS」以来の勝利でダートでは初勝利。嘗ての芝G1馬を砂で蘇らせた。これまでの自己最速だった2年前の2018年はJRA年間最多勝利となる215勝を挙げた。この分だと自身がもつ記録更新の期待も出て来た。因みにJRA年間100勝の最速達成は「武豊」騎手の2005年5月29日でこの年は年間212勝まで勝利

07/13 00:10

”デルマー競馬場賞マリーンステークス(オープン)”・結果

人生此常⊿坂路を後方一気

【”デルマー競馬場賞マリーンステークス(オープン)”・結果】此方函館のメイン競走もGI ホースが圧勝、直線突きぬけた!デルマー競馬場賞マリーンステークス日曜日 函館競馬場のメイン競走は、エルムステークスGIII を含む夏の北海道(札幌・函館)で行われるオープンクラスのダート1700m三部作の2つ目(1つ目は大沼ステークスL)。ハンデキャップ競走に14頭が集結。結果は2番人気のタイムフライヤー(牡5)が直線突き抜け3馬身半差の圧勝。2017年、GI 昇格初年のホープフルステークスGI を制した同馬が昨年半ばから出走を続けているダート戦9走目にして初勝利となった。タイムは1:43.6(良)。エルムステークスGIII で芝ダート重賞優勝を目指すに視界良好となった。一方で1番人気のリアンヴェリテ(牡6)は4角手前で既にいっぱいとなりブービー⑬着。MY注目馬のケイアイパープル(牡4)は3番人気④着

07/12 23:46

「7月12日」結果。

まそめのす

ですが、ダートへ路線変更し7戦目で初勝利し17年のホープフル以来2年6ヶ月ぶりの4勝目。次走はエルムSになると思いますが、少し危険な気がしますネ 鞍上のルメール騎手は6年連続6回目のJRA年間100勝達成。例年よりも速いペースで勝ち上がっているので18年以来の年間200勝もありそうですネ 13着 リアンヴェリテ 今日は押しても行けずハナを切ることすらできず早々に失速。負けるときはこんな

07/12 18:48

競馬夏期講習 プロキオンS・七夕賞・マリーンSの感想の巻

やすの競馬総合病院

【競馬夏期講習 プロキオンS・七夕賞・マリーンSの感想の巻】それでは時系列順に感想を書いていきましょう。☆マリーンSの感想☆1着タイムフライヤー2歳GIホープフルを1番人気で勝った馬の次の勝利が5歳の7月という時点でかなりの驚きですが、それがダートOPのマリーンSになるなんて誰も予想してなかったでしょうね~。ホープフル後はめちゃめちゃ苦労してた馬なんで、ダートのOP特別とはいえ苦労が報われる日が来てよかったです。☆プロキオンSの感想☆ブログ予想の買い目馬連 12-5・7・143連複 12-5・7・14-5・7・14はハズレ。速い時計が出る馬場だったんで、逃げ・先行馬中心の馬券で大丈夫やろ~と思ってたんですが、まさか、阪神で、この馬場で、斤量59kgで、サンライズノヴァが勝ち切るとは・・・。自分の見る目のなさ、予想力の低さを痛感しました。出走馬達へのコメント1着サンライズノヴァ直線長い

07/12 18:17
当ページを共有する