すみれステークス(1994/03/13) に関する記事

中央競馬2歳リーディングサイアー(10月25日現在)

ブログ

ローズキングダム・2着ヴィクトワールピサのようなものだろうか。 2019年該当レース1着レクセランスOP(L)すみれS1着 ・ゼンノアンジュ(牝 浅見)ヘニーヒューズ×ウインアンジェラス(バートリーニ)4回京都6日ダート1400m 1勝クラスなでしこ賞 タイム:1分23秒3(稍重)1着ゼンノアンジュ5番人気で出走したレースは特に速いゲートという訳ではなかったがダッシュが良くハナにそのまま流れて4コーナーでは並び

10/26 01:24

菊花賞(複勝的中^^)・富士ステークス2020他の回顧|2週連続無敗の3冠馬誕生!

わがまま♪新馬券生活!!

/8 アルデバランS 単勝1.8倍、馬連2.5倍的中 2/9 関門橋S 複勝4.2倍、ワイド25.3倍的中 2/15 洛陽S 不的中 2/16 北九州短距離S 馬連10倍的中 2/22 帆柱山特別 単勝5.6倍的中 2/23 大和S 不的中 2/29 仁川S 複勝1.6倍的中 3/1 すみれ 3連複5.2倍的中 3/7 中京スポーツ杯 不的中 3/8 大阪城S 不的中 3/14 ポラリスS 不的中

10/26 00:12

2020/10/24開催後のLTP指数

REDLINE.LAB

232東12816トーセンヴィータ251京 111グルーヴィカグヤ191京 122レゼール200京 133テイエムテンホー192京 144ナサ209京 155タイセイエクセル219京 156レスペディーザ194京 167ガールズヒロイン206京 168クリノキララ194京 179ブリリアントウェイ197京 1710シェーヴルフォイユ194京 1811クラーヴォ220京 1812ダイナストーン193京

10/25 22:08

10月第4週の結果報告

ゼロ太郎の競馬予想【競馬新聞ゼロ】

) 3連単9 ⇒ 3、6 ⇔ 3、6、2、8、11、7、4、14(26点) [コメント] ◎軸アリストテレスの戦績は8戦3勝、2着4回、着外1回(プリンシパルS6着のみ)。 春は若駒S(L)とすみれ(L)がともにクビ差の2着に終わり、クラシック出走を惜しくも逃しましたが、 今回は6分の4の確率の抽選を見事突破し、念願のクラシック出走に漕ぎつけました。 前走の小牧特別(中京芝2200M 2勝クラス

10/25 21:48

2020年菊花賞 回顧。祝!無敗3冠馬誕生。弱点も見えたね。

みやや競馬

ませんね。なので取りこぼすとしたら中山や阪神の道悪かな~っと。 2着はアリストテレス、古馬混合の条件戦を勝ち上がってきましたが、相手関係や勝ち方からは地味な印象が拭えず、リンカーンの近親という部分が覚醒したかなという感じですね。もちろん展開が向いたこともありますし、コントレイルに展開が向かなかったこともあるでしょう。スローからの3F戦は小牧特別、出雲崎特別で1着ですが、4F戦になるとすみれSでレクセランスに差されて2

10/25 21:05

アリストテレス(Aristoteles)の競走成績

海外競馬データベース

芝2200 2 1 M.デムーロ (フライライクバード) 2020/08/02 新潟 出雲崎特別 1勝クラス 芝2000 1 1 M.デムーロ (アステロイドベルト) 2020/05/09 東京 プリンシパルS L 芝2000 4 6 福永祐一 ビターエンダー 2020/03/01 阪神 すみれS L 芝2200 2 2 松山弘平 レクセランス

10/25 16:03
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから

(菊花賞検討)今週も無敗の三冠馬誕生を期待する

NEWTAM01のブログ

、ディープボンド、ヴァルコス、アリストテレス、そして、ダノングロワール、ロバートソンキー、バビット、サトノフラッグの7頭とします。 このうち、アリストテレスに関しては、若駒Sで2着、すみれで2着と、リステッド競争で連対をしているため、単なる上がり馬ではない点を評価します。 まあ、鞍上がルメール騎手ですから、穴人気になっていて妙味はありませんが、前走の勝ち時計は、同じ舞台の神戸新聞杯よりも速かったはず

10/25 15:15

(菊花賞検討)今週も無敗の三冠馬の誕生を期待する

日々是反省(タラレバで競馬を考える)

、ディープボンド、ヴァルコス、アリストテレス、そして、ダノングロワール、ロバートソンキー、バビット、サトノフラッグの7頭とします。 このうち、アリストテレスに関しては、若駒Sで2着、すみれで2着と、リステッド競争で連対をしているため、単なる上がり馬ではない点を評価します。 まあ、鞍上がルメール騎手ですから、穴人気になっていて妙味はありませんが、前走の勝ち時計は、同じ舞台の神戸新聞杯よりも速かったはず

10/25 15:10

10/25 菊花賞

なんでも競馬レビュー

【10/25 菊花賞】◎ 3コントレイル ◎ 3コントレイルの強さはいうまでもなく、サリオス不在、強力な上がり馬不在であれば不動の本命。 相手探しとなるが、京都芝ではディープインパクト系が猛威を奮っており、特に母系からまだ距離が伸びても妙味がありそうな10サトノフラッグ。2200mのすみれS勝ち馬12レクセランス。2200mの京都新聞杯勝ち馬の8ディープボンドを上位に取りたい。 あとは堅実に走り前走もだいぶ距離ロスのあった6ヴェルトライゼンデ。ノヴェリスト×ダンスインザダークで距離伸びてプラスになる14ヴァルコス。 The post 10/25 菊花賞 first appeared on なんでも競馬レビュー.

10/25 14:35

【菊花賞・総括】

馬一族★虎口を脱する

せましたが、肝心なカーヤジの血が本馬には1滴も入っていないので、長距離がドンピシャなDI産駒とはなりません。ですが、すみれまで3連勝という戦歴と、血統が醸し出す雰囲気は昨年の菊花賞2着馬であるサトノルークスを彷彿させます。すみれではアリストテレスに先着していますので、人気以上の走りをしてもなんら不思議ではありません。最後に4番手評価。サトノフラッグですかね。血統背景から、今回出走するDI産駒のなかで、一番

10/25 14:29
当ページを共有する