新馬 (サ2才) 阪神 4R 1997/11/30 に関する記事

いろいろ

伝説の少女ウオッカ

【いろいろ】新世紀の 名馬 読者投票 ファン投票で決定!新世紀の名馬ベスト100 | 優駿 Official web Site (prcenter.jp) 投票してまいりました ウオッカ、タニノギムレット、キズナ で終了 ファレノプシスは 入らないんでね 旧世紀 つくづく 昭和な 人 でした 私 商品は 一番最後の 特製 グッズを選びました 間違いなく 優駿は 当選すれば 届きます 上は宝塚記念の 当選品、なぜか サイレンススズカが無いのが不思議サイレンススズカは G1 宝塚記念しか 勝っていないのに 下は エアグルーヴのテレカ(昭和ですね)これは投稿謝礼 先日 中山記念に でていた マイネルハニーが 引退 なんなんですかね 母父 ナリタブライアン もう 余り 見かけることもなくなりましたが

03/03 13:51

ヴィゴーレ 馬主【ノースヒルズ】

競馬 GI予想勝負!

【ヴィゴーレ 馬主【ノースヒルズ】】「ヴィゴーレ 馬主【ノースヒルズ】」の記事を紹介します。今日2月20日(土)に、つばき賞(阪神、3歳500万下、芝1800m)が行われました。優勝馬のヴィゴーレの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。ヴィゴーレの馬主は、オーナーブリーダーでもある北海道新冠町にある生産・育成牧場の株式会社 ノースヒルズです。ノースヒルズの代表は、前田幸治(まえだこうじ) さんです。鳥取県西伯郡(さいはくぐん)にあるトレーニングセンター「大山ヒルズ(だいせんひるず)」も所有しています。【冠名】 なし【勝負服色】 水色、赤十字襷、赤袖【主な所有馬】ファレノプシス(1998年 桜花賞、秋華賞、2000年 エリザベス女王杯 )スティルインラブ(2003年 牝馬3冠)ヘヴンリーロマンス(2005年 天皇賞(秋))ワンアンドオンリー(2014年 ダービー

02/20 14:42

【キズナ】種牡馬の特徴 芝ダート兼用のマイル~中長距離血統!!

トラックバイアス&血統研究

のダート重賞2勝。 3代母・Fiji(フィジー)は米国の芝重賞4勝。   半姉に桜花賞など牝馬限定のGⅠを3勝した名牝・ファレノプシス。 半兄にアメリカのダートGⅡを優勝したSunday Break(サンデーブレイク)。   母の半妹は、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟の母であるパシフィカス。   近親には上記の他にも ラストインパクト(京都大賞典/GⅡなど重賞3勝) モンドインテロ(ステイヤーズステークス/GⅡ) セダブリランテス(中山金杯/GⅢなど重賞2勝、2020年末現在) などがいる。   近親は芝ダート、短~長距離問わず様々なタイプの馬がいるが、キズナの他にもビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟やファレノプシスなどクラシックに強い産駒が多い。しかもモンドインテロのように長距離を得意とする産駒も出るなど、スタミナや底力が特徴的な牝系のようだ。     現役時代 デビューは2012年10月7

02/11 12:00

ビッグリボン 馬主【石川達絵】

競馬 GI予想勝負!

|| []).push({});【ビッグリボン 血統】 (牝3)父 ルーラーシップ母 ブリッツフィナーレ母父 ディープインパクト調教師 :中内田充正(栗東)生産者 :下河辺牧場通算成績:1戦1勝祖母ロンドンブリッジは、1997年のファンタジーステークス 優勝馬で、1998年の桜花賞をファレノプシスの2着。全兄キセキは、2017年の菊花賞馬。伯母に2004年のオークス馬 ダイワエルシエーロ、叔父に2018年の中京

02/07 14:52

イプシランテ 馬主【吉田勝己(社台グループオーナーズ)】

競馬 GI予想勝負!

