ジャパンカップ(2002/11/24) に関する記事

ウイニングポスト9日記 2006年③

み~のふわふわ生活

【ウイニングポスト9日記 2006年③】コクトメロディがジャパン制覇ハーツクライが引退。秋古馬三冠、愛ダービー、プリンスオブウェールズS、インターナショナルSなどGⅠ17勝。ジョーアメリカが引退。父スマートストライク、母ダイナアクトレスペガサスWCT、エクリプスS、プリンスオブウェールズS、チャンピオンSなどGⅠ29勝。コスモバルクが引退。秋古馬三冠、日本ダービー、エクリプスS、クイーンエリザベスⅡSなどGⅠ19勝。ディープインパクトが引退。牡馬三冠、凱旋門賞、キングジョージ、英セントレジャーなどGⅠ14勝。スピニングサーベルが引退。父エルコンドルパサー、母スティンガー阪神JF、欧州マイル牝馬三冠、ジ・エベレスト、香港スプリントなどGⅠ9勝。ジョリーセレソンが朝日杯FS制覇父アグネスタキオン、母ヒシアマゾンベストチャレンジが引退。父スマートストライク、母ダンスパートナーBCジュヴェナイル

10/16 20:20

中央競馬総合リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

1085勝(2)16位ネヴァービート1064勝17位トニービン1054勝18位シンボリクリスエス1050勝(2)19位アフリート1040勝20位チャイナロック1012勝21位ハーツクライ1010勝(0) アグネスタキオン967勝(0)ダイワメジャー960勝(1)ゴールドアリュール942勝(2)ネオユニヴァース880勝(1)ハービンジャー419勝(1)アドマイヤムーン405勝(0)キンシャサノキセキ320

10/16 19:17

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月15日現在)

ブログ

1200mで5着、2戦目の今回は1番人気で出走し中位から差し切り勝ち。前走の新馬戦でも中山ダート1200mを後方から最速上りで5着しており相手も軽かったが東京替わりで決め手が更に生きたとなるか、2番人気2着コパシーナは前走で同じレースの6着とその結果通りにここでも1・2着となった。2018年該当レース ・コルテジア(牡 鈴木孝)シンボリクリスエス×シェルエメール(ジャングルポケット)4回京都5日芝

(920万)(1勝)※海外供用、シアトルスルー系80位(76位)ケイムホーム(900万)(1勝) 81位(79位)ジャングルポケット(895万)(1勝)82位(77位)グレンイーグルス(840万)(1勝)※海外供用、サドラーズウェルズ系83位(78位)メイショウサムソン(830万)(1勝)84位(80位)シェイキンイットアップ(810万)(1勝)※海外供用、ミスプロ(ファピアノ)系85位(83位

10/16 19:15

ローレルツアー2019 ⑥ (1歳 1〜4)

sting like bee

    募集馬名 03 フェニーチェ18 父 ロードカナロア母父 ファルブラヴ 性別 牝 毛色 鹿毛2019年4月15日生まれ 総額 2,400万円 ※満口総口数 400口 一口 60,000円 入厩予定 美浦・加藤征弘 生産者 村上欽哉牧場 03 フェニーチェ18

10/16 19:13

菊花賞過去10年

独自のQ &Q指数で競馬勝ち組目指す

)×11/10(武蔵野S) -1000 (-18030)×11/11(エリザベス女王杯)-2000(-20030)×11/17(アンドロメダS) -500(-20530)×11/18(マイルCS) -1500(22030)×11/24 (キャピタルS) -500 (-22530)○11/25 (ジャパンカップ) +460 (-22070)×11/25 (京阪杯

10/16 18:16

【ロードTO】ロードブレス、岩船特別に登録

スライムの競馬ブログ

【【ロードTO】ロードブレス、岩船特別に登録】牡3 父:ダノンバラード 母:ミステリューズ BMS:ナリタトップロード 続きを読む

10/16 18:00

牡馬最後の一冠菊花賞は関西馬と内枠に注目!

万馬券ホース~競馬予想のススメ

と信頼できる数字を残している。そして直近3年の菊花賞は外国人騎手が3連勝しており今年もその流れは続くのか注目したいところだ。 過去の菊花賞優勝馬には今年凱旋門賞にも挑戦したフィエールマンやGⅠ7勝のキタサンブラック、ジャパンカップ覇者エピファネイアやGⅠ6勝のゴールドシップなど古馬になってからも活躍している馬が多い。菊花賞を制し、これからの古馬戦線を引っ張る馬は現れるのか。 無料予想&買い目

10/16 17:19

北海道2019

なんちゃらのなんとやら。

ように北海道に来て、地元のエリアメールでは避難指示が出ていたりニュースでは本州のひどい有様が流れていたため、なんとなく気分もどんよりしていましたが、馬産地は本当に爽やかな空気を感じます。 暑くなく寒すぎず、少し風は強かったけど気持ち良い気候でした。 逆光のスピルバーグしつこく音立ててたら一瞬だけ顔を向けてくれましたが、すぐに草を食べはじめました。シンボリクリスエス。奥の方に佇んでいて暗闇と同化

10/16 15:15

【種牡馬論】馬体から読み解く

そうろうにて候@のるまんでぃーOC

【【種牡馬論】馬体から読み解く】速く走れることと長く走れること、プラス従順であること、前提として頑健であること。 胸囲や腹袋で心機能や胃腸機能について推測はできるのかもしれないが、長く走れるかどうかは、見た目には難しい。一方で、速く走るというのは、体の筋・骨格構造上に現れてくるもの。 とは言え、体つきは変わっていくので、素人目にどうこうは無理。速く走る馬の産駒が速く走る親に似ている場合、速く走れる可能性がある。が、あまり当てにならない気がする。速く走れない馬の産駒が速く走れない親に似ている場合、速く走れる可能性が低い、これは当てになるかもしれない気がする。 どの親が速く走れるのかはよく分からなくて、例えばシンボリクリスエスは大して速く走れないから今の日本の芝では大して産駒は活躍できなくて。新種牡馬ゴールドシップも速く走れない。ホッコータルマエは芝を走ったことはないけど、足が速いイメージ

10/16 14:25

菊花賞と富士Sを勝って、1位との差を詰めたいんでしょうな

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

を勝ったオペラハウス、1996年のジャパンを勝ったシングスピール、2010年のイギリスダービーと凱旋門賞を勝ったワークフォースとか、強い馬を何頭も育てたイギリスのマイケル・スタウト厩舎と、エーピーインディ、フサイチペガサス、サンデーブレイクとか、日本の馬主さんの持ち馬を管理したことがある、アメリカのニール・ドライスデール厩舎で、1995年から2年くらい武者修行をしとったんですわ。そんで、2004年

10/16 12:59