菊花賞(2001/10/21) に関する記事

第56回 東京記念(S1) 出走馬レーティング表

HERE IS THE NEWS【競馬section】

【第56回 東京記念(S1) 出走馬レーティング表】2019.9.18 第56回 東京記念(S1) 大井・ダート2400m枠 馬番 馬名(父) 最適性レート 過去5走獲得レート 前走 前々走 3走前 4走前 5走前 11ウマノジョー(ウイングアロー) P P/ / - -22クラウンシャイン(フォーティナイナーズサン) B+ B+ - - - / 3ハセノパイロ(パイロ) P+ - - - / P+3 4スギノグローアップ(マンハッタンカフェ) B P+ B P-B5サブノクロヒョウ(ロージズインメイ) B+ B+ B+ // B+ 4 6ストライクイーグル(キンシャサノキセキ) A準A/A B / 7ディアドムス(ジャングルポケット) P / P+ / - P58ワンフォーオール(ディープインパクト) B+/ / / B+ / 9マルカンセンサー(ロージズインメイ) PB P P 準A

09/18 15:16

オールカマー過去10年

独自のQ &Q指数で競馬勝ち組目指す

) -490(-12190)×10/21(菊花賞) -1400(-13590)×10/27(スワンS) -600 (-14190)×10/28(天皇賞) -1100 (-15290) ×11/03(ノベンバーS) -500 (-15790)×11/04(アルゼンチン) -1400 (-17190)○11/04(JBCクラシック) +160 (-17030

09/18 15:06

[オールカマー]近年の傾向と推奨馬

競馬好きにはたまらない(であろう)内容を意識して書くブログ

番手の末脚で1着と、買いパターンに当てはまる1頭。 中山芝2200m重賞は2戦して連対率100%と、典型的な非根幹巧者。 ピックアップの詳細通り、芝1800m、2200mの、いわゆる非根幹重賞で実績のある馬が走る傾向も当レースのポイント。 父はディープインパクト系トーセンホマレボシ。母父はトニービン系ジャングルポケット。 前項の詳細通り、馬場改修後2015年以降のオールカマーは、ディープインパクト産

09/18 15:00

Vampire  IZ*ONE

馬三郎の替え歌

/JRAレース展望】好走条件から「2強」をチェック 昨年はラジオNIKKEI賞から直行したフィエールマンが菊花賞を勝利。また今年の皐月賞、桜花賞も直行ローテのサートゥルナーリア、グランアレグリアが勝利したように、競馬界全体の流れとしてステップレースのあり方が変わってきている感はある。しかし、神戸新聞杯は広い右回りコースで行われるスタミナ必須のレースであるから菊花賞とのつながりは強く、トライアルとしての重要性は今後も薄れていくことはないはずだ。1.スタミナは必須 菊花賞での活躍はいわずもがな、他でも今年の日経賞でワンツーしたメイショウテッコンとエタリオウ、有馬記念などで好走したレイデオロ、サトノダイヤモンド、ゴールドシップなど、ここで好走した馬は古馬になっても2400m以上の距離で活躍するケースが多い。前半スローペースに落ち着きやすいレースではあるが、スタミナは高いレベルで要求される。2.ダービー

09/18 14:42

神戸新聞杯の血統傾向、分析。ディープインパクトが好成績。

タップダンサーHAMACHIの競馬ブログ「ケイバはガマン」

【神戸新聞杯の血統傾向、分析。ディープインパクトが好成績。】こんにちは! ◆今週は神戸新聞杯。 今週は阪神競馬場で神戸新聞杯。 3着までに菊花賞の優先出走権が与えられるレース。 サートゥルナーリア、ヴェロックスの2頭が明らかに抜けていますが、 どのようなレースになるでしょうか。   神戸新聞杯 9/22(日) 4回阪神7日目 阪神11R 芝2400m 3歳 3歳オープン (国際)牡・牝(指定)馬齢  9頭 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円   過去の結果(過去5年)  2018 良 2:25.6 36.7-34.6 -10 3 ワグネリアン ディープインパクト キングカメハメハ 2 エタリオウ ステイゴールド Cactus Ridge(Storm) 6 メイショウテッコン マンハッタンカフェ Lemon Drop Kid(King

