さくらんぼステークス(1994/07/10) に関する記事

天皇賞(秋) タマモクロス VS オグリキャップ

黙寿録

がうまく流れた岡部は“祐ちゃん専用コース”と言われた三~四角をインで回り、コーナリングの間に楽をする乗り方でオグリキャップを勝利に導いた。しかし、5~6馬身の距離損がありながら、終わってみれば着差はたった1/2。◎タマモクロスの血 1989年1月15日、天皇賞・秋のゼッケン8をつけて引退式を終え、白い猟犬タマモクロスは種牡馬となった。15年間の種牡馬生活で残した産駒は、カネツクロス(エプソムカップ、鳴尾

10/28 14:08

【永久保存版】1口馬主クラブ総比較!!〜全22クラブの特徴・勝ち上がり率〜2020年ver

ハムスターブログ?~ハムハムしながら競馬と株を嗜む~

】11,000円 【月会費】3,300円 【募集数】200~500口 【1口単価】3.5万~9万 【所属数(現2歳)】10頭 【勝ち上がり率】 (2015年産現5歳) 23.1%  (2016年産現4歳) 15.4% (2017年産現3歳) 13.3%  【引退代表馬】 ローレルゲレイロ、カネツフルーヴ、カネツクロス 【現役代表馬】 (2015年産現5歳)アビーム (2016年産現4歳)ベルキューズ

10/25 23:22

菊花賞 その2

zampanoのブログ

人気-⑥ 2勝+神新③96 マルカシーズ 13人気-⑭(2着同枠) 2勝+神新③→9特 1人気-⑥ サクラケイザンオー 7人気-④ 2勝+セント②95 サンデーウェル 8人気-⑰ 2勝+セント①94 ウィンドフィールズ(ダービー施行週) 5人気-④(2着同枠) 2勝+セント①93 ロイスアンドロイス 4人気-⑦(1着同枠) 1勝+セント② 赤字の4頭以外は連体枠入り。セントライトマル優馬は、もう

10/24 14:29

2020秋華賞(GⅠ)予想

人生競馬中心

、当時3強と言われた現役トップ3を欠くも、4歳(旧表記)で天皇賞・秋を制したバブルガムフェローを大将格に、エリザベス女王杯を制したダンスパートナー、NHKマイルカップ覇者タイキフォーチュンが出走。そんな豪華メンバーの中、流石に前走GⅠ秋華賞を優勝しているとはいえ、4歳(旧表記)牝馬ファビラスラフィンは7番人気の低評価もやむを得なかった。しかし、ファビラスラフィンはカネツクロスが引っ張る1000m59秒4というやや速いペースの中、凱旋門賞馬エリシオの後ろ、好位のインコースからレースを進める。直線に入ると逃げるカネツクロスをファビラスラフィンが交わし、エリシオも追い出しに掛かる。外からイギリスのストラデジックチョイス、天皇賞馬バブルガムフェローは全く伸びて来る気配は無く完全に圏外。ファビラスラフィン、エリシオの間を割ってシングスピールが上位争いに加わり、粘るファビラスに並び掛け、2頭の叩き合い

10/18 09:00

会報を見て、20年前のシルクをふと回顧する

愛馬日記(第2章)~No horse no life~

していない時代 馬選びは、カタログだけですし、ネットの情報もほぼなしせいぜい、数少ない方が立ち上げられていたHP(当時はブログという言葉もなかったですね)ぐらいでした。 カタログの冒頭に、クラブの活躍馬が大体載ってると思いますが、しばらくの間は福島記念を勝ったシルクグレイッシュが、デカデカと載ってましたね ちなみに広尾も、クレッシェンドラヴが福島記念を去年制覇して、その後盛り上がってますが、福島

09/29 18:37

2020オールカマー(GⅡ)予想

人生競馬中心

でもタヤスツヨシの4着に終わった。秋になり、初戦のGⅡセントライト記念は上がり最速タイの脚で詰め寄るが4着、GⅠ菊花賞は7番人気でマヤノトップガンの3着と、三冠全てに出走・善戦はするもタイトル奪取はならなかった。その後も勝ち切れない競馬が続いたが、1996年3月のGⅡ日経賞では中団追走から上がり最速の脚でカネツクロスを差し切って優勝、初の重賞タイトルを掴む。続くGⅠ天皇賞・春はサクラローレル、ナリタブライアン

09/27 08:45
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

血統入門【第18回】野性的聡明さを持つヴァイスリージェント

競馬の梁山泊

であるイリベルという牝馬に託されます。   夢を受け継ぐべく購入されてきたイリベルに、 テイラーはバンティローレスの息子であるウィンドフィールズという牡馬を交配します。   そして2頭の間に産まれてきた娘が「ヴィクトリアナ」という牝馬でした。 ヴィクトリアレジナの母、 つまり後のヴァイスリーガル、リージェント兄弟の祖母に当たる馬です。   さて、ヴァイスリージェント自身に話を戻します。 彼は、競走馬

09/26 23:59

中央競馬2歳リーディングサイアー(9月21日現在)

ブログ

アドマイヤムーン)。おじに96年G2アメリカジョッキークラブカップなど重賞3勝カネツクロス。新潟芝1800m新馬戦14着から8番人気で出走したレースは、それほどゲートも良くなく9番手から道中もあまり行けない感じだったが直線に向くと一気に伸びて最後は連れて伸びた2着馬をクビだけ凌いでの差し切り。初戦は勝ち馬が逃げ切る芝1800mの新潟外回りで、そこから一気に距離短縮されジョーカプチーノの分これが良かったのかも知れ

09/22 13:29

トキメキ 馬主【ミルファーム】

競馬 GI予想勝負!

({});【トキメキ 血統】 (牝3)父 アドマイヤムーン母 リーベストラウム母父 ゼンノエルシド調教師 :斎藤誠(美浦)生産者 :ミルファーム通算成績:9戦2勝全兄ストーミーシーは、2016年のニュージーランドトロフィー 2着馬。近親に、重賞を3勝挙げたカネツクロスがいる血統。「トキメキ」の馬名意味は、「ときめき」です。 トキメキ次走はどのレースですかね。次走も楽しみですね! rakuten_design

09/20 17:01

オリアメンディ 馬主【ミルファーム】

競馬 GI予想勝負!

|| []).push({});【オリアメンディ 血統】 (牝2)父 ジョーカプチーノ母 リーベストラウム母父 ゼンノエルシド調教師 :斎藤誠(美浦)生産者 :ミルファーム通算成績:2戦1勝半姉ストーミーシー(父アドマイヤムーン)は、2016年のニュージーランドトロフィー 2着馬。近親に、重賞を3勝挙げたカネツクロスがいる血統。「オリアメンディ」の馬名意味は、「行進曲名」です。 オリアメンディ次走はどのレース

09/19 14:21
当ページを共有する