六社特別(1994/10/15) に関する記事

菊の季節に桜が満開

黙寿録

ている。 死後から8年後の天皇賞(春)を制したのは、両前足骨折の重傷から復活したサクラローレルである。そのとき杉本清アナウンサーは「また桜だ!また桜が満開になる京都競馬場!桜が満開だ!サクラローレル!」とサクラスターオーを意識した実況を発している。 サクラスターオーが勝った皐月賞で2着に入ったゴールドシチーは種牡馬となれず乗馬として調教を開始した直後に骨折、安楽死となり、3着のマティリアルは不振に陥った後

10/20 13:30

2020秋華賞(GⅠ)予想

人生競馬中心

(旧表記)牝馬の身でありながら世界の強豪が集うGⅠジャパンカップに出走。この頃のGⅠジャパンカップの外国馬は毎年非常に豪華な顔ぶれで、1996年のGⅠジャパンカップにも凱旋門賞馬エリシオ、キングジョージを制したペンタイア、BCターフ2着のシングスピール、昨年のアーリントンミリオンの優勝馬アワッドなど、かなりハイレベルなメンバー。迎え撃つ日本勢はサクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデー

カップの激走の疲れか、サクラローレルの10着に大敗。その後、屈腱炎を発症、引退し、繁殖牝馬となる。繁殖牝馬として2008年生まれの産駒ギュスターヴクライが2012年のGⅡ阪神大賞典を優勝。しかし、その翌年の5月、ファビラスラフィンは難産の為20歳で亡くなりました。7戦4勝。主な勝ち鞍、GⅠ秋華賞、GⅡニュージーランドトロフィー4歳ステークス、GⅠジャパンカップ2着。発走は15:40です。これまで牝馬三

10/18 09:00

牝馬の重賞

「いいとこつく印象的な馬券」

やワイド、3連系馬券の軸としては、やはりデアリングタクトになるだろう。 18日は府中でオクトーバーステークス(芝 2000m)、新潟で信越ステークス(芝 1400m)も行われる。 秋の一日、いい競馬を観たい。 園田の大山名古屋の村上笠松の水野船橋の本田正大井の御神本(みかもと)サクラローレル横山典オクトーバーステークスで上位人気になろう、トリコロールブルー(黒)信越ステークスで、こちらも上位人気

10/16 23:16

スプリンターズステークスに ナリタブライアン( ;∀;)

黙寿録

にも外から差し切ったのは横山典弘騎手の3番人気サクラローレルだった。 そして、ナリタブライアンの次走は宝塚記念(G1)と誰もが考えていたなかで、「高松宮杯(G1・現高松宮記念)出走」という衝撃の発表が陣営からされたのである。 高松宮杯はそれまで芝2000mのG2として開催されていたが、1996年に中央競馬の短距離競走体系が整備された関係で、距離を芝1200mに短縮してG1に昇格、施行時期も5月に変更

10/03 02:05

白山大賞典2020の予想!!【金沢競馬2100m JpnⅢ】

ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

。 【出走全馬ワンポイント評価】1番エルデュクラージュ父クロフネ母エルダンジュ(サンデーサイレンス)栗東・池添学 セ6 芦C.ルメール 54.0K23戦7勝 [7-1-5-10]オープン連勝中で、重賞初挑戦。鞍上込みで人気しているが、砂の深い最内枠はマイナスだろう。2番ロンギングルック父グランプリボス母ブリトン(サクラローレル)金沢・金田一昌 牝4 栗中島龍 52.0K29戦8勝 [8-8-5-8

09/29 00:00

コントレイルの相手探し?神戸新聞杯2020day!競馬オヤジは?

ほのぼの福招き

てもいるがどうか。小さい馬だが、凄味があったと記憶している。また同馬とキャラ的に被る馬は圧倒的に少なかったと思う。 テイエムオペラオーは、レッドゴッドの系統(父か母の直系)の上級馬によくいる心肺機能が異様に強いタイプ。他で言えばサクラローレルやマチカネフクキタルがそう。長距離のGⅠで持続するスピードにものを言わせ他馬を捻じ伏せ圧勝する。テイエムオペラオーはサラブレッドの中でも相当賢いタイプで競馬を知っ

09/27 12:55
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

2020オールカマー(GⅡ)予想

人生競馬中心

でもタヤスツヨシの4着に終わった。秋になり、初戦のGⅡセントライト記念は上がり最速タイの脚で詰め寄るが4着、GⅠ菊花賞は7番人気でマヤノトップガンの3着と、三冠全てに出走・善戦はするもタイトル奪取はならなかった。その後も勝ち切れない競馬が続いたが、1996年3月のGⅡ日経賞では中団追走から上がり最速の脚でカネツクロスを差し切って優勝、初の重賞タイトルを掴む。続くGⅠ天皇賞・春はサクラローレル、ナリタブライアン

09/27 08:45

【予想】2020年オールカマー

ロジカル夫と直感妻の競馬予想

【【予想】2020年オールカマー】ロジカル VS 直感というテーマで、競馬の予想します。基本的には1日1レースで、1レース100円の1点買いのみ。実際に購入します。1年間の回収率で勝負! さぁ昨日は休ませていただき、今日は2レース分予想!張り切っていってみよー 2020年9日27日 中山11Rオールカマー 芝2200mなんか昔から好きなレース。ホッカイルソーとかダイワテキサスとかさ、サクラローレルとか走ってたよね。最近は有力馬が揃わなくて寂しいレースになっちゃったけどねぇ。 しかし、なんというメンバーでしょう。何がすごいって9頭立てもすごいけど、その中の7頭は休み明けという。。。フィエールマン出てこないから寂しいね。ロジカル夫の予想 ◎8 カレンブーケドール 津村○7 ステイフーリッシュ 田辺▲3 ミッキースワロー 横山典△2 サンアップルトン 柴田善 馬連7-8 100円 少頭数

09/26 22:49

週中競馬記事(2020年9月24日)~今週の2歳戦~

ブログ

【週中競馬記事(2020年9月24日)~今週の2歳戦~】●2回中京6日ダート1200m 未勝利 ●4回中山6日芝1200m 未勝利(牝) ●2回中京6日芝1600m 未勝利(牝) ●4回中山6日芝1800m 未勝利 2019年該当レース(2019年4回中山7日芝1800m 未勝利)2着リスペクト2勝クラス開成山特別1着 ●2回中京6日芝2000m 未勝利 ●4回中山6日ダート1800m 新馬 ・セイウンブイワン(牡 稲垣)クリエイターⅡ×ニシノワン(ウォーレンブレム)母ニシノワンは未勝利。本馬は4番子。おじに13年G2日経新春杯のカポーティスター。3代母ローラローラの産駒に96年天皇賞(春)、有馬記念でG1レース2勝のサクラローレル。近親に04年ジャパンカップダート、05・06年JBCクラシックなどで中央・地方G1レース4勝タイムパラドックス、12年G2セントウルSなど重賞2勝

09/25 23:28

産経賞オールカマーGII(日曜中山)

人生此常⊿坂路を後方一気

制覇を目論むダイワオーシュウがダイワテキサスを振り切って先頭に立つもホッカイルソーがそれに並びデットヒートに。ゴール前ホッカイルソーが僅かに先頭に立ったがダイワオーシュウも食い下がり並んでのゴールは2:12.0(良)と当時のレコードタイムでの決着。制したのはホッカイルソーだった。1996年の日経賞GII 優勝から天皇賞春GI はサクラローレルの③着。ドイツ血統という重厚さから中長距離戦線での活躍

09/23 19:19
当ページを共有する