1勝 (サ4上) 中山 8R 2005/02/27 に関する記事

「血統事典」 その256 キンコウ

はっちぃ@秘密結社ふえがむ

【「血統事典」 その256 キンコウ】父Reading母Curtain Call(母父Apelle)1952年生17戦3勝代表産駒 エゾコウザン(クイーンS)マル外として日本で現役生活を送り、新馬戦ではダービー馬オートキツに勝ったものの、後は活躍できなかった。種牡馬としては一定の成功を収め、障害戦20勝を挙げたクロユリなど長く走る障害の活躍馬を多数輩出した。母父としては小倉3冠を勝ったミヤジマレンゴが代表産駒として種牡馬入り。産駒2頭が繁殖入りしたがすでに断絶。母母父として、ポレールの中山大障害4連覇を阻んだケイティタイガーを輩出。母母母母父の代でも千葉S2着のトウカイテイオー産駒ヤマノルドルフが若干活躍。その妹ヤマノカントリーが繁殖入りしていて、現1歳世代に牝馬も生まれている。これが唯一の血筋となっているようで、その命脈はこの1頭に完全に委ねられている。続きをみる

05/19 22:43
当ページを共有する