ブリリアントステークス(2015/05/10) に関する記事

天皇賞攻略。3歳馬サートゥナーリアはどうか?

攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

2-1-1-15   年齢 3歳 0-2-1-11 4歳 3-5-4-30 5歳 6-3-4-33 6歳  0-0-1-28         では基本的な情報が終わったので気になったことから書いていこうかな。     まずは6歳以上は壊滅状態ですね。 8歳馬にして覚醒したカンパニーと エイシンフラッシュ エイシンの年はアンコイルド、コディーノ、トウケイヘイローオーシャンブルー、ダノンバラードが3

10/21 22:27

2016,2017年のみやこSのレーティング表と指数分析結果

HERE IS THE NEWS【競馬section】

モンドクラッセ(アグネスデジタル) B -B B+ B+ B 4カゼノコ(アグネスデジタル) P P P 準AP+ B 3 5キョウエイギア(ディープスカイ) B -B B+ - A 6グレンツェント(ネオユニヴァース) A 準AP A P A 4 7ロワジャルダン(キングカメハメハ) B/ B/ / B 8モルトベーネ(ディープスカイ) B - / B B 準S59アポロケンタッキー(Langfuhr) P P - P SB 10インカンテーション(シニスターミニスター) - / PP B+ B+ 6 11アスカノロマン(アグネスデジタル) B+ P - 準A B+B+ 12ナリタスーパーワン(ウォーエンブレム) P / P / P - 713メイショウイチオシ(メイショウボーラー) A- -/ AB 14マイネルクロップ(クロフネ) P// / PP 815サクラエール(ケイムホーム) P - P

10/21 19:48

2019 みやこステークス 過去8年の傾向とデータ

TURFに吹く風

キングズガード 牡6 57.0 (栗) 3 7.3 藤岡佑 16 1 5 9 アポロケンタッキー 牡4 56.0 (栗) 4 7.6 松若風 2 3 6 グレンツェント 牡3 55.0 (美) 1 3.6 川田将 3 4 7 ロワジャルダン 牡5 57.0 (美) 7 17.1 浜中俊 15 1 2 2 ロワジャルダン 牡4 56.0 (美) 7 23.4 浜中俊 2 4 4 カゼノコ

アポロケンタッキー 1.50.1 36.2 3 7 7 7 4 2 グレンツェント 1.50.1 クビ 36.1 1 8 8 7 8 3 ロワジャルダン 1.50.2 3/4 36.1 1 10 10 10 8 15 1 ロワジャルダン 1.47.8 35.7 2 7 7 9 8 2 カゼノコ 1.47.8 アタマ 35.5 1 10 10 10 10 3

10/20 17:01

日曜競馬の買い目

昭和のセンスで現代競馬を推理します

得意馬。週中予想では4頭が該当と書きましたが、フェニックスは昨年のブリリアントS勝ちなので下ろします。サトノティターンテルベリオンコスメカナディアン買い方はダート2100m未出走→ダート2100m得意馬。2―1.11.135―1.11.13押さえに2―5、1―13新潟11R 北陸S3勝クラスのダ1200m定量戦気になる馬は、スビールアスール。芝レースを走ってきましたがダート3勝している短距離馬

10/19 21:49

ブラジルカップ

たぶお統括本部長・狙い撃ち

【ブラジルカップ】★東京11R・ブラジルカップ 軸は⑬サトノティターン! 前走は3ヶ月ぶりのGⅢエルムSを3着に好走。 3走前にはGⅢマーチSを勝っている重賞ウィナーで、府中ダート2100mも4走前に準オープンを4馬身差で圧勝したのも含めて[3.1.0.1]と抜群の実績を誇る。 叩き2戦目でベストのダート2100mなら57kgのトップハンデでも勝ち負け必至。 相手筆頭は①テルペリオン! 前走は2ヶ月半ぶりで交流重賞の白山大賞典を僅か0.5秒差4着に好走。 今回の府中ダート2100mも[1.0.0.1]で3走前にオープン特別勝ちがあるので叩き2戦目で首位争いへ。 3番手評価で⑭フェニックスマーク! 前走は9ヶ月の長期休養明けのラジオ日本賞を10着に惨敗だが休養が長かったので仕方ない。 そして今回は4走前にオープン特別ブリリアントSを勝った府中ダート2100mなので叩き2戦目で上位争い

