マイルチャンピオンシップ(2006/11/19) に関する記事

古豪ロンドンタウンの目標はチャンピオンズC

馬なり男爵の馬バカ日誌

【古豪ロンドンタウンの目標はチャンピオンズC】G1マイルCS南部杯(盛岡・ダ1600㍍)で5着に頑張ったロンドンタウン[牡6・牧田和厩舎]は、吉澤ステーブルWESTさんへリフレッシュ放牧。今後は、12月1日のG1チャンピオンズC(中京・ダ1800㍍)へ向かう予定です。ここまでキャリア32戦。重賞初挑戦となった2016年のG3武蔵野S(東京・ダ1600㍍)以来、常に重賞戦線を歩み、今尚も一線級を相手に走り続けているマッキー軍団の総大将。一つ勝つことさえ厳しい世界なのに、重賞タイトルを含め、JRA8勝。頭が下がる思いです。毎年、国内において約7000頭の競走馬が生産されていますが、新馬・未勝利競走が大体1500レースなので、地方交流競走を入れても、一世代あたりの勝ち上がり率は20㌫強程度でしょうか。故障などでデビューまで辿り着けない仔もいますし、狭き門ですね…。10月4日現在、合計7842頭

10/22 23:36

ノルマンディー中間発表【最終】からの?(備忘録)

はにまるの「馬好き、旅好き、一口馬主」盛り上がるほう優先で。笑

て。ノルマンの1人気馬はセルヴァで懲りました。16.は高いです17は兄姉に走った馬がいないので… 上記の馬では、 7.モーリスは馬体●●だと思っているので…26.ダイワメジャーにしては小さいかな? どうせわからないのなら、このへんが面白いかも…25.キズナっぽくないですね。 上が父サンデー系牝馬は走っているようなので いってもいいかなとも思いますが、背中がカタそう… 左後脚が凄く違和感

10/22 23:26

レース回顧
富士S

ノリベッキオの馬券王への道

【レース回顧富士S】19日(土)東京で行われた富士Sは骨折明けもなんのそのノームコアが後方待機から大外を突き抜けての快勝でした。この日の東京は不良スタートではありましたが、このレースは稍重まで回復。普通に高速馬場ではありましたね。勝ちタイムは1分33秒0。ラップバランスとしてはスローではあります。中盤がそこそこ緩んでいるので、そこで押し上げて直線前を向けた馬に有利な流れではあったと思います。勝ったノームコアはスタートこそまずまずでしたが、リズム重視で後方待機。直線は長くいい脚を使っての快勝でしたね。斤量はラクではなかったと思いますし、おまけに骨折明けですから、馬が充実期でこのコースが合うのは間違いないのでしょう。条件は変わりますが、マイルCSも当然有力な1頭になりますね。2着はレイエンダ。前半ゆっくり入って、上手く脚を溜めることができましたね。流れ的にも噛み合ったと思います。個人的には少しつかみ

10/22 23:22

来年度開催日程を見て

毎日が一口馬主!

/201910/102105.html 大きな話としては、来夏は東京オリンピックの開催を考慮して、夏期の小倉開催数が減る点と、京都競馬場が2020年11月から2023年3月まで大改築、改修に入るため、秋のエリザベス女王杯とマイルCSが阪神になる点である。 小倉の開催が減る点についてふと思ったことは、レース数が減って未勝利馬がより淘汰される事と新潟競馬場には栗東組が大挙して乗り込みそうで、かなりサバイバル

10/22 23:15

YASUの小心馬券 【重箱の隅&穴馬候補】 スワンS

YASUの小心馬券

と言われると格下感満載だが、条件馬の時から将来のマイルCS馬と期待していた、京都・1400M共に絶好とも思える条件、鞍上も名手スミヨンなら文句なしでロードカナロアの大物が天皇賞より先にヴェールを脱ぐ。 ★単勝一桁の馬が5頭とオッズからも混戦模様だ、人気馬の中に疑問視している馬も多く、格下ながらダイアトニックから攻める手もありそうだ。休みボケの高齢馬グアンチャーレ・京都鬼門のトゥザクラウン