】 (牡4)父 リアルインパクト母 エレンウィルモット母父 ブライアンズタイム調教師 :武幸四郎(栗東)生産者 :ノーザンファーム通算成績:5戦2勝伯母にG1を3勝の名牝 ファレノプシス、叔父に2013年のダービー馬 キズナがいる血統。イプシランテは吉田勝己さん名義ですが、実際は、社台グループオーナーズでの共有馬です。「イプシランテ」の馬名意味は、「19世紀ギリシャ独立運動の指導者名に因んだ薔薇

02/06 16:47

2021エルフィンステークス(L)予想

人生競馬中心

【2021エルフィンステークス(L)予想】明日、中京競馬場で3歳牝馬限定、芝1600mのリステッド競走・エルフィンステークスが行われます。昨年のエルフィンステークスはデアリングタクトが優勝。エルフィンステークスは1983年に創設された3歳牝馬限定の競走。1988年に以前の芝2000mから現在の芝1600m戦に変更、それにより春のGⅠ桜花賞を見据えた位置付けのレースになりました。過去のエルフィンステークスの優勝馬からは、キョウエイマーチ、ファレノプシス、エアメサイア、ウオッカ、レッドディザイア、マルセリーナなど、後のGⅠホースが誕生。昨年は史上初無敗の牝馬三冠を制したデアリングタクトが圧巻のパフォーマンスで楽勝しました。発走は15:00です。本命は7マリアエレーナ。デビュー戦では後方から上がり最速の脚を使って勝ち馬にクビ差の2着、2戦目は好位追走するも4着。再び後方で脚を溜めての競馬になった3戦

02/05 17:30

血統入門【第26回】大物喰いのダービー馬ロベルト

競馬の梁山泊

となってしまったブライアンズタイムでしたが、 牡馬3冠を制したシャドーロールの怪物「ナリタブライアン」を筆頭に、 G1競走4勝の「マヤノトップガン」、ダートの名馬「タイムパラドックス」、 クラシック2冠馬「サニーブライアン」、牝馬2冠の「ファレノプシス」、 そして父娘でダービー制覇の偉業を成し遂げる「タニノギムレット」など、 非常に多彩な名馬たちを輩出しました。     世紀の名競走馬ブリガディアジェラード

02/04 21:49

ターファイト馬名決定&ちょっと気になる追加募集馬

 ~愛馬に夢を託して~

は重賞3勝のラストインパクトを輩出。母母母パシフィカスの産駒にはナリタブライアン、ビワハヤヒデそのパシフィカスの母Pacific Princess の仔にはキズナ、ファレノプシスの母キャットクイルがいる血統。 まだ、動画を見ないと何とも言えませんが踏み込みが深く、手先が軽い歩様であれば出資を前向きに検討して見ようと思います。ただ、飯田雄三厩舎と言うのが少しマイナス材料ですが・・・

02/04 20:35

立春です。

西方常道のブログ

です。チューリップ賞出走馬が本当の花を咲かせるのは…チューリップ賞で負けた馬が、4月の「あのレース」で好走、というのはよくあるパターン。そして…私は「あのレース」、21世紀になってから当たっていません(笑)。最後に当たったのはファレノプシスなので… なんと、1998年! 1998年春というと、松坂投手を擁する横浜「高校」がセンバツで優勝した…そんな前のことになるんですね。今年こそ、当てなくては! と思っ

02/03 19:30

シルクロードSと根岸Sで、「7つの牧場を所有しているオーナー」が…

パーフェクトホースマンズ・小栗範恭のブログ

やろ。そんで、1991年のオークスを勝ったイソノルーブルや、1996年の秋華賞を勝ったファビラスラフインや、1997年の桜花賞を勝ったキョウエイマーチや、2000年のエリザベス女王杯を勝ったファレノプシスや、「天覧競馬」やった2005年の天皇賞・秋を勝ったヘヴンリーロマンスとか、牝馬でGIを勝つことが多かったんで、ファンからは「牝馬のミキオ」と呼ばれとりましたな。松永君は、デビューしてから引退

01/25 16:31
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する