菊花賞(1994/11/06) に関する記事

華やかな世代の中で。

人は遊びながら……

【華やかな世代の中で。】2000年天皇賞(春)の2着など中長距離戦線で活躍したラスカルスズカが、疝痛のため8月8日にこの世を去りました。ラスカルスズカは、1996年4月17日生まれの24歳。父、コマンダーインチーフ、母ワキア、母父、ミスワキ。サイレンススズカの半弟となります。3歳(当時の4歳)の6月、兄の主戦、武豊騎手を背にデビュー勝ちを決めました。 そしてそこから3連勝で 神戸新聞杯に挑み3着さらに菊花賞に歩を進めて3着。更にJCで5着と、早くから素質の片鱗を見せていました。古馬になってからも 天皇賞(春)2着、宝塚記念5着と健闘。しかし同期に、 あのテイエムオペラオーメイショウドトウがいたものですから、なかなか勝たせてはもらえませんでした。さらには故障に泣かされたりもして、大きな勲章には手が届かないまま引退。通算16戦4勝。重賞は未勝利ながら、2着2回、3着4回。その後、2004年より種牡馬

08/13 00:00

小倉記念過去傾向

競馬が如く

て後方からの競馬になるので軸にはしにくい。評価B。サトノルークス。菊花賞ではワールドプレミアとタイム差なしの2着。前走久々出走で今回どこまで絞れているか。評価A。サマーセント。前走マーメイドS勝ち馬。先行馬なので脚質は合う。絶好調の酒井騎乗。ただし斤量が増えるのはどうか評価B。サラス。昨年マーメイドS1着。後方からなので展開待ち。評価B。ショウナンバルディ。先行馬。ランブリングアレーと僅差の競馬。予想

08/12 23:27

【小倉記念2020予想と出走馬考察】近年稀に見る弱メンツ。この馬でもチャンスある!!

脱サラ目指して競馬予想~Season2~展開予想中心のブログ

ですね。 上位人気馬の考察 続いて上位人気馬を見て行きます。 サトノルークス 3歳時はセントライト記念、菊花賞で2着。 菊花賞で接戦の末敗れたワールドプレミアは有馬記念でも3着になっており、その物差しで考えるとこの馬も能力は高いのではと思います。 ただ、長期休養明けだった前走鳴尾記念では全く見せ場なしの8着。 休み明けだったという言い訳はできますが、古馬相手にどこまでできるのかが未知数なまま1番人気で買う

08/12 22:49

【小倉記念2020予想】馬券にいらない消去馬について理由を語ってみた!

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

となっています。 サトノルークスは1番人気が想定されている馬。 なんといっても菊花賞2着の実績が光る馬で セントライト記念でもザダルらに先着しており 持っている能力の高さは間違いがありません。 前走の鳴尾記念では負けてしまいましたが 叩き2走目の小倉記念では好走が期待される馬です。 そんなサトノルークスがなぜ 小倉記念2020で危険な馬となってしまうのか? その理由について説明していきたいと思います。 それでは、いき

菊花賞2着の実績が光る馬ですが 戦績を見ていると長い距離でのレース しかも、時計のかかる場所での好走が目立ちます。 菊花賞は言わずもがな芝3000mという長距離戦 セントライト記念も2200m戦ですが 中山芝という時計のかかる特殊条件。 すみれステークスも2200m戦ですが パワーの求められる阪神競馬場のコース 条件戦は1800m戦を買ってきていますが 明らかに長距離への適性を見せ

08/12 22:28

小倉記念の狙い目(その2)です。

たっぷたっぷのブログ

2着 サトノクロニクル M.デム② 57.0kg 先行 池江前走 天皇賞春 12着 川田⑤ 差し2走前 阪神大賞典 2着 川田④ 先行 3位3走前 有馬記念 9着 戸崎11 差し5走前 菊花賞 10着 福永⑥ 追込2017年 曇り 良該当馬なし今年の出走想定馬で該当する馬は、サトノルークス 川田 池江 56.0kg前走 鳴尾記念 8着 武豊② 追込2走前 菊花賞 2着 福永⑧ 差し 1位サト

