新馬 (サ2才) 京都 5R 2014/10/14 に関する記事

ランブリングアレーに期待、小倉記念

JRA債権回収計画

-54-55、57-57-54、57.5-56-56。軽量馬が優勝した2017年を除く4年では斤量56キロ以上の実績馬が少なくても1頭、馬券対象に好走しています。ちなみに2017年も該当馬2頭のうちの1頭、斤量57キロのベルーフが3着馬とクビ差の4着でした。昨年は56キロ以上を背負った4頭のうちの3頭が1~3着でした。今年の出走メンバー14頭のうち斤量56キロ以上を背負うのは、ノーブルマーズ

08/15 18:53

小倉記念2020予想【過去データ分析】

競馬日和

にとってはこれ以上ない頼りになるデータとなるのは間違いないと思います。ちなみに、僅か2頭のみの出走数ながら15年2人気2着ベルーフ、13年5人気2着ラブリーデイの好走で連対率100%の3歳馬も出走馬がいた場合は注目する価値がある一方で、6歳馬に関しては【0・1・4・32】と1頭も勝ち馬が出ていないだけでなく複勝率も13%と不振傾向にあるのは過去のデータからも明らかで、それなりに上位人気の馬がいながら勝ち負け

08/15 10:48

【小倉記念(G3)】(2020データ分析篇)

~術はある~

" bgcolor="ddffff">2</td><td>ベルーフ</td><td align="center">牡4</td><td>新潟大G3</td><td align="center">芝20</td><td align

サンデー系</td></tr><tr><td>15</td><td align="center" bgcolor="ddffff">2</td><td>ベルーフ</td><td align="center">牡3

08/15 07:00

小倉記念2020ラップ考察(低レベルでも1頭面白い馬がいた)

血統×ラップ×厩舎で穴馬を探す

【小倉記念2020ラップ考察(低レベルでも1頭面白い馬がいた)】 過去5年4番人気以下で好走馬。 人気で区切るのは、 あまり意味ないけど、 盲点になりがちな馬という意味で、 区切っています。 タツゴウゲキ(1着) クランモンタナ(1着) アズマシャトル(1着) ベルーフ(2着) カデナ(2着) マウントゴールド(3着) フェルメッツァ(3着

です。 今回馬券になっている条件も加えると かなり絞れるのだろうか? メンツがダシガラ(ピーク過ぎた馬)なので、 かなり絞れるかもしれない。 ベルーフ(2着)3回出走経験あり・1回目 京成杯1着 36.3-35.7ミドルペース0.6(34.8) 12.7-12.0-11.7-11.7-12.3 残り1000m・60.4 残り800m・47.7 残り800m前後半 23.7-24.0 タイム差0.3

08/15 00:00

小倉記念 レポート 2020 【調教】

調教×データ

190 2015 1 アズマシャトル 栗東 ウッドチップ B 外 6 280 2 ベルーフ 栗東 ウッドチップ B 中 2 250 3 ウインプリメーラ 栗東 坂路 A 内 3 230 2016 1 クランモンタナ 栗東 坂路 A 外 11 790 2 ベルーフ 栗東 ウッドチップ B 外 4 290 3 エキストラエンド 栗東 坂路 A 内 6 380 2017 1 タツゴウゲキ

08/14 00:00

小倉記念の法則

☆新・史上最強の法則-海外支局☆

【小倉記念の法則】■血統傾向(過去5年)■ 父SS系が【3-2-4】、母父SS系が【2-3-0】で、父にも母父にもSS系の血を持たないのは、昨年3着のノーブルマーズしかいない。 父SS系は08年~17年の間、10連勝継続していたが18年で連勝がストップし、ここ2年は2着止まり。 ダブって馬券になっているのは、ディープインパクト【1-1-2】とステイゴールド【0-0-2】の2頭のみ。 ハービンジャー産駒が15年~17年で3年連続2着になっているが、これは16年、17年はリピーター・ベルーフとサンマルティンの2頭によるもの。 トニービンとジャングルポケット親子が【1-0-2】だが、このグレイソブリン系保持馬は昔から小倉記念とは相性が良い事で有名。 14年1着サトノノブレス(母父トニービン)、11年2着キタサンアミーゴ(同)、3着リクエストソング(同)、10年2着バトルバニヤン(父ジャングル

