東京ジャンプステークス(2017/06/24) に関する記事

10月20日の結果です

サボちゃんの重賞チャレンジ2019

▲ 10,000 目黒記念+ 3,000 鳴尾記念▲ 10,000 安田記念▲ 10,000 マーメイドS▲ 10,000 エプソムC▲ 10,100 函館スプリントS▲ 9,900 ユニコーンS ー 東京ジャンプS+ 10,000 宝塚記念+ 6,400 CBC賞▲ 10,000 ラジオNIKKEI賞+ 10,200 プロキオンS▲ 10,000 七夕賞▲ 10,000 函館記念▲ 1,530 函館2歳S▲ 600

10/20 20:46

中央競馬重賞日程2019&出走予定馬/今週の重賞は『天皇賞秋&スワンS&アルテミスS』!

逆説の競馬予想/うまんちゅ予想、こじはる予想など芸能人予想も!

)東京ジャンプS(JGIII、障3,110m、東京)◆レース結果1着 8.シングンマイケル2着 1.マイネルプロンプト3着 2.シンキングダンサー☆6/23(日)宝塚記念(GI、芝2,200m、阪神)◆レース結果1着 12.リスグラシュー2着 1.キセキ3着 11.スワーヴリチャード☆6/26(水)帝王賞(JpnI、ダ2,000m、大井)◆レース結果1着 5.オメガパフューム2着 1

)◆レース結果1着 7.フロンテアクイーン2着 9.ウラヌスチャーム3着 4.アッフィラート阪神スプリングJ(JGII、障3,900m、阪神)◆レース結果1着 11.オジュウチョウサン2着 1.タイセイドリーム3着 3.シンキングダンサー☆3/10(日)フィリーズレビュー(GII、芝1,400m、阪神)◆レース結果1着 1.ノーワン1着 6.プールヴィル3着 15.ジュランビル金鯱賞(GII、芝2,000

10/20 16:45

10月19日の結果です

サボちゃんの重賞チャレンジ2019

+ 3,000 鳴尾記念▲ 10,000 安田記念▲ 10,000 マーメイドS▲ 10,000 エプソムC▲ 10,100 函館スプリントS▲ 9,900 ユニコーンS ー 東京ジャンプS+ 10,000

10/19 16:34

ルペールノエルの復活はあるか?

ねっとわ~く

ではありますが、有力馬で出走予定の馬はまだおりません。 シングンマイケル(金子?)→大障害? メイショウダッサイ(未定)→OP→大障害 トラスト(熊沢)→大障害 マイネルプロンプト(森)→京都使うか? シンキングダンサー(石神?)→平場→大障害 ミヤジタイガ(西谷)→故障明け→京都? とまぁ、こんな感じ。 状態次第ではもう少しやれそうな気がします。 正直、大障害は引退記念レースであり、完走が目標です。 結果

10/18 00:00

中央競馬総合リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

クロノジェネシスはG3クイーンC以来の重賞2勝目(18年G1阪神ジュベナイルフィリーズ2着、19年G1桜花賞3着・G1オークス3着)半姉ノームコア(父ハービンジャー)は本年のヴィクトリアマイルを勝利しており姉妹G1制覇達成バゴ産駒本年G1初制覇G1制覇は10年菊花賞ビッグウィーク以来2勝目 101位(119位)シングンオペラ(9788万6000円)(3勝)シングンマイケルが東京ハイジャンプを勝利G3東京ジャンプSシングンマイケル以来本年重賞2勝、通算2勝シングンマイケルはG3東京ジャンプS以来の重賞2勝目産駒の東京ハイジャンプ制覇は初めて(産駒重賞勝利はシングンマイケルのみ)シングンマイケルがG3東京ジャンプS・G2東京ハイジャンプを勝利して本年東京競馬場実施の障害2重賞を制覇 (16位)ジャスタウェイOP(L)若駒S1着、OP(L)若葉S1着、G1皐月賞2着、G1日本ダービー3着、前走G2神戸新聞杯2

10/16 19:17

4回京都5日 4回東京5日 終了時データ(10月15日現在)※4回東京4日未消化

ブログ

は本年重賞初制覇重賞制覇および東京競馬場の重賞制覇は17年G3東京ジャンプSシンキングダンサー以来東京ハイジャンプは初制覇G2重賞初制覇 ●達成記録・大野拓弥騎手が通算1万回騎乗達成14年スプリンターズステークス スノードラゴンなどG1レース2勝、重賞2勝、記録達成時通算537勝 ◆調教師部門●重賞勝利調教師・秋華賞 斉藤崇調教師(19年2勝 通算2勝 G1通算1勝)クロノジェネシスで勝った斉藤崇史

