中日新聞杯(1999/03/07) に関する記事

オールカマー2019 出走馬の評価

競馬予想 競馬の重賞を的中するブログ

したオールカマーの勝ち馬であるジェネラーレウーノもレイエンダもパッとしないことを見ると過大評価はしづらいのが正直なところです。また、グレイルの場合は昨年暮れの中日新聞でも敗退していますし今年初戦の福島テレビオープン特別でも敗れています。相手関係でみてもウインブライト、レイデオロは手ごわいですしそれ以外の馬も重賞路線で好走実績のある馬が多数そろいました。鞍上戸崎騎手への乗り変わりは鞍上強化といえますが馬

09/20 18:00

中央競馬重賞日程2019&出走予定馬/今週の重賞は『オールカマー&神戸新聞杯』!

逆説の競馬予想/うまんちゅ予想、こじはる予想など芸能人予想も!

・エタリオウ・ユーキャンスマイル京阪杯(GIII、芝1,200m、京都)【主な出走予定馬】☆11/30(土)ステイヤーズS(GII、芝3,600m、中山)【主な出走予定馬】チャレンジカップ(GIII、芝2,000m、阪神)【主な出走予定馬】【12月】☆12/1(日)チャンピオンズカップ(GI、ダート1,800m、中京)【主な出走予定馬】・チュウワウィザード・ゴールドドリーム・インティ☆12/7(土)中日新聞(GIII、芝2,000m、中京)【主な出走予定馬】☆12/8(日)カペラS(GIII、ダート1,200m、中山)【主な出走予定馬】阪神JF(GI、芝1,600m、阪神)【主な出走予定馬】・ウーマンズハート香港カップ(GI、芝2,000m、香シャティン)【主な出走予定馬】・ウインブライト香港マイル(GI、芝1,600m、香シャティン)【主な出走予定馬】・ビューティージェネレーション

09/20 17:32

☆9月3週分

KEIBAコンシェルジュ=棟広 良隆という人物像

(△) 1着 セイウンフォーカス(△) 2着 メメニシコリ(○) 3着5R コントレイル(○) 1着6R シャドウハンター(○) 2着7R ウインプラウド(△) 1着8R ミッキーバディーラ(○) 1着9R アドマイヤスコール(○) 1着 ショウナンバルディ(△) 2着10R ウォータースペース(○) 1着11R ダノンファンタジー(○) 1着 ウィクトーリア(△) 3着12R

円 メメニシコリ(人)(▲) 3着5R コントレイル(人)(◎) 1着 単勝170円 複勝110円 フレーヴォ(穴)(▲) 2着 複勝410円 ラインハイト(穴)(△) 3着 複勝200円6R シャドウハンター(人)(▲) 2着 複勝130円7R ウインプラウド(人)(△) 1着 単勝750円 複勝220円8R ミッキーバディーラ(人)(◎) 1着 単勝420円 複勝150円

09/19 20:35

【調教注目馬(先週の回顧)】9/15(日) 中山・阪神競馬 ローズSは中間しっかり好調教を積んで凡走のあの馬のパターンは・・・

競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々~ 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

も人気薄の追い込み馬だったことに表れている通り、間違いなく展開は向いたが、それにしても上がりは35.3秒。 レース上がりを2.2秒上回りしかも楽々の突き抜けといった強烈なもので、少なくともここ阪神1200mで見せたパフォーマンスは早くもOP級以上のもので、追い込み一手の現状でも急坂コースなら相当活躍が期待できそう。 ☆次走注目馬☆     予想➡➡➡◯シャドウハンター (前走時) 6/20調教◯ 今

09/19 20:02

オールカマーの狙い目(その2)です。

たっぷたっぷのブログ

戸崎① 藤原 先行2走前 大阪杯 2着 川田⑦ 先行3着 タンタアレグリア 蛯名③ 国枝 差し前走 AJCC 1着 蛯名⑦ 先行3走前 阪神大賞典 2着 蛯名④ 先行2016年1着 ゴールドアクター 吉田隼① 中川 先行2走前 日経賞 1着 吉田隼② 先行2着 サトノノブレス 福永③ 池江 先行2走前 鳴尾記念 1着 川田③ 先行4走前 中日新聞 1着 川田① 差し5走前 日経新春杯 3着 武豊④