10/19 16:13

ブラジルCの週中予想

昭和のセンスで現代競馬を推理します

【ブラジルCの週中予想】週中予想と言いながら、この記事をアップするのは、おそらく金曜日。週末予想かもしれません。記事を書いているのは水曜日。まだ枠順や最終登録が判明する前であることをお含みください。ではブラジルCの週中予想です。日曜府中のLOPダ2100mハンデ戦わたくしショウケイにとって非常に難解なレースの1つ。4年前。ドコフクカゼが1着だったころまでのブラジルCはダ2100mで好走した馬を中心に馬券組みすればなんとかなるレースでした。ハンデ戦という斤量云々よりダ2100mの得意な馬が狙って1着にくるレースという感じ。しかし、近3年は様相が違います。ハンデの有利性もダ2100mの得意な馬も1着には大きく影響しない結果になっています。ダ2100mの実績といえば6月スレイプニルS ダ2100m別定5月ブリリアントS ダ2100mハンデ2月金蹄S ダ2100m定量があり、この3鞍

10/18 14:00

韓国馬ブルーチッパーがBCダートマイルに挑戦!

海外競馬のブログ

【韓国馬ブルーチッパーがBCダートマイルに挑戦!】 ブルーチッパーがBCダートマイルに出走 Blue Chipper has arrived at Seoul Racecourse, his first stop on his way to Santa Anita and the Breeders' Cup. He'll be in pre-export quarantine at the international isolation stables here until, all being well, he flies from Incheon to LA next Monday pic.twitter.com/jsxPG17oXS — Korea Racing (@korearacing) October 16, 2019 今年のコリアスプリント

10/18 01:17

ブラジルカップ(L)

人生此常⊿坂路を後方一気

ノトランペットは発馬して先ずハナに立つ勢いを見せたが熨斗をつけて先頭を奪ったのがラインルーフ。1角をやや縦長の隊列で通過してラインルーフが先頭、ミキノトランペットは好位に付けていた。向正面では嘗てジャパンダートダービーJpnⅠを優勝したカゼノコのみポツンと最後方待機だった他は2つのかたまりを形成していた感じの1団で流れた。直線に入ってラインルーフは当初外のマイネルオフィールにかわされたが直線も半ばを過ぎる

ではダートGⅠ優勝にリーチを掛けていたが脚部不安発症で休養、復帰してアンタレスステークスGⅢを優勝したもののその後は低迷という中での惨敗だった。昨年末から佐賀競馬に転じて地元のみの競走では負け知らずもダートグレード競走では佐賀記念JpnⅢでも4着と精彩を欠いている。ダートG1ホースのカゼノコは人気にも推されず13着。3着のピオネロも8番人気だったので中波乱決着だった。★ 特別登録には19頭リステッド競走

10/17 00:10

10/12〜15新馬戦チェック

グランドスウォードの馬券収支向上日記

はなかなか見ることができないだけに。ちょっと気になったので調べてみるとこの馬おばあちゃんがスカーレットレディだったんです。スカーレットレディといえばサカラート、ヴァーミリアン、キングスエンブレム、ソリタリーキングといったダート重賞勝ち馬のお母さんなので血統的にダートが良かったのでしょうね。乾いた良馬場でどこまでできるかという面はありますがダートで面白いと思っています。

10/16 20:55

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

ダートG3重賞勝ち馬。近親Mshawishは16年ドンHなどG1レース2勝(ジャスタウェイが勝利した14年G1ドバイデューティーフリー4着など)。同じく近親に11年G3佐賀記念のメテオロロジスト。初戦は9月阪神芝1400mで2着、今回は1番人気で出走し2番手から抜け出して2着に3馬身差の勝利。2018年該当レース ・4回東京4日ダート1400m 新馬 タイム:() 2018年該当レース1着ハクナマタタ

10/16 19:15