プロキオンステークス(1999/04/17) に関する記事

【札幌版】8/9(日)競馬予想【エルムS】

かえるん日記

たものの、落ち目とはいえGⅠ級のゴールドドリームに正攻法の競馬で先着しているし、乱ペースのプロキオンで前受けして押し切っていることからもリアンヴェリテの作り出す淀みないペースは合いそう。大飛びの馬でコーナー角の緩い札幌の外枠はいいし、ここ2戦のあの内容で人気を落とすならここが狙い目になるのでは。 〇タイムフライヤー かなり追走力に寄ったタイプで、ビルドアップ性能が求められたマーチS、チャンピオンズC、シリウス

08/09 08:58

8/9(日)エルムステークス G3

破滅の競馬 うま柱

]と、無類の強さを発揮する馬。前走のプロキオンSは9着に大敗も、今年のフェブラリーSで4着しており力はあります。距離はベストとは言えませんが侮れない1頭☆穴 人気ブログランキングほぼ確実に逃げるのが当馬。全7勝中6勝が逃げ切り勝ちでした。昨年のエルムSで5着しており、北海道での競馬も好相性。前走のマリーンSは逃げられず13着に惨敗しましたが、巻き返しに期待・エルムステークスデータ分析①1~4番人気馬で9勝

08/09 08:44

2020-077 エルムS 娯楽予想

競馬を楽しむには

太良S、平安S組が目立つローテだが、地方交流とプロキオンS、大沼Sからの2・3着に警戒が必要。マリーンS⇒⑤・⑥・⑬地方交流⇒①・⑪大沼S⇒⑫ 5】距離1700~2000mがほとんどで、1400mからが2着2回と盲点にはなるが、1600mからでは3着以内無。前走1600m⇒⑪前走1400m⇒②・④ 6】間隔連闘と中1週はイマイチ。その他の間隔で中4・5週が好成績で、10週以上も実績は上位。連闘・中1

08/09 08:20

得難いもの(エルムS、考察)

週末の風鈴火斬

はあるにしろ、前走のプロキオンS(GⅢ)は上がりだけなら出走馬3位でエアスピネルと同タイム。それにしては着差がついているのだが、それが全体時計の差。休み明け2走目の方が鉄砲よりも遥かに実績があり、当時より確実に体調面の前進が見込める。 大型馬でかなり筋肉質。それでいながら造りに余裕があって距離の融通性を感じさせるのだが、同時に筋の部分の収縮幅が狭そうで、大きな体と相まって輪郭よりも遥かに距離は保た

08/09 07:48

【札幌】第25回エルムS

南関競馬観戦記

【【札幌】第25回エルムS】 第25回エルムステークス(GⅢ、札幌・ダ1700m右、3歳上オープン、別定) 人気の馬がなかなか勝てない夏のダートグレード競走。今年も重賞ウィナーが並び、なかなか難解なレースになっています。 ◎ウェスタールンド 前走・アンタレスS(GⅢ)では、上り3Fのタイムで2番手に1秒差を付ける鋭い末脚を見せて、重賞初勝利。ダート転向後はチャンピオンズC(GI)2着など、重賞を含めて安定した成績を残している。ここは実績で一枚上手。重賞2連勝も。 ○アナザートゥルース 半兄のサウンドトゥルーと同じ、せん馬となった後に活躍し、ダイオライト記念(JpnⅡ)で2つ目のタイトル。前走・アンタレスS(GⅢ)は斤量58kgでも2着を確保。重賞戦線でも掲示板をほとんど外しておらず、ここでも崩れる要素はない。 ▲アルクトス 3連勝で迎えたプロキオン(GⅢ)で重賞初制覇。続くマイルCS南部

