新馬 (サ2才) 中山 5R 2005/12/03 に関する記事

【新馬戦回顧】11/16週の振り返り 東京は超高速馬場でしたね。

人生は競馬と共に

戦でしたが、勝った⑧シャイニーズランは馬群の最後方(大きく遅れていた⑥ラガーヴィーヴを除いて)追走から直線入り口で上手く捌いて大外に出すとそこから矢のような伸び。仕上がり厳しそうで消してしまいましたが、シュウジの下でキンシャサノキセキ産駒(要は全弟)、今年好調の和田騎手で外枠ですから・・・押さえても良かったですかねぇ。。。 次走以降狙い馬 ⑥ラガーヴィーヴ(8番人気8着) 上述した馬ですが、何気

11/21 23:11

ジャパンCなどでは、「大阪府立大学OBの管理馬」から目が離せません

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

で調教助手をやって、2003年に自分の厩舎を開業しました。初めの年は、「6勝・獲得賞金1億2370万円」という成績でしたけど、次の年に、「16勝・獲得賞金2億2801万円」と大きく数字を伸ばすと、2005年からは、毎年欠かさず20勝以上していますし、ビーナスラインを使った2006年の函館スプリントSで初めての重賞勝ちを飾った堀先生は、キンシャサノキセキを使った2010年の高松宮記念で初めてのGI勝ち

11/21 13:07

来週から開催の中山ダート1200の傾向分析です。

たっぷたっぷのブログ

カネヒキリ、父キンシャサノキセキのサンデー血統の馬をが良くきていました。3、騎手マーフィー 3,1,3,7(21.4,28.6,50.0%⬆︎)ルメール 3,5,3,18(10.3,27.6,37.9%⬆︎)横山典 8,6,7,37(13.8,24.1,36.2%)戸崎 18,13,7,73(16.2,27.9,34.2%)田辺 11,11,10,74(10.4,20.8,30.2%)武藤 8,12,6

11/21 05:52

キャピタルステークス(L)

人生此常⊿坂路を後方一気

(2005年)、キンシャサノキセキ(2007年)といった後のGⅠホース、同連対馬、同上位人気馬(かつGⅡ優勝馬)等が。☆ 昨年は良馬場、14頭で行われ、1番人気には前年の勝ち馬でもあったダイワキャグニーだったが⑦着に敗れ、ゴール前の大接戦となったレースを制したのは6番人気だった6歳牡馬のグァンチャーレがタワーオブロンドンをクビ差で退けた。勝ち馬のグァンチャーレは前走毎日放送賞スワンステークスGⅡ ③着

11/21 00:05

【血統&馬体講座】シャイニーズラン

競馬(JRDB)を100倍楽しむ方法

【【血統&馬体講座】シャイニーズラン】2019年11月17日(日) 京都06R 芝1200 2歳新馬 1着 牡2 シャイニーズラン 父 キンシャサノキセキ 母 カストリア 母父 キングマンボ 出産時の母の年齢 16歳 毛 色 鹿毛 馬体重 452K 厩 舎 森田直(栗東) 馬 主 田畑 利彦氏 生産者 浜本牧場 生産地 日高 育成牧場 シュウジデイファーム 帰厩1走目 ヘイロー系 キンシャサノキセキ 2003フジキセキ 青鹿 1992Sunday Silence1986Halo1969Wishing Well1975Millracer1983Le Fabuleux1961Marston's Mill1975ケルトシャーン 1994Pleasant Colony1978His Majesty1968Sun Colony1968Featherhill1978Lyphard

11/20 15:39

カナロアの種付料が2000万円

毎日が一口馬主!

