きさらぎ賞(2018/02/04) に関する記事

安田記念を獲る

究極の穴馬情報 ~第3章~

👉有馬記念まで会員・宝塚記念まで会員※栗東坂路後傾ラップ調教馬も公開します ★2020年の重賞実績2020年重賞 穴馬指定馬(軸) 2020年重賞 パドック&返し馬での推奨馬 2020年度 重賞でのオッズ異常馬================= 👉ダービー卿209万円の衝撃!!!=5年連続プラスの投資競馬=★シンザン記念50万超え!! ☆きさらぎ70万超え!!☆大阪杯&天皇賞春で70万超

06/07 00:10

それぞれの物語

人は遊びながら……

【それぞれの物語】2020年6月6日(土曜) 、阪神11R、鳴尾記念(G3)。3歳以上、オープン、 別定、2000m、芝・右、発走15時35分。天候、晴、芝、良。まずはスタート、サトノフェイバーがハナに立つ、ブラックスピネルは2番手。サトノフェイバー、先頭。ブラックスピネル、2番手内々、トリコロールブルー、中でレッドガラン、外からアメリカズカップ、まとめて好位追走。 内々、ラヴズオンリーユー、中で、テリトーリアル、外々をドミナートゥス、中団。パフォーマプロミス、中団やや後ろ。内々、アドマイヤジャスタ、外、キメラヴェリテ、後方前目。内、ジェシー、外、エアウィンザーも後方から。内々、レッドジェニアル、中でサトノルークス、粗とからサイモンラムセス、3頭並んで、 最後方で虎視眈々。ペースはゆったりとした流れ。少し押し上げたパフォーマプロミスは、最後の直線で内ラチから外へと持ち出すと、ラヴズオンリーユーとの叩き

06/07 00:00

2020 安田記念 予想

銘探偵空ひこの馬ライフ事件簿

【2020 安田記念 予想】今日の鳴尾記念は全く当たる気がしなかった、、、わずかな望みをかけて、先行予想でキメラヴェリテとサトノフェイバーから大振り穴馬券で目も当てられず、、、いよいよ不調モードに突入なのです。。早いとこ払拭すべく安田記念でござーい!傾向と対策で切り口は書いたが、やはり打倒アーモンドアイの1番手として、グランアレグリアで勝負!事前の調教も情報も抜群によさそう。桜花賞はアーモンドアイより勝ちタイムは早い。牝馬二頭の対決に絞って買う。以下も、手を広げ過ぎず、レーンのダノンプレミアムとマイル王インディチャンプまで。◎グランアレグリア◯アーモンドアイ▲ダノンプレミアム△インディチャンプ

06/06 23:28

安田記念2020予想~鳴尾記念惨敗・・・

ウマネーの馬券生活(競馬7年生)

的中!重賞レースです。(予想は前の記事)第73回 鳴尾記念3連複ボックス⑥⑦⑧⑬⑮⑯複勝⑪⑫1点1000円で勝負! 3連複・複勝不的中・・・レース開始、先手を取ったのは⑨サトノフェイバー2番手につけたのは⑤ブラックスピネル直線に入っても粘る⑨サトノフェイバー外から⑦ラヴズオンリーユーと①パフォーマプロミスが抜けだし、2頭の追い比べの末、並んでゴール。ハナ差で①パフォーマプロミスが1着。2着が⑦

06/06 23:03

安田記念2020予想~鳴尾記念惨敗・・・

うまねーの週末競馬(競馬7年生)

的中!重賞レースです。(予想は前の記事)第73回 鳴尾記念3連複ボックス⑥⑦⑧⑬⑮⑯複勝⑪⑫1点1000円で勝負! 3連複・複勝不的中・・・レース開始、先手を取ったのは⑨サトノフェイバー2番手につけたのは⑤ブラックスピネル直線に入っても粘る⑨サトノフェイバー外から⑦ラヴズオンリーユーと①パフォーマプロミスが抜けだし、2頭の追い比べの末、並んでゴール。ハナ差で①パフォーマプロミスが1着。2着が⑦