08/13 22:50
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

2020 小倉記念 過去10年の傾向とデータ

TURFに吹く風

5 54.0 (美) 2 5.2 戸崎圭 3 4 5 フェルメッツァ 牡6 55.0 (栗) 6 11.8 北村友 16 1 3 3 クランモンタナ 牡7 54.0 (栗) 11 36.6 和田竜 2 5 5 ベルーフ 牡4 56.0 (栗) 4 7.8 ホワイ 3 2 2 エキストラエンド 牡7 57.0 (栗) 6 10.9 浜中俊 15 1 8 15 アズマシャトル 牡4 56.0 (栗) 6 8.8 松若風 2 3 5 ベルーフ 牡3 54.0 (栗) 2 6.0 パート 3 2 3 ウインプリメーラ 牝5 53.0 (栗) 3 6.8 和田竜 14 1 6 9 サトノノブレス 牡4 57.0 (栗) 3 4.9 和田竜 2 8 13 マーティンボロ 牡5 56.0 (栗) 6 9.9 藤岡佑 3 1 1 メイショウナルト セ6 57.5 (栗

08/13 20:42

小倉記念の調教診断、危険馬、ラップ分析、サトノルークスのマイナス点

調教、ラップ、上り3Fからの高配当狙い

、7歳が2頭です。3歳の3着内率は100%だがベルーフの出走しかいないので実質のトップは4歳、5歳の29.4%で6歳は12.5%なので4歳、5歳が優勢で6歳以上の高齢馬は苦戦しています。今年の人気馬は4歳、5歳だが1人気になりそうなサトノルークスは危なっかしいです。当会の予想の基本のラップ、上り3Fの分析からサトノルークスのマイナス点を公開します。下記は近5年の3着内の15頭の自身の前半3Fと上り3

34.0-36.334.9-35.6 34.8-35.9 34.2-36.3近5年の3着内で自身の前後半3Fの合算時計が最も遅いのは16年の2着ベルーフ、3着エキストラエンドの73.2秒だがその16年はレースの前半3Fが36.2秒でスローなのに上り3Fが11.7-11.8-12.6秒で終い1Fが大きく失速する異例のラップだったので16年は参考外です。2016年を参考外にすると3着内の12頭で自身

08/13 19:24

今週の重賞【小倉記念】今年は荒れそうなメンバー

年間回収率100%超えを目指すブログ。買い目、回収率公開中!

-24.3-12.1 一杯内併走馬に併入2着ベルーフ 併用10本CW 81.6-66.1-52.1-38.7-12.4 一杯⑧内併走馬に先着3着エキストラエンド 併用9本栗坂 52.0-37.9-24.5-12.3 馬なり併走馬に先着2015年1着アズマシャトル 併用2本CW 77.7-63.6-50.6-38.0-13.0 一杯⑨内併走馬を追走し併入2着ベルーフ 併用7本CW 87.4-71.3

08/12 18:40

2020年 小倉記念 考察 ハンデ戦、前走より斤量が軽くなる馬が多い

隠居人 佳麗衆・梅爺のブログ

レースも全て変更になり、どこまで今までのデータが通用するか甚だ疑問ではあるが、いつものように直近の5年間の共通項を調べて見ることにする。 51回 2015年8月9日 2回小倉4日 11R 17頭立て(赤字牝馬)1着 8枠15番 4歳 56.0kg 6番人気 アズマシャトル2着 3枠05番 3歳 54.0kg 2番人気 ベルーフ3着 2枠03番 5歳 53.0kg 3番人気 ウインプリメーラ アズマシャトルマレーシアC(1人気)4着 ← 鳴尾記念(4人気)3着 ← 新潟大賞典(8人気)12着 ベルーフ皐月賞(7人気)12着 ← スプリングS(3人気)4着 ← 京成杯(3人気)1着 ウインフルブルーム (赤字牝馬限定戦)マーメイドS(6人気)4着 ← パールS(1人気)1着 ← 錦S(2人気)3着 52回 2016年8月7日 2回小倉4日 11R 12頭立て1着 3枠03番 7歳 54.0kg 11番人気

08/12 17:33
当ページを共有する