【カナロアの種付料が2000万円】社台スタリオンステーションから、2020年度の種牡馬種付け料が発表された。 (龍王、ロードカナロア) 【主な種牡馬 種付料 抜粋】ロードカナロア 2000万 (+500万) ※Bookfullハーツクライ 1000万 (+200万)ドゥラメンテ 700万 (+100万) ※Bookfullダイワメジャー 600万 (+100万)ハービンジャー 600万 (±0)ルーラーシップ 600万 (+200万)キズナ 600万 (+250万)エピファネイア 500万 (+250万)ジャスタウェイ 400万 (±0)モーリス 400万 (±0)オルフェーヴル 300万 (▲100)キンシャサノキセキ 250万 (+50) ディープインパクトとキングカメハメハが去り、ロードカナロアが種付料トップの2000万円になった。 両巨頭がいなくなって、これからの覇権争い

11/20 12:35
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

【種牡馬】社台SS種付け料とシルク出資馬

そうろうにて候@のるまんでぃーOC

【【種牡馬】社台SS種付け料とシルク出資馬】社台スタリオンステーション繋養馬2020年シーズン種付料 エピファネイア500万円 +250万円 順当にアップオルフェーヴル300万円 -100万円 順当にダウンキズナ600万円 +250万円 過剰人気?キンシャサノキセキ250万円 +50万円 堅実にアップジャスタウェイ400万円 ±0万円 下げるに下げれない?ダイワメジャー600万円 +100万円 堅実にアップドゥラメンテ700万円 +100万円 キンカメ没によりアップノヴェリスト150万円 -50万円 順当にダウンハーツクライ1000万円 +200万円 ディープキンカメ没によりアップハービンジャー600万円 ±0万円 高止まりミッキーアイル150万円 ±0万円 お買い得感モーリス400万円 ±0万円 半信半疑?リアルインパクト 200万円 +120万円 妙味乏しくリアルスティール200万円

11/20 11:24

社台の種牡馬通信簿2019.ロードカナロアに2000万の価値があるのか??

攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

+250万 600万 ハービンジャー±0 600万 ルーラーシップ+200万 500万 エピファネイア+250万 400万 キタサンブラック±0 400万 モーリス±0 400万 ジャスタウェイ±0 300万 オルフェーヴル-100万 300万 サトノダイヤモンド±0 300万 ドレフォン±0 250万 リアルスティール+50万 250万 キンシャサノキセキ+50万 200万 リアルインパクト+120

ラッキーライラック(エリザベス女王杯) G2 0勝 G3 1勝 マーメイド     ジャスタウェイ 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 ジャスタウェイ 67- 63- 67- 648/ 845 7.9% 15.4% 23.3% 69 66 400万 ±0   重賞未勝利     キンシャサノキセキ 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値

11/20 09:54

週中競馬記事(2019年11月19日)

ブログ

【週中競馬記事(2019年11月19日)】◆2歳戦1位(1位)ディープインパクト(4億8356万4000)(39勝)2位(2位)キズナ(3億4956万9000)(26勝)※新種牡馬3位(3位)ハーツクライ(2億7515万4000)(17勝)4位(4位)エピファネイア(2億6950万1000)(24勝)※新種牡馬5位(5位)ダイワメジャー(2億5658万4000)(16勝)6位(6位)ロードカナロア(2億408万6000)(16勝)7位(7位)スクリーンヒーロー(1億9012万4000)(12勝)8位(8位)キンシャサノキセキ(1億8940万6000)(15勝)9位(9位)オルフェーヴル(1億8535万6000)(15勝)10位(10位)ヘニーヒューズ(1億7663万)(17勝) 11位(11位)リアルインパクト(1億5039万8000)(11勝)※新種牡馬12位(12位)ルーラーシップ

11/20 01:25

兄のように

人は遊びながら……

。勝ち時計は、1分10秒7(良)。シャイニーズランは、栗東、森田直行厩舎の2歳牡馬。父、キンシャサノキセキ、母、カストリア、母父、キングマンボ。重賞2勝をしているシュウジの全弟にあたる血統。「左に張るところがあったが馬を置くと大丈夫。出して行く脚は速かったね。本番で走るのは血統」と和田騎手。「返し馬でチョコマカ走っていて“芝が合うのかな…”と心配したぐらい。付いて行けなかったが追い出してからは良かった。背割れしてまだ太いし、(初戦から走るのは)血統だね」と森田師も感心しきり。まだちょっと、成長途上のところもあるようですが、やっぱり血統馬は違います。体型からいっても短距離馬ではないかという森田師の見立てですが、お父さんも、お兄さんも短距離馬だし、短距離での活躍が期待できそうですね。それにしても、この日は、好きだったキンシャサノキセキの子供が2頭新馬戦を勝ち、個人的には嬉しい1日となりました。

11/20 00:06