未勝利 (サ3才) 京都 1R 2000/01/30 に関する記事

天皇賞・秋とアルテミスSの「激走馬候補」を公開します

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

を勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円

10/29 13:56

天皇賞・秋とアルテミスSの「激走馬候補」を公開します

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

を勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円

10/29 13:53

【永久保存版】1口馬主クラブ総比較!!〜全22クラブの特徴・勝ち上がり率〜2020年ver

ハムスターブログ?~ハムハムしながら競馬と株を嗜む~

】 ウインバリアシオン、ウインマーベラス、ウインラディウス 【現役代表馬】 (2015年産現5歳)ウインネプチューン (2016年産現4歳)ウインレフィナード (2017年産現3歳)ウインマリリン 【特徴】 冠名ウインで有名。 毎年30~40頭ほどしか募集がなく少数精鋭のクラブ ラフィアンの傘下。 【所感】 実力はありながらオルフェーブルと同世代となったことでG1制覇を果たせなかったとまで言わ

10/25 23:22

POG2020-2021ドラフト対策 No.193 トモジャリア

POGドラフト対策 ブログ 2020-2021

【POG2020-2021ドラフト対策 No.193 トモジャリア】 トモジャリア 結論:POGドラフトリストへの掲載は見送り   母馬の産駒傾向 本馬トモジャリアは母馬ハマナスが出産した2頭目の仔。初仔はクロフネ産駒のリッターシュラークです。リッターシュラークは現時点で2勝しています。クロフネ産駒であることから察しがつくとは思いますが、リッターシュラークの2勝はいずれもダートです。クロフネ産駒のダート適性の高さから、母馬ハマナスの仔の芝適性については判断の材料がありません。   競走馬としての母馬について 母馬ハマナスの競走馬としての生涯戦績は2戦0勝。競走馬としては全く活躍できませんでした。ハマナスの血統背景を見てみると、祖母のミヤビサクラコからは2003年京都ハイジャンプ(JG2)をはじめジャンプ重賞を4勝しているウインマーベラスが、ハマナスの半兄にはジャンプ重賞で活躍したタナ

10/23 00:00

レインボーSでは、「凱旋門賞2着馬のオーナーが使う馬」に注目しております

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

の秋から、「株式会社ウイン」の代表を務めているのは、「マイネル軍団の総帥」こと岡田繁幸オーナーの三男・義広氏です。同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、2003年のNHKマイルCを勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられます。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しておりました。しかし、その後は一度も2003年の成績を超えられていない上、一昨年までの3年間も、2016年→29勝・獲得賞金5億9246万円2017年→38勝・獲得賞金8億2693万円2018年→31勝

09/19 09:22

レインボーSでは、「凱旋門賞2着馬のオーナーが使う馬」に注目しております

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

の秋から、「株式会社ウイン」の代表を務めているのは、「マイネル軍団の総帥」こと岡田繁幸オーナーの三男・義広氏です。同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、2003年のNHKマイルCを勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられます。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しておりました。しかし、その後は一度も2003年の成績を超えられていない上、一昨年までの3年間も、2016年→29勝・獲得賞金5億9246万円2017年→38勝・獲得賞金8億2693万円2018年→31勝

09/19 09:18
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

紫苑Sでは、「絶好調の一口馬主クラブ」から目が離せません

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

ジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しております。しかし、その後は一度

09/12 09:17

紫苑Sについて、美味しい情報が届きました

小西聖一(元調教助手・元厩務員)のブログ

の総帥」こと岡田繁幸オーナーの三男・義広氏です。同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、2003年のNHKマイルCを勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しております。しかし、その後は一度も2003年の成績を超えられていない上、一昨年までの3年間も、2016年→29勝・獲得賞金5億9246万円2017年→38勝・獲得賞金8億2693万円2018年→31勝・獲得賞金6億7797万円と記せば分かる通り、物足りない数字に留まっ

09/12 09:16

紫苑Sでは、「絶好調の一口馬主クラブ」から目が離せません

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

ジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しております。しかし、その後は一度

09/12 09:15

紫苑Sでは、「勢いに乗っている一口馬主クラブが使う馬」から目が離せません

パーフェクトホースマンズ・山田要一のブログ

オーナーの三男・義広氏です。同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、2003年のNHKマイルCを勝ったウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞を4勝したウインマーベラスや、2004年の日経賞を勝ったウインジェネラーレや、2004年の京王杯SCを勝ったウインラディウスや、2014年の日経賞を勝ったウインバリアシオンなどが挙げられるでしょう。2003年の「ウイン」は、ウインクリューガーやウインマーベラスの活躍などによって、過去最高となる「45勝・獲得賞金10億0653万円」という成績を残しております。しかし、その後は一度も2003年の成績を超えられていない上、一昨年までの3年間も、2016年→29勝・獲得賞金5億9246万円2017年→38勝・獲得賞金8億2693万円2018年→31勝・獲得賞金6億7797万円と記せば分かる通り、物足りない数字に留まっており、昨年

09/12 09:10
当ページを共有する