1000万 (サ4上) 京都 12R 2011/02/20 に関する記事

異彩を放つ競争馬たち カレンチャン

元厩務員の追憶

【異彩を放つ競争馬たち カレンチャン】 (ここでは、現役競走馬やそれに近い馬の話題を取り上げたいと思います)カレンパパ、カレンママなど『カレン』を冠とするかわいいイメージの馬たち。成績もかわいく? 大きいレースとは無縁だった。神戸で眼科医をする馬主・鈴木隆司さんにとって、初の重賞をもたらせたのがカレンチャンである。父クロフネ、母スプリングチケット。母の父トニービン。2歳上には新馬から3連勝した、父サクラバクシンオーの半兄スプリングソングがおり、デビュー時から人気があったカレンチャン。2009年12月、新馬デビュー、ダート1200m。武豊を背に単勝1.6倍の1番人気。中団から差したが伏兵タカノキングを捉えきれず、2着となった。2010年、1月。未勝利戦・ダート1200mを鞍上・国分恭介で勝利。初芝1200m、萌黄賞(500万下)を鮫島良太で勝利。初重賞、フィリーズレビュー・芝1400m

09/02 21:00

【STV賞】(札幌)~ワールドヘリテージが内から突き抜ける

競馬実況web - News

【【STV賞】(札幌)~ワールドヘリテージが内から突き抜ける】 札幌11RのSTV賞(3歳以上2勝クラス・芝1500m)は4番人気ワールドヘリテージ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒7(稍重)。1馬身半差の2着に3番人気ヤマニンペダラーダ、さらにハナ差の3着に1番人気ダブルシャープが入った。 ワールドヘリテージは美浦・金成貴史厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤコジーン、母サクラナスカ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は10戦3勝。 ~レース後のコメント~ 1着 ワールドヘリテージ(横山典弘騎手) 「前回一度この馬に乗って、自分も馬のことがわかりましたし、馬もレースをわかってきました。今日は良い形で、スムーズなレースでした。難しい馬ですが、上手くコントロールしてやれば、もう少し長い距離で面白い馬だと思います」 2着 ヤマニンペダラーダ(C.ルメール騎手

08/10 17:31