ジャパンカップ(1994/11/27) に関する記事

エルムSとレパードSの「お宝情報」を紹介するで

鎌田光也(元騎手・元調教助手)のブログ

ジャパンを勝つなど、今までで一番多い賞金を稼いどりました。けど、今年は先週までが「8勝・獲得賞金1億8839万円」と、去年のペースを大きく下回っとるんやから、今の靖志先生は、「賞金の高いレースを勝って一気に稼がなアカン」と考えとるんでしょうな。っちゅう訳で、1着賞金が3900万円の北九州記念に向けて、レッドアンシェルをどう仕上げてくるんかをキッチリ確認して、馬券に活かしたいとワシは考えとります。そう

08/06 18:10

秋競馬情報!

馬と馬券に包まれて生きる生活!!

じゃないかと思います。どうせなら、重賞にしても良かったのではないでしょうか。牝馬の古馬中距離戦線もこれで盛り上がればいいですね! あと、どうもジャパンの開催当日も12Rまでやるみたいですね。昔から、ダービーや有馬記念、そしてジャパン当日はなぜか10Rまでとか11Rまでとかだったのですが。私みたいに荒れる最終を本当のメインレースにしている人にとって見れば、やはり最終は条件戦のダート短距離あたりがベター

08/06 18:04

2020年8月9日のWIN5のレース傾向&予想

WIN5予想ブログ

は3勝している。ところが、2017年以降は11番人気、5番人気、10番人気の馬が勝ち切っており、近年は人気通りの決着にはなっていない。過去10年の連対馬20頭の内、18頭がダートで2勝以上しており、そのうちの11頭は3勝以上している。連対馬20頭の前走は、ジャパンカップダート組が7頭、ユニコーンS組は3頭。意外とユニコーン組は不振だ。それだけでなく、ユニコーンSで1.2着に入選した馬は、この舞台で勝ち切っていない。人気を集めたとしても、軽視したいポイントである。■5レース目の傾向からわかる予想のポイント!人気通りに予想したいが、人気馬の前走がユニコーンSで好走しているのなら軽視ダートで最低でも2勝以上している馬からピックアップしたい前走ジャパンカップダート組は好走傾向にある枠による影響はあまり見られない今週のマイケルの予想!■1レース目 新潟9R 驀進特別(芝1000m【直】)■1レース目

08/06 16:55

今週のレパードSは穴馬出走の10万馬券狙い撃ちレースとなります。

競馬メインレース研究所

/kkkma/archives/2019-12-02.htmlジャパンカップ96万2000円獲得http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-24.htmlマイルCS25万2000円獲得http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/2019-11-17.htmlエリザベス女王杯67万6000円獲得http://blog

/1069339177.htm朝日杯FS 的中 38万8000円獲得http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069239473.htmlチャンピオンズカップ 的中 144万9000円獲得(5倍額勝負レース)http://blog.livedoor.jp/kkkma/archives/1069037853.htmlジャパンカップ 的中 14万1600円獲得http://blog

08/06 15:54

アーモンドアイ 有馬記念使わず今秋引退か

ぐりぐり君の個人馬主ブログ

なるか分かりませんが、状態次第では11月29日(日)のジャパンカップ(GI) 芝2400mも視野に入ってきそうです。年末は有馬記念や香港国際競走などがありますが、ラストランはどこになるのか注目が集まります。有馬記念は去年惨敗しているので使わないかもしれません。来年3月のドバイという可能性もあります。これだけの馬なので無理はさせないと思います。無事に繁殖に上げるのが第一なので。今秋はJRA史上新記録となるGI

08/06 14:10

週中競馬記事(2020年8月6日)~今週の2歳戦~

ブログ

)母トーセンインディは中央1勝、地方2勝の通算3勝。本馬は4番子。4代母ワジドは仏G2重賞勝ち馬で91年ジャパンカップ6着(1着ゴールデンフェザント)。5代母Dahliaはキングジョージ連覇などG1レース10勝の歴史的名牝。エスティファーム(日高)生産、島川隆哉氏所有。 (メモ)遡れば相当な名馬も出てきますがきょうだいも地方で1勝や2勝といった程度で、この馬を積極的に狙うというのは。同日のエルムS

