1勝 (サ4上) 阪神 8R 2008/03/02 に関する記事

呆気なく去った君に花束を

人は遊びながら……

【呆気なく去った君に花束を】11月8日(日)金沢競馬場、ダート、2000mにて第68回北國王冠(重賞)が行われ、ゴール前の攻防を制したスギノグローアップが勝利。その2着に迫ったタガノゴールドは、入線後に倒れ、そのまま心不全でこの世を去りました。亡くなったタガノゴールドは、園田、新子雅司厩舎所属。2011年2月4日生まれの9歳牡馬。父、ゴールドアリュール、母、アンテヴォルテ、母父、ブライアンズタイムという血統。2013年に中京競馬場でデビュー。JRAでは5勝を挙げてオープン馬となり活躍。2015年に兵庫に移籍し、通算で重賞を8勝。2019年には兵庫の年度代表馬・最優秀4歳以上中長距離馬にも選出されました。通算成績は55戦14勝。園田競馬では彼の活躍を偲び、献花台が園田競馬場内1階映像ホール横スタジオ前に設置される旨が9日、兵庫県競馬組合より発表されています。設置期間は11月10日(火

11/12 00:00
当ページを共有する