日南特別(2002/08/18) に関する記事

悲しい記憶

いつも身近にお馬さん

のダービージョッキーが重賞初勝利を挙げました。メジロマイヤー騎乗の川田将雅騎手。川田騎手の重賞初勝利のことは折にふれて記事を目にします。このレースでは最後の直線で1頭が故障、予後不良。その馬のことをすぐに思い出せる方はどのくらいいらっしゃるか。2003年の春の天皇賞を2着したサンライズジェガーです。馬がよろめいて鞍上の西田雄一郎騎手が落馬しました。騎手の落馬事故を目の前で見たのが初めてでそれだけで相当ショックでしたが、サンライズジェガーもヤバそうということで、周りの人も「あれはもうダメだ」と言っていました。馬運車が来て馬を乗せていくのかと思ったら、ブルーシートが張られました。シートの中がチラッと見えたのですが、サンライズジェガーは横たわっていて動きませんでした。これが安楽死処分か。関東から小倉まで観戦に行って、こんなシーンを見ることになるとは、と。サンライズジェガーはリアルシャダイ産駒で、同産駒の予後不良はあのライスシャワー

09/23 17:21

様子を見ながら金沢競馬-9月20日(日)①

馬券究所~競馬ですノート~

と喧嘩も考えられ、そうなると強い馬だけが抜け出していき、その後ろに④カゼニフカレテ・⑦サツキワンチーム・⑨ニャンダカンダがいると、御馳走さまのケースがないとは言えない。とにかく、①のレース運びと力によって答えが違ってくる。①⑥⑧が競ると、波乱を含んだレースになりそう。結果-どっちに転ぶかの①が、走らない方にベクトルが向いてしまい、⑥⑧は控えて捲る競馬を意外にも選択してのマッチレースとなり、そこから先

09/20 13:34

【種牡馬論】カーネギーの続き~ファシネートダイアの19の可能性

そうろうにて候@のるまんでぃーOC

【【種牡馬論】カーネギーの続き~ファシネートダイアの19の可能性】【種牡馬論】カーネギーファシネートダイアの母トコアは芝1000~1200mで3勝を挙げた。矢車賞芝1600mでタイム差無しの3着(4着スカイアンドリュウ)、東山特別芝1600m0.2差4着、猪名川特別芝2000m0.4差4着、初夢賞芝2000m0.2秒差6着(1着サンライズジェガー)と距離が伸びても奮闘した。とは言え下級条件には過ぎず。 トコアの兄弟は活躍馬乏しく半妹テイクワンズアイ(サンデーサイレンス)も1000万下入着級、繁殖としても活躍馬を出していない。トコアの祖母ベーシイドは北米23勝でリンドシェーバーを出したが、その活力が伝わってる感じは乏しい。 母父カーネギーはダメだと結論付けてみたものの、トコアはそれなりの戦績で、繁殖後はアドマイヤコマンドを出した。アドマイヤコマンドも大したもんじゃないが、一応はトライアル

08/16 10:34

榊原翼

まーじゃんかくとう日記

【榊原翼】オリックスバファローズ 61 榊原翼 育成出身のシンデレラボーイは、いかなる起用にも力勝負で応える。美しいリリースが映える直球の伸びは見事で、縦に落ちる2種類の変化球も技あり。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%8A%E5%8E%9F%E7%BF%BC ※去年のやつ

08/04 15:13

石橋良太

まーじゃんかくとう日記

【石橋良太】 東北楽天ゴールデンイーグルス 60 石橋良太 支配下に返り咲いた、反骨のシンデレラボーイ。芯を外すシュートと鋭いフォークで優位に立つ。落ち着いたマウンドさばきは評価が高く、先発の座も守れる底力を証明する。 https://ja.wikipedia.org/wiki/石橋良太

07/04 16:28
当ページを共有する