08/06 10:29
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

第100話 日本競馬発展の立役者 前編

KEIBA STATION

したことないトニービンは、凱旋門賞当日単勝5番人気。 レースは、前年同様、速いペースとなり、トニービンは後方待機策。 直線は、外から豪快に伸びて、見事に差し切り勝ち!遂に欧州の頂点に立ったのである。 凱旋門賞を優勝したトニービンは、一旦イタリアへ戻り、2週間後の伊ジョッキークラブ大賞に出走。 疲れが残っていたのか、2着惜敗。 そして、トニービンは、日本の地へ。 そう、ジャパンカップ(日G1・芝2400m)参戦である。 この年(1988年)のジャパンカップは、この年の天皇賞春秋勝利のタマモクロス、笠松から来た怪物オグリキャップ、86年菊花賞・87年有馬記念を勝ったメジロデュレン、海外からトニービンを含む10頭の参戦など超豪華メンバーが府中に集結。 トニービンは、単勝2番人気の支持。1番人気は、8連勝中のタマモクロス。2番人気は、4歳(現表記3歳)のオグリキャップ。 では、そのレースをご覧下さい。3枠⑥番が「トニービン

08/06 08:26

実績を少しでも積みやすくする為にやりたい事

気ままにダビマス

【実績を少しでも積みやすくする為にやりたい事】 今日から公式BCの登録受付がスタート。期限まで十日以上も残していますし生産もこれからが本番って具合でしょうか。案外優勝する馬はまだ生まれていなかったりするかもですね。ジャパンカップが舞台となる今回は前回開催時に決勝に残れた馬でも再び決勝まで駒を進めるのは難しいと見ています。それは当時よりレベルがさらに上がっていると考えているからですが、理由は何も素体に限った話ではありません。当時なかった才能、そして非凡が今はある訳で。傾向として徐々にインフレしてきている以上より強い馬が求められていると思います。 話は変わって私の方の生産について。紆余曲折を経てどうにか仕込みも起点のセール牝馬をそろそろ買ってもいい段階まで来ました。今回の配合は仕込みの最序盤から実績積みを続けているのですが今の所は割と順調に来ていると言っていいと思います。因みに今日から始め

08/05 21:36

レパードステークス過去

負けたっていいじゃない 競馬ブログ

【レパードステークス過去】近3年は3連単の配当が10万以上、3連複の配当でも万馬券が出るほど荒れるレースとして認知され始めている。 なぜ人気馬で決まらないのか?なぜ人気薄が来るのか?過去のデータから分析していきます。 はじめに ダート適性をもつ3歳馬の出走機会の拡大、夏季競馬の振興、及びジャパンカップダート(現・チャンピオンズカップ)を頂点とする秋季ダート重賞路線のさらなる充実を図る観点から、2009年より3歳馬限定競走として新設された。創設時より地方競馬所属馬も3頭まで出走可能となっている。 新潟競馬場 ダート1800M コース特徴 新潟のダートコースの高低差は0.6mと、ほぼ平坦コースと考えて良い。直線は354m。スタート地点はスタンド前直線の4コーナー寄りで、ダートコースを1周強回る。1コーナーまでの距離は約389m。前半は速めに流れる傾向も、コーナーの角度はきつく、道中のペース

08/04 21:50

今週の会員様には強力情報馬出走レースで管理人の買い目・購入額を公開させていただきます。

現地からの生競馬情報

-12-02.htmlジャパンカップ 11/24 究極の伏兵馬5スワーヴリチャードが5番人気1着で29倍的中となり58万円獲得http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2019-11-24.htmlエリザベス女王杯 11/10 究極の伏兵クロコスミアが7番人気で2着となり、馬連33.8倍的中で43万円獲得http://blog.livedoor.jp/wins88

.livedoor.jp/wins88/archives/2018-11-11.htmlジャパンカップ 23万円の払い戻しhttp://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2018-11-26.html阪神JF 10万円の払い戻しhttp://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2018-12-10.html朝日杯FS 23万円の払い戻しhttp

08/04 13:29
当ページを共有する