佐渡特別(2002/07/20) に関する記事

本日のノーザンファームの勝負馬は!?【武蔵野S】【デイリー杯2歳S】ほか

社台が読めなきゃ馬券は獲れない!

【本日のノーザンファームの勝負馬は!?【武蔵野S】【デイリー杯2歳S】ほか】福島10R 三春駒特別◎マイネルウィルトス社台系は、個人馬主やクラブが入り乱れており気配は薄い。ここは素直に3頭出しのマイネル狙い。もちろん自己名義よりもクラブ馬が勝ったほうがメリットは大きい。福島11R 奥羽ステークス◎ロジオペルレスト1勝クラスならまだしも3勝クラスともなるとさすがに古馬の層は厚くなる。3歳馬が人気しているここは「ローカルの鬼」丸山元気騎乗のロジペルレストを狙う。以外にも福島で結果を出している馬主という事もあり、馬自身も福島ダート1700mを3勝している。福島12R 相馬特別◎シトラスノキセキ1勝クラスにいる古馬はほぼ着拾いと見ていいだろう。ここの狙いは、シャイニンググラス、シャイニンレーサー、ミルレーサーのさかのぼる社台ファーム御用達の牝系をバックに、近親フジキセキから名前をもらった3歳馬のシトラスノキセキ

11/09 11:00

デイリー杯2歳ステークスGⅡ

人生此常⊿坂路を後方一気

時の人気は総じて低かった。その走りがデイリー杯~での8番人気による優勝だった。後の激走は・京都新聞杯GⅡ=6番人気優勝・菊花賞GⅠ=16番人気2着(優勝=ヒシミラクル)・阪神大賞典GⅡ=7番人気3着・札幌記念GⅡ=12番人気2着・京都大賞典=6番人気3着・みなみ北海道ステークス=4番人気1着・京都大賞典=7番人気2着・大阪-ハンブルグカップ=6番人気1着8歳となった2007年まで現役を続け、惨敗

11/05 00:05

今シーズンは終戦【軌跡】

【社台専門】一口馬主考(個人含む)+国内外旅行記

【今シーズンは終戦【軌跡】】今週は中休みですが、世間は秋のGIシリーズ真っ只中ですね!うちは最後の期待のソウルスターリングが頓挫し、ギベオンも出走せず。唯一勝ってるフェアレストアイルも出ないので、2才勢からも出走無し。今シーズンのGI出走は、もう終わりのようです。幸いだったのが、春にソウルスターリングがビクトリアカップに出てくれてたこと。8番人気9着でしたが、それが今年唯一のGI出走以前にも掲載した表の一部ですが、03年のストップザワールド以来、17年続いてるGI出走ストップザワールドの宝塚は大差負けのビリでしたが、とにかく出走して嬉しかったです!(勝馬ヒシミラクルですから懐かしい)これが、危うく止まるまるところでした(滝汗)過去、GI出走が1回だけで危なかった年が2回ありました。1回目がこの2003年ですが、翌年にはハーツクライがGIに5走2回目は2008年で、出走はキングストレイル

11/03 12:00

シンボリクリスエス 種牡馬引退。今後は北海道から千葉県の牧場で余生を送る。

趣味のブログ

歳牡馬」に選出される。当初は3歳限りで現役引退、種牡馬入りというプランもあったのだが、2003年も現役続行する事となった。2003年春は距離適性等を考慮の上、「天皇賞春」は回避、前年の「有馬記念」からぶっつけ本番で「宝塚記念」に出走。1番人気に支持されるが、直線早めに先頭に立つも伸びを欠き、5着に敗れた。因みに勝ったのは同期の菊花賞馬「ヒシミラクル」で当時、中年男性が同馬の単勝を1222万円購入

10/23 07:38

シンボリクリスエスの思い出

オウンオピニオン【おさびし山ホースパーク】

印象に残っています。 翌年、宝塚記念は1番人気ながらヒシミラクルの5着に敗退し、ミラクルおじさんの高配当ゲットに貢献してしまいます。しかし天皇賞(秋)、有馬記念を連覇し、2年連続の年度代表馬に選ばれました。特に有馬記念は直線に入って後続を離す一方の独走状態となり、なんと2着のリンカーンに9馬身差の圧勝を飾って、自らの引退に花を添えました。 その後の種牡馬としての活躍もすばらしく、G1馬

