東京シティ盃(2006/03/01) に関する記事

馬活⁉️( やっとこ 今年の初出資 )

一口馬主のおふざけ日記(馬)

シュウザンアイ × コパノリッキー15 コウエイソフィア× ダノンシャンティ今年の仔は 高齢格安馬で 心配もあるが ( ̄ー ̄)毎年 思惑どうりに 行かないので まいっか 😙とにかく中央で 長く走って欲しいな❤️ご一緒さんは よろしく どーぞでーす🙌🎵( ̄∇ ̄*)ゞ

12/04 12:38

2歳メモ(検索用)~5回阪神5日・5回東京5日(11月21日)未勝利戦~

ブログ

記念の地方117戦15勝モエレトレジャー。 ・トーホウディアス(牡 南井)トーホウジャッカル×トーホウプリンセス(サクラバクシンオー)母トーホウプリンセスは1000万特別勝利の4勝。本馬は3番子。祖母トーホウアスカは02年G3函館2歳S2着(1着アタゴタイショウ)。 ・ハクビ(牝 高野)エピファネイア×シラユキ(クロフネ)母シラユキは2歳未勝利1勝。本馬は2番子で18年セレクトセール3132万円取引

11/19 20:30

2020東海菊花賞(重賞)予想

人生競馬中心

【2020東海菊花賞(重賞)予想】明日、名古屋競馬場で地方全国交流重賞競走、東海菊花賞が行われます。昨年の東海菊花賞は佐賀のグレイトパールが優勝。東海菊花賞は1960年に創設された名古屋競馬伝統の重賞競走。1996年にJRAを含む指定交流重賞競走として実施、翌1997年にはダートグレード競走GⅡに格付け。2001年からは名古屋グランプリが新たに創設された事により、東海菊花賞はかつての2500mから1900mに距離変更、グレード外の地方競馬間交流重賞になりました。指定交流、ダートグレード競走時代の優勝馬は全てJRA所属馬。グレード外になってからの主な歴代優勝馬にはブラウンシャトレー、マルカセンリョウ、レイナワルツ、チャンストウライ、ヒシウォーシイ、マルヨフェニックスなどがいます。また、2016年~2018年は地元・名古屋のカツゲキキトキトが同競走初の3連覇を達成しています。カツゲキキトキト

11/12 18:30

2歳メモ(検索用)~4回京都6日・4回東京6日・4回新潟6日(10月25日)未勝利戦~

ブログ

のアドマイヤマックスなど活躍馬多数ファンシミンの一族。 ・トーカイキング(牡 西橋)ヴィクトワールピサ×ポポチャン(トウカイテイオー)母ポポチャンは未出走。本馬は8番子。半兄に16年OP米子Sのケントオー(父ダンスインザダーク)。おじに91年G3ラジオたんぱ杯3歳Sのノーザンコンダクト。近親に04年G2浦和記念の地方117戦15勝モエレトレジャー。 ・ライトニングホーク(牡 吉村)ディープインパクト×ノヴァホーク

10/23 14:06

2020埼玉新聞栄冠賞(重賞)予想

人生競馬中心

【2020埼玉新聞栄冠賞(重賞)予想】 【OKASHIRA】ホットフィットマスク 冬用 あったか 繰り返し 使える ヒート マスク (グレー, 1)Amazon(アマゾン)989円 明日、浦和競馬場で1900mの南関東所属馬による重賞競走、埼玉新聞栄冠賞が行われます。昨年の埼玉新聞栄冠賞はディアデルレイが優勝。埼玉新聞栄冠賞は1991年に〝埼玉新聞杯〟として創設。その後、2008年に〝埼玉栄冠賞〟にレース名を変更、2012年より現在の〝埼玉新聞栄冠賞〟として実施されています。歴代の優勝馬にはマキバサイレント、マキバスナイパー、モエレトレジャー、ナイキアディライト、トーセンジョウオー、ブルーラッド、ボランタスなどがいます。発走は15:55です。8番ミキノトランペットは出走取消です。地元・浦和5頭、大井3頭、船橋2頭の計10頭で争われます。同じ浦和競馬場で行われるJpnⅡ浦和記念への前哨戦である埼玉

10/20 19:00

2020東京盃(JpnⅡ)予想

人生競馬中心

と初戦の東京シティ(現フジノウェーブ記念)、フロンティアスプリント盃(現廃止)と重賞競走を連勝、適距離ではないマイルグランプリでも2着と本格化を窺わせる。夏には水沢に遠征しての栗駒賞、大井に戻ってのアフター5スター賞ともに完勝、この年地元・大井競馬場で行われるGⅠJBCスプリントを目指してGⅡ東京盃に出走する。GⅡ東京盃にはJRAからサウスヴィグラス、ノボジャック、ノボトゥルーなど強力メンバーが遠征

