迎春ステークス(2008/01/20) に関する記事

残念…

見る子 でむーろの競馬生活

【残念…】今週は、レパードSを予想しようと思い、1頭穴馬を推奨しようと思っていたのですが、その馬は出走できませんでした…やる気を削がれました😑今日は、札幌11レースの穴馬を1頭❗その馬は、ロサグラウカグレイトフルステークスで、あのG1好走馬、モズベッロに先着し、迎春ステークスでは、今回5番人気のウラヌスチャームとクビ差、クレッシェンドラヴに先着しています。今回、長期休養明けになりますが、この馬は、あまり間隔を詰めて使ったことがありません。なので、中23週でも普通に走るかも❗相手に⑩,⑫の札幌で好走経験のある2頭を買おうかな。

08/08 13:22

【女性騎手・一覧】2023年には21人の女性騎手が誕生する予定

海外競馬

ことから。 身長147 ㎝ 佐々木 世麗(ささき せれい) 2021年4月デビュー予定 出典:夢を血が追いかける 身長149 ㎝所属新子 雅司 厩舎目標とする騎手笹田騎手 園田初の女性騎手になります。 今村 聖奈(いまむら せいな) 2022年3月デビュー予定 今週土曜日の中山、迎春Sに出走予定のナイママです。競馬学校騎手課程から武藤厩舎に研修に来ている、今村聖奈

07/31 12:07

コロナ渦のPOG・2020 - 2021シーズン、24th身内POG指名馬レビュー!!(第2回)

POG血統探検blog

.クリーンスイープ(スイープトウショウの2018)9.テンバガー(トップセラーの2018)10.マイネルグロン(マイネヌーヴェルの2018)・ベスト血統的推し馬→サヴァニャン:半兄シャケトラはかつての指名馬、ディープインパクト×母父シングスピールはシンハライト輩出むらやまさん1.アルマドラード(ラドラーダの2018)2.レイオブウォーター(ノーブルジュエリーの2018)3.クライミングリリー(コンテスティッド

07/19 18:44

過去の出資馬ふり返り 2016年産馬

TK達乃助の馬ブログ

の16♂ 1/100 父ドリームジャーニー19マイネヴォヤージの16♂ 2/100 父スクリーンヒーロー26マイネボヌールの16♂ 1/100 父スクリーンヒーロー29マイネルーチェの16♂ 1/100 父グラスワンダー41マイネアルナイルの16♀ 2/100 父スクリーンヒーロー48マイネヒメルの16♀ 1/100 父オルフェーヴル51マイネレーツェルの16♀ 1/100 父グラスワンダー父馬・種

07/18 13:47

函館記念 レポート 2020 【調教】

調教×データ

【函館記念 レポート 2020 【調教】】函館記念 レポート 2020 【データ】はこちら  函館記念 2008 1 トーセンキャプテン 函館 ウッドチップ G 内 4 250 2 フィールドベアー 函館 ウッドチップ G 単 1 160 3 マンハッタンスカイ 函館 ウッドチップ G 外 2 190 2009 1 サクラオリオン 札幌 芝 L 外 4 220 2 マヤノライジン 函館 ウッドチップ G 単 10

07/18 00:00

会社をサボって

マダムの業務日誌

【会社をサボって】いや、正当な半休取得です!管理人です。ロイヤル・アフタヌーンティー@コンラッド東...

07/17 22:58
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

阿武隈ステークス2020予想:指数付出馬表

温故知福馬

54 ジャコマル 加重平均:73 2.9関門橋3C 13着/71 +0.2/-0.1 1.11迎春3C 9着/73 +0.3/+0.0 12.7 2勝ク 1着/76 +0.4/+0.2 指数上位 ⑥ニューポート 75 ⑦マイネルラフレシア 75 ⑪ドリームソルジャー 75 ⑭ショウナンバルディ 75 ⑮シークレットラン 74 ⑤バリングラ 73 ⑯ジャコマル 73

07/17 21:55

週中競馬記事(2020年7月17日)~今週の2歳戦~

ブログ

サラブレッドセール4543万円取引馬(同セール最高価格)。社台ファーム生産、スリーエイチレーシング所有。 (メモ)本年はネット開催となったた千葉サラブレッドセールのトップセラーということですが、昨年大当たりしたハーツ産駒が本年は出足が非常に鈍く福島芝1200mという条件も?2歳セールでそれだけの価格なので走られても驚きではないのですが欧州血統の母系でもあり最終週も力を要す馬場とはいえ小回りでは。本年は番組

07/17 18:51

七夕賞2020 予想 ダート指向の全体的なスピードを生かしやすい

七夕賞2020/あみー競馬予想

)? 総合力:E-?相当 母:ヴィルシーナ(おじ:シュヴァルグラン、おば:ヴィブロス) 7-14 オセアグレイト(55.0kg) 短評:(迎春ステークス2020 回顧) 好位・内から差し切る。展開と能力適性がやや一致? 血統(父:オルフェーヴル×母父:Bahri=父:Riverman×母父:Nijinsky。×母母父:Sadler's Wells)のイメージ通り重い芝の中長距離で好走していて、今回のレースは能力をある程度発揮できるものだったと思われます。欧州型が強い血統のため、高速馬場など軽いスピード能力が重要になる条件ではパフォーマンスが低下しやすそう。 適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:20'迎春S 56.0kg) (誤差注)ツナギは長い、やや太い、角度普通。標準飛節。 重めの芝の中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、重めの芝の2400m前後◎?(中距離

07/12 14:30

七夕記念 データ考察PART1

競馬太郎の五里霧中で暗中模索

.3秒しか違わないんです!もちろんデータもヒットしています。競馬太郎、筆頭アナ馬です。続いて紹介するデータは「中山の、2000m以上のレースで過去5戦以内に3fのタイムが1位の末脚を使える馬が馬券になっている。」です。このデータに引っかかるアナ馬は…11番人気想定 オセアグレイトです!この馬を迎春Sから追っていますがメトロポリタンSでは勝馬に0.2秒まで迫るレースをしてくれました。着順を見るとパット

07/09 22:36
当ページを共有する