08/09 07:00

【ユニコーンS・エルムSとか】

blacksmith0208

1400m3着(休み明け)→武蔵野S1600m1着(2走目)→チャンピオンズC1800m11着(これはやむなし)→根岸S1400m8着→フェブラリーS1600m4着前走プロキオンS1400m9着(休み明け)→今回またチャンピオンズC組で今回人気するタイムフライヤー、ウェスタールンドとは0.2秒差で大きく負けているわけではなく、上がりもしっかり使えていた。フェブラリーSも相手関係でいえばかしわ記念の2,3

08/09 02:27
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

ぼくとてんしとあくまと エルムS予想

ISAVICHのブログ

が圧倒的に数で上回ってる。これも難しくしてるんとちゃう?」 僕:「初ダートでいきなりプロキオン2着のエアスピネルが7歳。前走、アンタレスSを勝って初重賞制覇したウェスタールンドが8歳。そのアンタレスS2着がアナザートゥルース6歳。エルムS1着、2着と実績を残すハイランドピークが6歳。単騎逃げに持ち込めそうなリアンヴェリテが6歳。データにとらわれていると間違ってしまいそうなメンバーだね。 といいながらも中心は5歳アルクトス。プロキオンを勝って、そのあとダートG1、2,9,4着。540㌔を超える巨漢でパワーとスピードを備えた馬。実績が左回りに集中、小回りコースに大跳び、不安点はあるが11番枠なら好位からスムーズなレースができそう。5歳、G1をめざせる馬、成長度で不安点は解消するか。 アンタレスSでウェスタールンドの2着以来になるアナザートゥルース。去年のアンタレスSではグリム、ロンドンタウン

08/09 01:43

【エルムステークス2020 予想】本命:リアンヴェリテ

りょう店長の競馬予想ブログ

なら注目すべき存在だが、ローテーションから考えれば昨年の方が良い臨戦過程である点は頭に入れておきたい。 △エアスピネルは前回のプロキオンステークスは驚き2着でポテンシャル&実績は最上位の存在だが、今回はストレス疲労に懸念が大。人気面を考慮すれば抑えの印に留めたい。 △ロードゴラッソは前走のアンタレスステークスは緩いペースの名古屋大賞典を勝利した後の厳しいローテーションで参考外。ハーツクライ産駒

08/09 00:00

エルムステークス2020の予想!!【札幌競馬ダ1700m GⅢ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

(ワイルドラッシュ)栗東・大久保 牡5 鹿横山武 56.0K15戦5勝 [5-3-0-7]長期休養明け(喉の手術明け)の一戦。昨年春以降、成績も下降しているし、厳しいだろう。2番エアスピネル父キングカメハメハ母エアメサイア(サンデーサイレンス)栗東・笹田 牡7 栗武豊 56.0K20戦4勝 [4-4-4-8]前走のプロキオンステークスは、初ダートながら2着(0.3差)に好走。スピード勝負になりそう

08/08 23:05

【エルムS】エアスピネル 偉大なる先人たちに続け

コースごとに強い馬は違うのよ

【【エルムS】エアスピネル 偉大なる先人たちに続け】こんばんわ、ウキョーです。 重賞勝ち馬が8頭も顔を揃えた好メンバーです(ダート重賞のみ)。 中でも注目は、初ダートながらプロキオンSで2着にもってきたエアスピネルです。初ダートが重賞で連対を果たしたのは、過去30年でナリタハヤブサ(’90ウインターS)、トーヨーリファール(’94平安S)、クロフネ(’01武蔵野S)、サイレントディール(’03

プロキオンSが高評価。レースタイム差-0.9の高速決着で、さらに前半600m34.3秒のハイペース。冒頭でも書いた通り、初ダート初重賞で結果を出した馬たちの、その後の活躍は約束されたようなもの。高レベルのレースで2着を確保した同馬も、ここで結果を残して秋につなげる。 ○ハイランドピークは、相性の良いコースで【2 2 1 0】の好成績。当レースでも、一昨年が1着で、昨年が2着と結果を出している。スピード

08/08 21:01
当ページを共有する