10/22 22:45

【スワンS】ノーワン短距離のGIIなら好勝負

爺KENの「競馬」が私の生きる道

【【スワンS】ノーワン短距離のGIIなら好勝負】京都では土曜メインにスワンS(26日、GII、芝1400メートル)が行われる。1着馬にマイルチャンピオンシップ(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だ。 スプリンターズS組では、ノーワン(栗東・笹田和秀厩舎、牝3歳)に注目だ。オークス(18着)以来の4カ月ぶりの実戦で、初の年長馬相手のGIながら、1着のタワーオブロンドンから0秒7差8着と大きくは負けなかった。桜花賞(11着)、オークスでは距離の壁を感じさせたが、フィリーズレビュー勝ちの実績からも短い距離のGIIなら好勝負が望めそうだ。3歳馬は過去6年で4勝。16、18年は出走がなかったので全勝している点も強調できる。tシャツ メンズ 俺流 魂心Tシャツ【一番人気はいらない、一着が欲しい。】名言 漢字 文字 メッセージtシャツ おもしろ雑貨 | 文字tシャツ

10/22 22:40

【スワンS】スミヨン騎手と新コンビのダイアトニックも侮れない存在

爺KENの「競馬」が私の生きる道

【【スワンS】スミヨン騎手と新コンビのダイアトニックも侮れない存在】 京都では土曜メインにスワンS(26日、GII、芝1400メートル)が行われる。1着馬にマイルチャンピオンシップ(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だ。 実績は見劣るが、魅力にあふれるのがダイアトニック(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)。今年2月にオープン入りし、重賞初挑戦のダービー卿CTで僅差4着に善戦すると、続く前走のリステッド・安土城Sを快勝した。デビュー10戦で5着以下がなく、芝1400メートルでは5戦4勝、2着1回、京都外回りに限れば4戦全勝。自身最長の5カ月あいての臨戦となるが、侮れない存在なのは間違いない。新コンビを組むクリストフ・スミヨン騎手のリードにも注目したい。tシャツ メンズ 俺流 魂心Tシャツ【一番人気はいらない、一着が欲しい。】名言 漢字 文字

10/22 22:36

【スワンS】昨年の安田記念馬のモズアスコットが復調気配

爺KENの「競馬」が私の生きる道

【【スワンS】昨年の安田記念馬のモズアスコットが復調気配】 京都では土曜メインにスワンS(26日、GII、芝1400メートル)が行われる。1着馬にマイルチャンピオンシップ(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だ。 昨年の安田記念を制したモズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)は、続くスワンSで2着に好走後は5戦して掲示板に載れないでいるが、連覇を期した安田記念で小差6着、前走の毎日王冠も実績のない距離ながら6着と、復調を感じさせる。昨年よりも1キロ軽い斤量57キロで、復活となるか。tシャツ メンズ 俺流 魂心Tシャツ【一番人気はいらない、一着が欲しい。】名言 漢字 文字 メッセージtシャツ おもしろ雑貨 | 文字tシャツ 面白 大きいサイズ 文字入り プレゼント バックプリン皐月賞 日本ダービー サニーブライアン 大西 直宏 競馬価格

10/22 22:31

【スワンS】ロードクエスト、初コンビのシュタルケがどう導くか注目

爺KENの「競馬」が私の生きる道

【【スワンS】ロードクエスト、初コンビのシュタルケがどう導くか注目】 京都では土曜メインにスワンS(26日、GII、芝1400メートル)が行われる。1着馬にマイルチャンピオンシップ(11月17日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だ。 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡6歳)も、昨年のスワンS快勝後は複勝圏が遠いが、安田記念(12着)、前走の京成杯オータムH(8着)ともに落鉄の憂き目に遭うなど、スムーズさを欠いた面がある。20日の東京競馬で3連勝を含む4勝の固め打ちを飾ったアンドレアシュ・シュタルケ騎手が、初コンビでどう導くか興味深い。 一昨年の高松宮記念勝ち馬で、今年の同レースも2着とスピードをアピールしているセイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡6歳)は、1年5カ月ぶりの1400メートル戦が鍵。他では、同舞台の京都牝馬Sを制したデアレガーロ(美浦

10/22 22:27

【天皇賞・秋】ウインブライト松岡「成熟してきたのを感じる」

爺KENの「競馬」が私の生きる道

くらい上向くかでしょう。 ――国内GIは昨年のマイルCS・9着以来 松岡:今回の相手はここ10年でも一番と思えるくらい強いメンバーが揃った。でも、そういうところで戦っていかないといけない馬。いい競馬がしたい。 ――春からの変化は 松岡:乗っていてガツンとくる感じじゃないんですけど、全身のたくましさが増したし、馬自身は成熟してきたと思う。言葉では言い表しにくいけど、直感で感じるものはあります。 ――一番の長所

10/22 22:22