オーシャンステークス(2000/03/05) に関する記事

さあ、今度こそ

人は遊びながら……

【さあ、今度こそ】9月13日(日曜) 、中京で行われたセントウルSを快勝したダノンスマッシュは、川田将雅騎手とのコンビで10月4日=中山芝外1200mのG1、スプリンターズSに向かいます。ダノンスマッシュは、栗東、 安田隆行厩舎の5歳牡馬。父、 ロードカナロア、母、スピニングワイルドキャット、母父、ハードスパン。通算成績20戦9勝。重賞は、これが6勝目。今年はオーシャンから始動して、これを勝利。高松宮記念は10着。京王杯スプリングCも勝利。安田記念8着。そしてセントウルS勝利。G1以外は勝ち続けてるんですよね。何故かG1だけが勝てない。でも前走の内容は良かったです。「横綱相撲で勝てたんですから、相当強かったと思います。昨年は悔しい思いをしただけに、うれしさもひとしおでしたね。GIで他にも強い馬が出てくると思いますが、この馬も最有力候補でしょう。楽しみですよ」と安田隆調教師も期待を寄せ

09/18 00:02

2020年JRA重賞レース回顧

WAKUWAKU競馬道場

T □高松宮記念 □マーチS □日経賞 □毎日杯 □阪神大賞典 □スプリングS □フラワーC □フィリーズレビュー □金鯱賞 □ファルコンS □中山牝馬S □弥生賞 □チューリップ賞 □オーシャン □中山記念 □阪急杯 □フェブラリーS □小倉大賞典 □京都牝馬S □ダイヤモンドS □京都記念 □共同通信杯 □クイーンC □東京新聞杯 □きさらぎ賞 □根岸S □シルクロードS □AJC杯 □東海

09/17 12:06

第34回 産経賞セントウルステークス【GⅡ】競走成績

ナオコツのKEIBAライフ

隆行・栗東[生産]ケイアイファーム[産地]北海道新ひだか町[馬名の意味]冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して[戦績]20戦9勝[過去の重賞勝利]18年 京阪杯【GⅢ】19年 シルクロードステークス【GⅢ】19年 キーンランドカップ【GⅢ】20年 夕刊フジ賞オーシャンステークス【GⅢ】20年 京王杯スプリングカップ【GⅡ】[優勝騎手]三浦皇成レース成績、払戻金等につきましては、必ず主催者

09/17 05:28

セントウルSを振り返ります

競馬の核心!血統ペース理論!

のマイル対応ができましたが、本馬はあくまでもロードカナロア産駒であることから、スプリンターを形相遺伝対象とする以上、本馬の距離適性はスプリンターであり本質的にマイルは長いと診ます。 今年の本馬は、オーシャン快勝後に高松宮記念10着、京王杯SCで逃げ切り快勝後に安田記念8着と成績が安定しませんが、料的遺伝がとても乏しいタイプですのでレースでの疲弊が大きく、所謂使い減りするタイプですが、その代わりにこの手

09/15 18:00

セントウルSの回顧

打ち上げ花火

【セントウルSの回顧】中京11R11.8-10.3-10.9-11.4-11.6-11.9=1:07:9前半600m33秒0-後半600m34秒9ダノンスマッシュ。道中好位追走から直線抜け出して押し切り。最後入れ以外で五分スタートを切ったのは今年初。外枠が不利な隊列にならなかったのは恵まれたけど、ハイペースで先行2頭が最下位に沈む展開を踏まえれば抜け出すのは早く、これを57キロで押し切ったのは強い内容。オーシャンSもそうだったけど、前哨戦は文句なしに強くG1連勝を大きく期待させる勝ち方をする。どの路線にも悲願のG1に手が届きそうで届かないキャラの馬はいるけど、とりわけ同馬はもどかしい。本番も最有力かつ印上位候補ですが、奇数馬番を引いてゲート内でガタついて出遅れとかをやっちゃうんだろうなと。メイショウグロッケ。中位内追走から、直線外へ持ち出して追い上げ2着。初スプリント。モタつく

09/14 19:00

ドラゴンゲート観戦記 7  大田区総合体育館の金網マッチの前哨戦 6人タッグマッチ 

趣味こそすべて

がない』でした。実際にガンを克服して復帰しましたからね。吉野はプロレスラーです、一般人とは違うわけですよ。なんとか回復して引退を撤回して欲しいですね。吉野のテーマ曲、スピードスターが鳴り響く場内。永遠の名曲ですね。この曲がもうちょっとしか聞けないなんておかしい。 タッグパートナーが登場KAIハルク。 対戦相手は清水ドリームゲートチャンピオンになったEitaベルトを誇示しますおおーっ!ドリームゲートのベルトが巻か

09/14 16:08
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

中央競馬総合リーディングサイアー(9月13日現在)

ブログ

となった。 ダノンスマッシュがセントウルSを勝利G3小倉記念アールスター以来の本年9勝、通算31勝ダノンスマッシュは18年G3京阪杯、19年G3シルクロードS、G3キーンランドC、20年G3オーシャンS、G2京成杯スプリングC以来の重賞6勝目、京都・札幌・中山・東京・中京で5場目の重賞制覇産駒のセントウルS制覇は初めて、競走馬時代は12・13年に出走しいずれも2着、昨年も2着ファンタジスト・3着イベリスで産駒は2年連続連対

09/14 14:18

2回中京2日 4回中山2日 終了時データ(9月13日現在)

ブログ

安田隆調教師(20年5勝 通算43勝)トロワゼトワルで勝った安田隆行調教師はG2セントウルSダノンスマッシュから同日重賞制覇京成杯オータムハンデキャップは19年トロワゼトワルから連覇達成の2勝目中山競馬場の重賞制覇は20年G3オーシャンSダノンスマッシュ以来京成杯オータムハンデキャップ連覇は5人目同日重賞制覇および週間複数重賞制覇は初めて18年以降の重賞勝利11勝は全て競走馬時代に管理

09/14 13:15

紫苑ステークス・京成杯オータムハンデ・セントウルステークス2020他の回顧

わがまま♪新馬券生活!!

中山記念 ペルシアンナイト 5人気5着 オーシャン レジーナフォルテ 7人気8着 チューリップ賞 シャンドフルール 7人気13着 弥生賞 オールアドーネ 6人気5着 中山牝馬S フェアリーポルカ 3人気1着 ファルコンS ウイングレイテスト 7人気6着 フィリーズレビュー フェアレストアイル 7人気5着 金鯱賞 ダイワキャグニー 6人気3着 フラワーC ショウナンハレルヤ 5人気12着 スプリング

09/14 10:35

セントウルステークス 結果

Gブロ

スピニングワイルドキャット、母の父Hard Spunという血統。 北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。 通算成績は20戦9勝(うち海外1戦0勝)。 重賞は18年京阪杯(GIII)、19年シルクロードS(GIII)、キーンランドC(GIII)、今年のオーシャン(GIII)、京王杯SC(GII)に次いで6勝目。 産経賞セントウルSは、安田隆行調教師は10年ダッシャーゴーゴーに次いで2勝目

09/14 00:30
当ページを共有する