06/06 23:01

鳴尾記念 結果 2020

調教×データ

サトノフェイバー 牡5 栗東・南井克巳 栗東 ウッドチップ B 単 11 10 エアウィンザー 牡6 栗東・角居勝彦 栗東 ウッドチップ B 中 5 11 ドミナートゥス 牡5 栗東・宮本博 栗東 坂路 A 単 7 12 ジェシー 石坂 公一(栗東

06/06 22:17
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

いっそのことひねくれるか…安田記念のエア馬券予想&鳴尾記念のエア馬券振り返り…(^^;)

(主に)ラジオNIKKEIリスナーゾウたんのブログ

が。サトノフェイバー(9着)・ジェシー(11着)・ブラックスピネル(16着)の3頭はメンバー的に完全に力不足に終わった感じ。 結果的には馬連①-⑦3,360円当たっているのでまだよしとしなければアカンのか…(-_-;)

06/06 21:09

鳴尾記念2020もあっさり外れました回顧

ワコログ <馬と相撲とプロレスと馬のブログ>

【鳴尾記念2020もあっさり外れました回顧】うーん、ダメでした。かーなーり本気で考察を書いて、レースラップも少しは遅かったですけど、だいたい想定どおりで、逃げるか番手くらいで行ってもらいたいと思っていた◯サトノフェイバーが、あっさりと単騎逃げの形に持ち込んで・・・。◎ドミナートゥスはすぐそとのレッドガランに被されて前のポジションを取られて、中途半端に外々を回る嫌な状況

にいないと完全ノーチャンス馬場だったんですけど、単騎逃げの◯サトノフェイバーは当然インベタできていたし、内枠の▲トリコロールブルーもインベタしてたんですよ。なのに、この2頭は沈んで、パフォプロ、ジェニアル、サイモンのインベタ追走組はしっかり好走しているとか。なんなんでしょうね。まるでデスブログみたいですよね。レースはもっと速くなると思ったんですが、後ろのレッドジェニアルやサイモンラムセスが来ていたところを見る

06/06 21:00

うーーーん

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

【うーーーん】6月6日レース後コメント(5着)安田隆調教師「暑くなってきたせいか大型馬の割に体が細く見えましたし、3月の大阪城ステークスのときより若干テンションも高かった気がしました。暑さの影響は少なからずあったと思います。北村友騎手は『4つのコーナーを迎えるたびに外に張るなどロスがありました。現状ワンターンの方が競馬はしやすいと思いますが、今回4つのコーナーを経験したことはこれからにつながるはずです。距離については長いとは感じなかったですよ』と話していました。まだ緩いなかで重賞レースで5着、よく頑張っていると思いますよ。このあとについては夏はできるだけ涼しいところへと考えていますが、火曜日に馬の状態を確かめてから判断させていただきます」 実は4コーナー回った時に「これはもらったか?」と思ったんですがね。実際にはそこからサトノフェイバーをかわすのにも手間取って後ろから来た3頭に差さ

06/06 19:50

鳴尾記念 レース回顧

競馬を楽しむには

トゥザグローリーに続く3勝目。本馬を管理する藤原英昭調教師は本競走初制覇となった。2着にはハナ差で、好位から伸びた1番人気・M.デムーロ騎手騎乗のラヴズオンリーユー。そして2分の1馬身差の3着には、4番人気・酒井学騎手騎乗のレッドジェニアルが後方から脚を伸ばした。 ■レース展開・総括スタートは8番レッドジェニアルが出遅れ。9番サトノフェイバーが先頭に立ち、5番ブラックスピネルが2番手。2番トリコロールブルー、13番レッドガラン、7番ラヴズオンリーユー、1番パフォーマプロミス、12番ドミナートゥスなどが好位~中団グループを形成。後方を15番エアウィンザーや6番キメラヴェリテ、16番サトノルークス、出遅れたレッドジェニアルなどが追走した。前半の1000m通過は60秒0で平均ペース。3コーナー手前でサトノフェイバーと後続がやや離れかけたが、すぐに2番手のブラックスピネルが追撃。しかし3~4コーナー中間

06/06 19:04
当ページを共有する