09/18 14:04

オルフェーヴル、ゴールドシップに続け!神戸新聞杯展望

萌の重賞データ研究所~競馬予想で万馬券

【オルフェーヴル、ゴールドシップに続け!神戸新聞杯展望】画像をクリック セントライト記念はリオンリオンが1番人気に応え優勝。15着と不完全燃焼に終わったダービーのうっ憤を晴らす重賞2勝を挙げ、菊花賞制覇に向けて好スタートを切った。父ルーラーシップは菊花賞馬キセキを輩出するなど、キングカメハメハ系の中でも長距離に強い種牡馬。 【Amazon限定】つばき油 無添加洗顔ソープ Natural Camellia Oil So...1,158円Amazon 春はサートゥルナーリアやヴェロックスの後塵を排したが、夏を超え成長した今なら、逆転もあるかもしれない。 今週は菊花賞トライアル第2弾の神戸新聞杯が行われる。神戸新聞杯は2400mに距離変更となって12年目を迎える。2400mに変更後、ここを勝利し本番の菊花賞を勝った馬はオルフェーヴルやゴールドシップ、エピファネイア、サトノダイヤモンドなど4頭

09/18 13:56

【今週の注目レース】 9/22(日)神戸新聞杯【GⅡ】の勝馬予想!

常勝競馬

【【今週の注目レース】 9/22(日)神戸新聞杯【GⅡ】の勝馬予想!】クラシック最後の一冠に向けたトライアルレース神戸新聞杯は、春のクラシック戦線を戦ってきた馬と、夏に力をつけた上がり馬との対決もあり、クラシック最終戦となる菊花賞のトライアルレースとして大いに注目が集まる一戦だ。過去10年の結果から、気になるレース傾向をピックアップしてみよう。【過去データから予想】■春のクラシック上位馬が強い過去10年の出走馬について、皐月賞・日本ダービーという春のクラシックレースでの最高着順別に成績を調べると、最高着順「1着」組と「2着」組がともに連対率で75%以上の高い数値を叩き出している。春のクラシックに出走経験があった馬の中では、そこで2着以内に入っていた馬を重視したい。それに対し、「不出走」組は好走率こそ低いものの3着が7回あるなど、3着以内に12頭入っている。春のクラシックに出走

09/18 13:52

『覚えておきたい世界の牝系100』掲載牝系一覧

競馬“血統”人生/平出貴昭

、サガスSuleika ズライカ 16-c ブエナビスタ、マンハッタンカフェ、スリップアンカーPolamia ポラミア 16-c ドリームウェル、スラマニ、グレイドーンSly Pola スライポーラ 16-c グリーンダンサー、オーソライズド、ソレミアFair Astronomer フェアアストロノマー 16-f ジェンティルドンナ、ロジャーバローズ、デピュティコマンダーFleet Flight

09/18 13:35

【2019年9月17日まとめ】ニシノデイジー、騎手乗り代わり決定 他

ビーチリバレスト

/16(月) 23:24:32.88 ID:qwZjFXb2M.net まじかよ余計なことすんなよ 自分的には2歳から応援してきた馬。菊花賞で乗り替わりならぜひ購入したい! ●ニシノデイジー、騎手乗り代わり決定:ハロン棒ch -競馬まとめ- エキシビションレースの優勝選手は誰だ!キャンペーン 2019年9月14日(土)~9月20日(金)に開催されるばんえい競馬、ガールズケイリンの投票券(重勝式

賞から直行したフィエールマンが菊花賞を勝利。また今年の皐月賞、桜花賞も直行ローテのサートゥルナーリア、グランアレグリアが勝利したように、競馬界全体の流れとしてステップレースのあり方が変わってきている感はある。しかし、神戸新聞杯は広い右回りコースで行われるスタミナ必須のレースであるから菊花賞とのつながりは強く、トライアルとしての重要性は今後も薄れていくことはないはずだ。 好走条件(過去データ

09/18 12:55

セントライト記念

そら厩舎の馬日記

【セントライト記念】9/16中山競馬場芝2200mルメール騎手まず、結果は4着。菊花賞の権利取れず…ルヴォルグも頑張ったし、納得の結果ですが、ただただ、悔しい。ブログ書くのも遅れるくらいに。いつも通り振り返り。大雨で馬場状態は重。ただ、雨も昼過ぎに上がって、内側は9レース辺りから急激に乾いてきてたと思います。9レースはドスローもあったとは思いますが、内側から先行勢が33.6~8出せる馬場状態。後方10番手から外回した馬の上がり33.8。1レースしかサンプルないのでアレですが、内が有利っぽい馬場状態。ルヴォルグは8枠16番。今回もパドックは暴れ倒してたようです。グリーンチャンネル見てる分には少しうるさいかなというくらいでしたが再三立ち上がり、ルメール騎手にも鞭で怒られる始末。返し馬にくるとそうでもなかったです、スムーズに出来てたと思います。スタート。今回は出遅れず、普通に出

09/18 12:55