10/22 16:42

天皇賞(秋)2019 出走予定馬 個別分析

123タロウの競馬予想ブログ

【天皇賞(秋)2019 出走予定馬 個別分析】先週は、菊花賞、富士Sの2重賞が行われましたが、残念ながら的中出来ませんでした。 富士Sは、メンバー構成も混戦模様だった上に馬場状態も読み辛く、非常に難しいレースでしたが、馬場は思ったほど悪くない状態で稍重まで回復しました。そんな中、ノームコアが、妹のクロノジェネシスの秋華賞勝ちに続いて、鮮やかな差し切り勝ちを収め、2着にはレイエンダが入り、クリストフ丼の決着となりました。菊花賞は、菊男である武豊騎手騎乗のワールドプレミアが、インをうまく立ち回り、外から勢いよく迫ってきたサトノルークスを何とかおさえ込んで、1着でゴール板を駆け抜けました。ワールドプレミアの母父ハンプトン系は、ひと昔前の菊花賞血統で、ナリタトップロードやヒシミラクルの父サッカーボーイと同系統ということでスタミナの裏付けは十分でしたし、胴長でストライドが大きく長距離適正は申し分

10/22 08:37
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

どらえもん。

ありのまま/そのまま

でも仕方ない。素直にここからということでヴェロックスあとはどの子が来るんだろう?と思いながら選びました四戦全て上がり最速の脚に賭けてみたくて、ヒシゲッコウを対抗に昨日もらってきたレープロ裏表紙がヒシミラクルだったんですよね。お告げかな?あとはまだ対戦ない馬で、ヒシゲッコウと同じく上がり馬のホウオウサーベルが三番手欠かせないのが神戸新聞杯上がり最速だったワールドプレミア豊さんですからね、馬券内に持ってき

10/20 14:28

菊花賞☆

かめのようにのろのろと

【菊花賞☆】大好きなレース菊花賞金曜日夜から寝込んでいて日曜日に復活!さすがです。競馬場に着いたら元気になりました今年のレーシングプログラム裏表紙はヒシミラクル御大懐かしいサッカーボーイ産駒が大好きなおばちゃんです今日はどんな素晴らしいレースを魅せていただけるのか全人馬の無事を祈り観戦させていただきます

10/20 12:04

菊花賞 当日朝のメモ

答え合わせの競馬予想

【菊花賞 当日朝のメモ】7枠のサトノを見てふと気になって秋華賞の馬柱と見比べてみると。。。それぞれで6枠12番にレッド冠の馬。秋華賞7枠13番サトノ冠に対して、菊花賞7枠14番にサトノ冠。そして8枠17番にオルフェ産駒。 秋華賞の何かしらが菊花賞にも反映されるのか。。。 6枠12番のレッド冠は府中牝馬Sも同様で、その結果は秋華賞同様の枠連で決着。となれば菊花賞でも3枠4枠が使われるのかも?3枠はワールドプレミアがいるからいいとして、4枠かぁ。。。そういえば名馬の肖像がヒシミラクルだけど、だからヒシゲッコウってのは直球すぎるよなぁ。(笑)ただトライアル未出走で優先出走権非保持というのは1着条件にはハマるけど。。。同じルーラーシップ産駒がコーフィールドCを買ったのもタイムリーだし、こっちもありなのかな。(笑) 府中牝馬Sの1着は前年の秋華賞を取り消したスカーレットカラーなので取消に着目してみる

10/20 11:18

菊花賞

爆発力のある馬券予想

人気馬がワン、ツーを決めて馬連9万6070円、3連単34万4630円の大波乱になりました。優勝馬は前走の神戸新聞杯6着のヒシミラクル、2着馬は前走の札幌記念13着のファストタテヤマで、これは2002年の菊花賞。この年の菊花賞を大波乱にした一番の理由は、ダービー馬タニノギムレットが故障して戦線離脱したこと、2着馬のシンボリクリスエスが菊花賞を回避して天皇賞(秋)へと駒を進めたことです。今年はダービー馬ロジャーバローズが故障で引退となり、2着馬ダノンキングリーがマイルCS参戦表明で菊花賞を回避しており、2002年と似た状況となっています。しかし、2002年のヒシミラクルが弱い馬だったかというと、けっしてそうではなく、阪神芝2200mの売布特別(500万下)を圧勝したほどのステイヤーでした。2着のファストタテヤマも京都芝2200mの京都新聞杯を水準レベルで勝ち上がっており、ダービー上位馬不在の前提ならけっして

10/20 10:36