日刊スポーツ賞シンザン記念(2012/01/08) に関する記事

2020 G1 天皇賞・秋 予想!

ウ、ウマ~な生活

もその期待がかかるのは当然です。 G1馬5頭が参戦する、今回のメンバーですが、この相手なら、その偉業も手に届くところにあるのでは・・と思ってしまいます。 ただ、アーモンドアイも、「無敗馬」ではありませんからね・・・。年齢的にも、「5歳馬」で過去、「ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウォッカ、スイープトウショウ」といった、名牝たちも、「1番人気」に支持されながら、勝利を収めることができなかっただけに、手放しで、「8冠確定!」とは言い切れません。(しかも、この4頭で、馬券になったのは、ウォッカと、ジェンティルドンナのみです・・) それでも、過去のローテや、今年、まだ、馬券内を外していないですし、今回も、馬券対象外に沈むという光景は、想像できませんが、とりあえず、「虎の巻」にて、馬を絞っていきます。 早速、今回も、「虎の巻」を参考に馬を絞ってまいります。 まずは、「年齢」 もうお馴染みのこの項目、「6歳以上

10/31 23:23

2020 天皇賞秋(レース傾向)

競馬解読教室

~2012年はシルポートという快速マイラーが出走し、ハナを切った年。2013年にHペースを作ったトウケイヘイローにしても、シルポートほどの快速馬とは言えないが、G2を勝つほどの逃げ馬である。今年の逃げ候補は、ブリンカーを装着してきたダイワキャグニーか、ダノンプレミアムのどちらかだろう。いずれにせよ、両馬共にシルポートやトウケイヘイローのような快速馬ではなく、そもそも持てるスピード能力が全然違う。どちら

10/31 23:17

ククナ、末脚は確信しました

キャロット愛馬の一口馬主ブログ

JFへの出走はないのかな?シンザン記念?クイーンC?今日は、最低限の賞金加算できたので素直に喜びましょう

10/31 22:04

天皇賞秋2020の予想

ワコログ <馬と相撲とプロレスと馬のブログ>

【天皇賞秋2020の予想】なぜ芝のG1で8勝できないのか。シンボリルドルフもキタサンブラックも、テイエムオペラオーも、ジェンティルドンナも、ディープもウォッカも果たせなかった8つめのタイトル。なかなか8つって難しいってことなんですよね。歴史は繰り返す。アーモンドアイは内に潜った時に無双級の力を発揮します。逆に外を回らされて脚が溜まらなかった時に、少しだけ脆さが出ます。今回は外枠を引きました。展開

もこういうところで出遅れるイメージはありますよ。でも、そこさえクリア出来れば、絶対に好勝負できるはずなんです!相手はもちろんアーモンドアイ。ジェンティルドンナみたく、まさかの4着なんてことも無くもないですが、普通に走れば圏内は外さないかと。そして、一発を秘めたもう一頭が、▲⑩スカーレットカラーです!!この馬、この条件でこそだと思うんですね。外から真っ直ぐに伸びてこられれば3着はあると思います。岩田さん

10/31 22:00

2020年10月31日(土)2歳戦

natsuryoのダービーへの道

をしたので、今後も注目するべきだろう。【母】ダイワスカーレット12戦8勝。桜花賞GⅠ・秋華賞GⅠ・エリザベス女王杯GⅠ・有馬記念GⅠ・ローズSGⅡ・産経大阪杯GⅡを勝ち、有馬記念GⅠ2着・天皇賞秋GⅠ2着・シンザン記念GⅢ2着・チューリップ賞GⅢ2着。アグネスタキオンの代表産駒であり、牡馬なら後継種牡馬として活躍していただろう。そう思うと、牝馬だったのが悔やまれるほどの名馬だ。母(本馬の祖母)はスカーレット

10/31 21:57

中央競馬2歳リーディングサイアー(11月1日現在)

ブログ

1800m OP(L)萩S タイム:() 2019年主な出走馬1着ヴェルトライゼンデG1ホープフルステークス2着、G2スプリングS2着、G1日本ダービー3着、G2神戸新聞杯2着5着ギルデッドミラーG3アーリントンC2着、G1NHKマイルカップ3着 ・4回東京7日芝1600m G3アルテミスS タイム:() 2019年主な出走馬1着リアアメリアG2ローズS1着2着サンクテュエールG3シンザン記念1着3着

)(1勝)(101位)カーリン(631万)※海外供用 ミスタープロスペクター系(スマートストライク系)(102位)ニューアプローチ(620万)(1勝)※海外供用 サドラーズウェルズ系(102位)ミュゼスルタン(620万)(1勝)※新種牡馬(104位)サクラゼウス(561万)(1勝)(104位)トウケイヘイロー(561万)(1勝)(106位)ヴァンセンヌ(550万)(107位)イントゥミスチーフ(531

10/31 19:49
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

第9回アルテミスステークスを見に行った

ぶら~りネット探訪

ジェンティルドンナ、アーモンドアイの牝馬三冠も京都競馬で生で見ました。一番印象に残っているのは2018年のレインボーラインが勝った春の天皇賞でしょうか。リニューアルされた京都競馬に行くことを楽しみにしています。

10/31 19:19

中央競馬 11/1(日) 予想note

123タロウの競馬予想ブログ

,△,1,マイサンシャイン京都,6,◎,5,ドスハーツ京都,6,▲,6,ワイドソロモン京都,6,○,7,ニホンピロストーム京都,6,×,8,ナムラゴロフキン京都,6,注,9,オーケーメジャー京都,7,○,1,ストリクトコード京都,7,◎,2,ナリタザクラ京都,7,×,3,スターオブジーン京都,7,▲,4,メイショウサンガ京都,7,注,5,シエラネバダ京都,7,△,7,ダノンアポロン京都,8,◎,1

10/31 18:09

上昇馬リスト(簡易)

優太の追い切り考察会場

福島3R ↑エレナレジーナ ↑ナーシサステソーロ ↑ハンドリー 京都3R ↑クリノハーベスト ↑ジオフロント ↑タガノコハクゾラ ↑マイサンシャイン 福島6R ↑アンセッドヴァウ ↑ヴィーヴルサヴィ ↑クロヒョウ ↑サンロックランド ↑ラレーヌデュバル 福島7R ↑アスカリ ↑メイショウナパワン 京都7R ↑ヴァーダイト 福島9R ↑アルスラーン ↑サトノコメット ↑リヴァージュ 福島10R

10/31 17:58

天皇賞秋

赤馬日記

でしょう・・・Ω\ζ°)チーンとなれば、もうこれしかない、14年の天皇賞秋。1・2番人気のジェンティルドンナ・イスラボニータが2・3着でも凡走と言える伸び脚で、5歳で花開いたディープ産スピルバーグが差し切れました久しぶりで太目のアーモンドアイが出遅れ挽回しての競馬で伸び脚イマイチ、重馬場の非根幹距離巧者のクロノジェネシスが良の2000で伸び脚イマイチ、そこに5歳で本格化したフィエールマンがズドン❕一応、想像

10/31 17:38
当ページを共有する