東京シティ、アフター5スター賞連覇、フロンティアスプリント盃、栗駒賞、GⅠJBCスプリント2着、マイルグランプリ2着、東京シティ2着。※格付けは当時の表記です。発走は20:10です。優勝馬にはJpnⅠJBCスプリントへの優先出走権が与えられます。JRAから5頭、地元・大井5頭、浦和2頭、船橋、川崎、北海道各1頭の計15頭で争われます。JBCスプリントへ向けた最重要ステップレースである東京盃。今年

10/06 18:45
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

2020姫山菊花賞(重賞)予想

人生競馬中心

【2020姫山菊花賞(重賞)予想】本日9月30日から園田競馬場は無観客解除しました(^-^)明日、園田競馬場でJBC指定競走、姫山菊花賞が行われます。昨年の姫山菊花賞はストーミーワンダーが優勝。姫山菊花賞は1961年に創設。アラブ系4歳(旧表記)馬の重賞競走として実施され、エイランボーイ、サンバコール、タカライデン、ニシノハクリュウ、クールテツオーなどが優勝。2002年より東海・北陸・近畿地区交流のサラブレッド系重賞に変更、2005年より新たに南関東所属馬にも開放され、JBC指定競走になりました。歴代の優勝馬ではホクザンフィールド、ヨシノイチバンボシ(名古屋)、ウイニングウインド(名古屋)、モエレトレジャー、マルヨフェニックス(笠松)、タガノサイクロン、タガノゴールドなどが姫山菊花賞を優勝後にJBC競走に挑戦しました。発走は16:05です。地元・兵庫8頭、浦和2頭、笠松1頭の計11頭

09/30 20:30

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月21日現在)

ブログ

未勝利(牝) タイム:1分11秒6(良)母バトルアンコールは中央・地方未勝利。本馬は4番子で2019年北海道セプテンバーセール324万円取引馬。おじに01年G1全日本2歳優駿のプリンシパルリバー。4代母モデルスポートは78年ダービー卿チャレンジトロフィーなど重賞2勝、その産駒に87年G2毎日王冠など重賞5勝ダイナアクトレス、一族に08年G1ジャパンカップのスクリーンヒーロー、06年G1中山大障害

09/22 13:29

2020ゴールドジュニア(重賞)予想

人生競馬中心

【2020ゴールドジュニア(重賞)予想】本日、大井競馬場で2歳馬による新設重賞競走、ゴールドジュニアが行われます。準重賞だった昨年のゴールドジュニアはストーミーデイが優勝。ゴールドジュニアは1967年に2歳(旧3歳)の準重賞〝ゴールドジュニアー〟として創設。歴代優勝馬にはアイアイシリウス、ゴールドヘッド、ベルモントソレイユ、グッドストーン、ロイヤルボス、マグニフィカ、クリスタルシルバーなどがいます。また、1972年には〝元祖アイドルホース〟国民的ヒーローだった名馬ハイセイコーが優勝しています。発走は20:10です。地元・大井7頭、浦和、川崎、船橋各2頭の計13頭で争われます。今年から南関東重賞格付けSⅢに昇格したゴールドジュニア。元々〝ゴールドジュニアー〟の名称だったんですが、個人的にはゴールドジュニアと言えば笠松競馬の重賞競走・皐月賞トライアル地区代表馬選定競走のゴールドジュニアをイメージしてしまい

09/21 16:45

2020戸塚記念(重賞)予想

人生競馬中心

【2020戸塚記念(重賞)予想】明日、川崎競馬場で南関東3歳馬による重賞競走、戸塚記念が行われます。昨年の戸塚記念はヒカリオーソが優勝。戸塚記念は南関東所属3歳馬の重賞競走として1971年創設。2018年より南関東格付けSⅠに昇格しました。歴代優勝馬にはドルフィンボーイ、アトミックサンダー、ジェネスアリダー、モエレトレジャー、ビービートルネード、ブルーラッド、ナターレ、アスカリーブル、チャイヤプーンなどがいます。発走は20:10です。地元・川崎4頭、大井4頭、浦和3頭、船橋3頭の計14頭で争われます。2018年から南関東重賞最高格付けSⅠに昇格した3歳重賞戸塚記念。昨年は東京ダービー馬ヒカリオーソが優勝、今年も昨年のJpnⅠ全日本2歳優駿を制しNAR最優秀2歳馬に選出されたヴァケーションが登場。他にも南関東クラシック上位馬など、SⅠ重賞として良いメンバーが揃いました。ただ有力馬の1頭

09/15 18:00
当ページを共有する