09/19 18:46

2019年オールカマー 全頭評価。その3。

みやや競馬

まで、後ろからブラストワンピース、メートルダール、ショウナンバッハに交わされているので、トップスピードの質は高くはなく持続力でも見劣り。”2018年アルゼンチン共和国杯”ではスローバランスを中段の前から、直線スムースだったが伸びずに5着、トップスピードの質が足りない。”2018年中日新聞”ではハイペースバランスを離れた追走集団の中段やや前から、直線スムースだったが伸びず、同じ位置で直線に入ったギベオン

スローバランスを中段のやや後ろから、直線スムースだったが前が止まらず凡走、後ろから交わされているわけではない。”皐月賞”ではハイペースバランスを離れた追走集団の後方から、直線外目からバテ差しで6着まで。”セントライト記念”ではスローバランスを離れた追走集団の後方から、3,4コーナー最内を回して直線外に出すロスがあったが、バテ差しで3着。”2018年中日新聞”ではハイペースバランスを離れた追走集団

09/19 18:39

神戸新聞杯過去10年

独自のQ &Q指数で競馬勝ち組目指す

) -240 (-22710) ×12/02 (チャンピオンS) -3000 (-25710)×12/08 (中日新聞) -1000(-26710)×12/09(カペラS) -800(-27510)◯12/09(阪神ジュベナイルS)+140(-27370)×12/15(ターコイズS) -900(-28270)×12/16(朝日杯FS

09/19 18:13

オールカマーのレース傾向

データマイニング予測中心 だいたい競馬日和

天皇賞秋宝塚記念新潟記念2011年宝塚記念天皇賞春札幌記念2012年宝塚記念七夕賞目黒記念2013年新潟大賞典小倉記念宝塚記念2015年宝塚記念宝塚記念中日新聞2016年天皇賞春宝塚記念札幌日経オー2017年ヴィクトリア安田記念アメリカジョ2018年DSCG1QE2G1宝塚記念 様々な路線から集まりますが、宝塚記念組は押さえておきたいところ。やや離された5着でしたがレイデオロは外せ

09/19 08:00

オールカマー(重賞実績)

競馬予想師tacyの★目指せ!馬券生活

【オールカマー(重賞実績)】前回の記事でオールカマーは馬格が求められる重賞と書きましたが、格上の馬は当然ですが他の重賞でも好成績を残することが多い。過去のオールカマー好走馬をみても、大半の馬が『近3走以内に重賞で3着以内』に好走した実績を持っていたことが分かります。18年①レイデオロ(前々走京都記念3着)②アルアイン(前々走大阪杯3着)17年②ステファノス(前々走大阪杯2着)③タンタアレグリア(前走AJCC1着)16年①ゴールドアクター(前々走日経賞1着、3走前有馬記念1着)②サトノノブレス(前々走鳴尾記念1着)③ツクバアズマオー(前々走函館記念3着)15年①ショウナンパンドラ(前走宝塚記念3着)②ヌーヴォレコルト(3走前中山記念1着)③ミトラ(前々走AJCC2着)14年①マイネルラクリマ(前走七夕賞3着)②ラキシス(前々走中日新聞2着)13年②メイショウナルト(前走小倉記念1着)③

09/19 07:32

第65回産経賞オールカマー(G2) 2019 検討

競馬雑記

4着’15年 宝塚記念3着-宝塚記念5着-中日新聞5着’14年 七夕賞3着-ヴィクトリアM15着-OP4着 宝塚記念組が4頭、ヴィクトリアM組が2頭となってます。最後に枠番で見てみましょう。 ’18年 6枠-1枠-2枠’17年 3枠-4枠-5枠’16年 5枠-1枠-5枠’15年 2枠-3枠-5枠’14年 6枠-3枠-3枠 1・5・6枠は消しです。おまけに、騎手でみてみます。 登録時点での有力馬

09/18 20:22