高市調教師(19年2勝 通算8勝)シングンマイケルで勝った高市両教師は東京ジャンプSシングンマイケル以来の重賞制覇東京ハイジャンプは初制覇東京競馬場の重賞制覇は東京ジャンプSシングンマイケル以来年間重賞2勝は00・01年に並ぶ自己記録シングンマイケルでG3東京ジャンプS・G2東京ハイジャンプを勝利して本年東京競馬場実施の障害2重賞を制覇

10/16 19:13

サラミス地方戦快勝とブライトクォーツ

毎日が一口馬主!

【サラミス地方戦快勝とブライトクォーツ】金鯱も笑った。 昨日の名古屋競馬7R。シルクホースクラブのサラミスが、地方初戦で2秒差の圧勝を飾った。 サラミス 3歳牡 父ディープインパクト、母サラキア、岡部誠騎手、角田輝也厩舎 優勝 道中は後ろを振り返る余裕があって、完勝だった。元々中央の未勝利でもワイドファラオの2着がある馬で、ここは順当だったと思うが、着差だけではなく、タイム的にも中々の速さだった。 ありがとう、岡部誠騎手。ありがとう、愛知の角田先生。 募集総額1億円の馬であり、昨日の地方の優勝賞金は30万。その比較だけだとやや寂しいが、この瞬間に大事なのは目先の賞金ではなく、JRA出走への機会を途絶えさせない事だろう。 例えば、昨日の東京ジャンプステークス(J・GⅡ)には、27戦目にしてやっと障害レース未勝利のレースを勝った、同じシルクのブライトクォーツが出走していた。 ブライトクォーツ

10/16 18:39

【好レースでした】10月14・15日障害R回顧

穴馬GETで踏み切ってジャンプ!

ていたのかなと。勝ち馬の競馬をしてほしかったんですが。。。 勝ったシングンマイケルは鞍上がシンキングダンサーより上の評価をしていそうです。ただ外に出してから意図して上がったのか、持ってかれて”上がっていってしまった”のか。後者だとすると本番ではまだ全幅の信頼は置けないのかなと思います。 <集計結果>98戦23勝 的中率 23.4%325530 / 368300 回収率 88.3%

10/16 12:57

【東京ハイジャンプ】シングンマイケルが2番手から抜け出し重賞連勝

TAKESHI~鉄道と競馬が好き~

【【東京ハイジャンプ】シングンマイケルが2番手から抜け出し重賞連勝】15日、東京競馬場8Rで行われた第21回東京ハイジャンプ(J・GⅡ)は、道中で2番手までポジションを上げた金子光希騎手騎乗の3番人気シングンマイケル(セ5、JRA美浦・高市圭二厩舎)が直線で抜け出し、末脚を伸ばした森一馬騎手騎乗の2番人気メイショウダッサイ(牡6、JRA栗東・飯田祐史厩舎)をクビ差凌いで優勝しました。勝ちタイムは3分28秒1(稍重)でした。さらに3.1/2馬身差の3着に熊沢重文騎手騎乗の1番人気トラスト(牡5、JRA栗東・長谷川浩大厩舎)が入っています。勝ったシングンマイケルは、父シングンオペラ、母ジェヴォーナ、その父トウカイテイオーという血統です。6月の東京ジャンプステークスに続く重賞連勝を果たしました。

10/15 19:20

東京ジャンプマイスター!

飛びだしゃいい

【東京ジャンプマイスター!】肌寒さを感じる日中となった、関西南部。 昨日まで連休で、今日から週初めという方も多いと思われる火曜日。 ですが、今日も中央競馬が行われました。 今日は先週土曜に中止になった、東京競馬の代替開催が行われました。 第8Rでは、ジャンプ重賞の東京ハイジャンプ(J・GⅡ)が行われました。 一番人気はトラストでした。 勝ったのは三番人気のシングンマイケルでした。 番手追走から接戦を制して、前走の東京ジャンプSに続いて、東京重賞連勝で二勝目の重賞勝利。 2着に二番人気のメイショウダッサイ。 3着は一番人気のトラストが入りました。 今週は四日間開催になった中央競馬ですが、来週も急遽三日間開催となりました。 土日は通常通りの開催で、東京、京都開催に加え、秋の新潟競馬が開幕します。 そして、月曜は先週分の日曜の東京競馬の代替開催が行われての三日間開催

10/15 17:00