08/12 21:57

WIN5予想 オッズ1点台の馬と騎手を判断する材料を調べてみた

AI開発日記 ~AI競馬予想でニャンコのご飯代ゲット

立てでOKですね。 菊花賞のコントレイル、秋華賞のデアリングタクトがこのオッズになってくれると有り難いですね。 気になるのはオッズ1.2です。少し悪いですね。 総じて言えることは、オッズ1.5までは勝率6割を超えているので、WIN5の1頭立てにする価値はありそうです。 オッズ1.6以上は無条件に選ばないほうが良さそうです。(急に悪くなりますね) 3.場所ごとのオッズ1点台の勝率 次に場所ごと

できる。⇒1頭立ていけますね。 ⑤オッズ1.1は勝率90%だから、菊花賞(コントレイル)と秋華賞(デアリングタクト)は簡単かも。よってここも1頭立て。 あくまでWIN5のためのデータ分析なので、3連単の軸馬予想には使えないです。 ここはご了承ください。 ではまた!

08/12 21:28
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから

小倉記念 レース展望

WAKUWAKU競馬道場

記念と菊花賞で2着に入った。芝1800m[2-1-0-0]、芝2000m[0-0-0-2]、芝2200m[1-1-0-0]で中距離がベストか。前走鳴尾記念は後方から伸び切れず1.0秒差の8着。大外枠で位置取りが悪くなり、直線でピリッとした脚を使えなかった。過去10年で川田騎手は[1-2-0-6]、池江厩舎は[1-4-1-10]。重賞初制覇なるか。 ランブリングアレーは[4-3-1-2]で重賞

08/12 19:37

ラスカルスズカよ安らかに

Life is beautiful 旅行と一口馬主記録

【ラスカルスズカよ安らかに】ラスカルスズカが今月8日に亡くなったニュースを今日見ました。原因は疝痛です。あらためて疝痛は重症化したら恐ろしい病気だと感じました。シルクの愛馬アンダープロットは無事で良かったです。 ラスカルスズカは悲運の悲劇の名馬サイレンサウスズカの弟です。兄が大好きだったこともあってラスカルスズカも大好きでいつも応援してました。馬券の面では恐らくトータルだいぶマイナスです。ファンの多い馬で実績以上にいつも人気してたような気がします。 3歳秋に頭角を現すと格上挑戦の神戸新聞杯で3着。本番の菊花賞でも3着と好走しました。次に挑んだJCでは条件馬ながら4番人気の指示を集めました。普通に考えたらなんでそこまで人気したかありえないですよね。人気に微量ながら私も貢献しました。 明けて4歳の初戦万葉ステークスを武豊を背に勝利しました。 この時泣くほど嬉しかった記憶あります。購入した単勝

08/12 18:39

[小倉記念]近年の傾向と推奨馬

競馬好きにはたまらない(であろう)内容を意識して書くブログ

が主要のサンデー系種牡馬で、母父が欧州系というバランスも近年の当レースのトレンド。 ディープインパクト産駒も、過去5年中3年で馬券対象馬を輩出するなど、相性も良。 連勝中で勢いのあるディープインパクト産駒も、重賞成績は抜群です。 サトノルークスは、2走前に3000mの菊花賞に出走。 ディープインパクト×サドラーズウェルズの構成で、母父は言わずと知れた欧州のチャンピオンサイアー。 臨戦過程、血統構成

08/12 18:00

【小倉記念】栗東レポート サトノルークス

競馬実況web - News

ですし、仕方ないと思っています。 開幕週となるので、ある程度先行できるような展開になればいいな、と思います。 この馬も菊花賞で2着してから、ようやくこの馬らしさを出せる状態になってきたと思います。 応援よろしくお願いします」 (取材:山本直)

08/12 14:48
当ページを共有する